ノンシリコンシャンプーのメリット、デメリット、洗い方の基本

 
ノンシリコンシャンプーのメリット、デメリット、洗い方の基本

枝毛、切れ毛、髪がパサつく、髪の悩みがありませんか。ツヤツヤして天使の輪ができている髪は女性の憧れです。彼女達はどんなシャンプーを使っているのでしょうか。


ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーが流行っています。シリコン入りのシャンプーはよくない、ということでノンシリコンシャンプーの販売数が増えてきています。
シリコンはジメチコン、シクロメチコン、ヘキシルジメチコンなど○○メチコンやオクタメチルトリシロキサンなど○○シロキサンと表示されています。
シリコンは、洗うときの摩擦を防ぐ、ツヤをよくする、くし通りをなめらかにする、感触をよくする目的で使われています。シャンプーにはラウレル硫酸ナトリウムという洗浄剤が配合されています。ラウレル硫酸ナトリウムは界面活性剤の力が強く髪や肌への刺激があるので、髪や地肌を守るためにシリコンが配合されています。

なぜシリコンがよくないのか

シリコンは髪の表面をラップのように覆います。シャンプーは髪の汚れを取るものなので、髪がラップで覆われてしまっては汚れがあまり落ちません。
また、シャンプーに配合されている有効成分の髪への浸透が悪くもなります。枝毛や切れ毛を防ぐ成分、髪を心から元気にする成分などがしっかり髪に送ることができないのです。
シリコンは石鹸で落ちにくいという性質があります。シリコン入りシャンプーを使い続けると、髪のシリコンを落としにくくなるのです。
このため、ノンシリコンシャンプーの方が髪によいと言われています。

洗い方

シリコンは髪の摩擦を防ぐ働きがあります。ノンシリコンにはこの働きがないので、洗うときは摩擦で髪を傷めないように丁寧に洗いましょう。最近は、シリコン以外の成分で摩擦を防ぐものを配合した製品も販売されているので、そういたものを選ぶのもいいでしょう。
すすぎは流し残しがないようにします。髪の生え際もしっかりすすぎます。

注意点

シャンプーはノンシリコンでも、リンスにシリコンが配合されているものが少なくありません。リンスも成分表示を確認し、シリコンが使われていないことを確かめましょう。

ノンシリコンシャンプーでツヤツヤの髪を手に入れましょう。