料理初心者でも安心!見た目も味も二重丸な彼ごはん

 
料理初心者でも安心!見た目も味も二重丸な彼ごはん

彼がうちにご飯を食べにくる。嬉しいはずなのに、料理が苦手な私はとっても憂鬱…という方のために、料理超初心者向けの彼ごはんの裏技を伝授します。


作り置きメニューで株を上げる

メニューの中に、前の日から作っておけるものがひとつでもあれば安心です。なかでもオススメなのが、乾物を使った料理。切り干し大根やひじきの煮物は袋に書いてある通りに作れば大体はおいしくできますし、作り置きをして一旦冷ますことで味がなじみます。それに加えて、包丁もほとんどいらない簡単メニュー。見た目は地味だけど「こんなの作れるんだ」とほめられることうけあいです。

肉じゃがはカット野菜で見た目をクリア

彼ごはんの定番中の定番、肉じゃが。でも意外に下ごしらえが大変です。皮をむいたり、大きさをそろえて切ったりと、料理初心者にはちょっと高めのハードルが待ち構えています。でも大丈夫、スーパーには下ごしらえ済みのカット野菜が売られています。いくつか種類があると思いますが、人参、じゃが芋、玉ねぎが一緒に入った「カレー用野菜」を買ってきましょう。
そう、カレーと肉じゃがの材料はほぼ同じ。後は、レシピ本どおりに作ればOK。めんつゆやすき焼きのたれを使うと、味が決まりやすいですよ。

メイン料理は「だけレシピ」で

一番気を使うメイン料理。あれこれと手の込んだメニューは避けて、肉や魚を焼く「だけ」にとどめておきましょう。そこに市販のソースやたれをかければ、見栄えも味もバッチリです。肉料理なら、鶏もも肉を焼いて市販のバジルソースをかける、豚肉の薄切りを焼いて、しょうが焼きの素を絡める。

魚料理なら、お刺身を買ってきてカルパッチョソースをかける、鯵の干物を焼いて大根おろしを添える、なんかも良いですね。材料を沢山使った野菜炒め物よりずっと手が込んでる様に見えます。

いかがでしたか。見た目が華やかで、味もおいしい、料理べたに見えない献立って実は沢山あるんです。ぜひ一度お試しあれ!