老けたかも!と思った時に注意したい事 4選

 
老けたかも!と思った時に注意したい事 4選

デパートなどの鏡で、不意に映っている自分の姿を客観的に見たときに、どこか老けているような印象を受けて、驚いた事ってありませんか?
基本的にはどこも変わりないはずなのに、なぜか急激に老けた気がする。
その原因はこんな事かもしれません。


お肌の質感が違う

なんだかお肌が全体的にくすんだように見えるその原因は、お肌の乾燥により、毛穴が開いてたるんでいるせいかもしれません。
年齢を重ねると、新陳代謝も弱まり、お肌の水分量やコラーゲンが失われていきます。
普段から保湿する事を心がけましょう。
保湿により、お肌のキメが整う事で、お肌の色がワントーン明るくなります。
ツヤ肌を目指してお手入れしましょう。

首のシワ

どんなに頑張っても、首や手の甲で年齢がバレてしまうと言います。
男性は、わりとこのような部分を見て判断しているそうです。
高すぎる枕を使っていると、首にシワが出来ることもありますよ。
顔のお肌をケアする時は、一緒に首と手の甲にも化粧水やクリームを塗って、忘れずにお手入れしてくださいね。

表情が乏しい

デスクワークなどで、あまり人と接して表情を使わない生活が続くと、表情筋が衰え、頬が垂れ下がり、顎の下にブルドックのような贅肉がついてしまいます。
これが一番老けた印象を与える原因になるので、表情筋を鍛えるストレッチなどを日常に取り入れ、頬のたるみを解消しましょう。

姿勢が悪い

ついつい楽な体制でいると、猫背になってしまいがちですが、悪い姿勢は、首などにも負担がかかり、シワを作ってしまう原因になります。
美しく真っ直ぐ背筋を伸ばすだけで、若々しい印象になりますよ。

他にも重要なのは「笑顔」です。
どんなに丁寧にメイクをしても、無表情だと一気に老けた印象を与えてしまいます。明るい表情は、どんなメイクや化粧品よりも、効果的です。
気持ちの面でも、笑顔でいることが、実は一番のアンチエイジングになります。
自分は老けてしまったとあきらめないで、前向きに、心の中から若々しくいることが、若くいられる秘訣です。