四季折々の旬な食べ物が美肌の味方!季節ごとにこれを食べて美肌!

 
四季折々の旬な食べ物が美肌の味方!季節ごとにこれを食べて美肌!

日本は四季がはっきりしており時期によってお肌にも大きな影響を与えます。
四季折々の旬な食べ物があり、その時期や気温に応じて育った食材は、その時期のお肌や身体を守ってくれるのです。
季節を元気に乗り越えられるパワーの源なのです。そのような食材を積極的に摂取しお肌を健康かつ美しくしましょう。


春、夏の食材

日差しもだんだん強くなり紫外線が気になってくる春と夏は一日の始まりの朝食でビタミンE、β-カロチンを取ると良いでしょう。トマトやにんじん、きゅうりやピーマンといった食べ物を朝しっかり取ることで紫外線対策になるのです。β-カロチンは、熱に強く少し過熱した方がより効果を発揮する為火を加えて食べましょう。

ビタミンCなどの果物はおやつなどに持ってくると良いでしょう。水分も一緒に摂取でき乾燥したお肌に中から潤いを与えます。また選ぶ際に、栄養の良い食材を見極める方法は、色と匂いの濃いものを選ぶと良いでしょう。このような食材をたくさん取り紫外線からお肌を守りましょう。

秋の食材

気温もだんだん下がり、空気が乾燥する時期になるとお肌も乾燥し、様々なお肌のトラブルが出てきます。
食欲の秋といわれるほど秋にはおいしい食べ物が多いです。
特に魚類にはお肌に良いたんぱく質やカルシウムをたくさんふくんでおり、新しい細胞を作る手助けをしてくれます。

特にさんまに脂がのっていてコレステロール値を減らすDHAや血液の流れをよくするEPAも多く含まれているためお肌の血行が良くなり、乾燥をおさえる効果もあります。またサツマイモなども食物繊維が豊富でお肌の代謝を助けてくれます。積極的に取りましょう。

冬の食材

また冬に良い食べ物は、コタツの上にはみかんが合うといったように、みかんはお肌にとても良くビタミンCを多く含んでいる為、お肌に潤いを与え、活性化させてくれます。
またみかんの皮はリモネン成分が含まれており保湿効果がある為、湯船に入れたりして乾燥対策をしましょう。