なかなか彼氏ができない!そんなあなたのための3つのポイント

 
なかなか彼氏ができない!そんなあなたのための3つのポイント

「なかなか彼氏ができない!」女性からよく聞く悩みのひとつが、ずばりこれです。自分は努力しているつもりなのに、どうして彼氏ができないのか?
そんなあなたのために、彼氏ができる3つのポイントをお教えします。


現実を知る

おいおい、なんだか残酷な言葉がでてきたぞ?と思ったかもしれません。
あなたに知っておいてほしい現実、それは、「現代の女性が男性に抱く理想は、現代の男性にマッチしていないことが非常に多い」ということです。
そもそも最近の男性は「彼女ができなくても/結婚できなくてもいいや、独身でも自由気ままに楽しもう」という考え方の人が非常に多い傾向にあります。
こういうと御幣があるかもしれませんが、一昔前のように、「一家の大黒柱になるため、子孫を残すため、良い妻を迎えて幸せな家庭を築かなくては」と思い、自分磨きをしたり、女性にアピールしている男性というのはなかなかいないのです。

理想を下げる

えーっ!と思った方がほとんどだと思います。なんとも荒療治的ですが、これが本当に大切なことなんです。
理想を下げる、しかも、ちょっと下げるだけではありません。どーんっと下げるのです。
今持っている理想を、一度全部捨ててしまいましょう。そして、今捨てた全部の理想から、ひとつだけ拾い上げます。
必ずひとつだけです。欲張って、これも……あとこれも捨て難いなぁ……とやっていると、彼氏ができないままかもしれませんよ。
そして、その理想の呼び方を変えます。『○○な人じゃなければ嫌!』『○○な人じゃないとダメ!』から、『○○な人ならいい』という風にです。

たとえば、「優しい人ならいい」。ほかにも「煙草を吸わない人ならいい」「ご飯に文句を言わない人ならいい」「一緒にどこかへでかけてくれる人ならいい」など、自分が絶対に譲れない部分だけを理想として掲げてみます。
大切なのは、頭のなかの自分の理想像だけで考えるのではなく、実際に誰かと付き合っているという情景を思い浮かべながら理想を挙げることです。
これには、自分が恋愛対象として見ることができる相手の、絶対数を増やすという意味があります。しかしそれだけではなく、彼氏にはならないかもしれないけれど良い友達にはなれそうな人が増えたり、また彼氏ができたときに気に入らない点が増えすぎて嫌になってしまう可能性を低くできるなど、良い点がいろいろある方法なんです。

相手を思い遣る

いろいろな異性と出会って話してみるなかで、いちばん大切なのが相手を思い遣ること。
女性はついつい自分可愛さに、男性の都合を考えずに甘えてしまったり、構ってくれなくて怒ったりしてしまう生き物です。しかし、男性はそんな女性を可愛いと思いながらも、あまりにそういったことが度重なると嫌になってしまうものなんですね。サバサバした女性がもてるというのは、そういうことなんです。

多くの女性のなかから、男性に「この子と付き合いたいな」と思ってもらうために、これを逆手に取ることをおすすめします。
甘えるときは甘えるけれど、彼の都合があるとわかったときには、さっぱり諦めて「じゃあまた今度、約束ね」と言える女性。そんな女性なら、彼女にしたい上に結婚しても困らないな、と思ってもらえるかもしれませんよね。
まさに”アメとムチ”。昔の人は本当にいろいろなことがわかっていたんですね。

この3つのポイントをおさえると、今までと世界の見え方が変わってきます。
ぜひコツを掴んで、素敵な彼氏を作ってください。
あなたに素晴らしい恋が訪れますように。