喧嘩別れしたあとに復縁したい人のプロセス

 
喧嘩別れしたあとに復縁したい人のプロセス

本当は好きだったのに、些細なことから喧嘩別れしてしまった。復縁したいけれど、どう切り出せば良いのかわからないことってありますよね。喧嘩は多くのカップルにとって日常茶飯事の出来事です。

だからこそ、よりよい復縁方法を見つけていく必要があります。そこで、喧嘩別れしてしまってから復縁するまでのさまざまなプロセスについてご紹介していきましょう。


喧嘩別れの原因は何だったのかを考える

喧嘩別れの原因は何だったのか

喧嘩別れしてしまった原因がどういったものか、きちんと理解しなくてはスムーズに復縁するのは難しくなってしまいます。

喧嘩の理由をきちんと探り、整理して理解することが、復縁への早道だと言えるでしょう。まずは喧嘩別れの原因がなんであったのかを具体的に探ることから始めていきましょう。

喧嘩するまでの経緯は?

喧嘩するまでの経緯は?

喧嘩別れしてしまったカップルの多くが、何かしらの不満を抱えていることがほとんどです。

喧嘩別れはきっかけであって、それまで積もり積もっていた感情があるからこそ、喧嘩であとに引けなくなり別れを宣言してしまうのです。自分にはどんな不満があったのか、もう一度考え直してみましょう。

なぜ別れた?不満を箇条書きにしてみる

なぜ別れた?不満を箇条書きにしてみる

喧嘩するまでに感じた不満は、箇条書きにして書き出していくことをオススメします。とにかく頭に思い浮かんだことを紙に書き出していくことで、自然と自分の思考か見えてくるからです。

週に1度しか会えなくて寂しい思いをしていた、話を聞いてくれる時、スマホをいじってばかりで興味がないのか不安に思ったなど、あなたが相手に対してどのような気持ちであったのかを整理していくことが大切です。

大きな喧嘩そのものが原因の場合は

大きな喧嘩そのものが原因の場合は

普段不満を感じていなかったけれど、どうしても許せないことがあったから、喧嘩別れしてしまったケースもあるでしょう。その場合、喧嘩の原因をあなたがどう受け止められるかが復縁の鍵となってきます。

喧嘩別れしたものの、その理由を受け入れることができなければ、復縁したとしてもうまくいかないことが多いからです。大きな喧嘩をした原因がきちんと受け入れられないときは、復縁まで一気に進めていくのは危険な行為であると言えるでしょう。

喧嘩別れ後の復縁のタイミングは

喧嘩別れ後の復縁のタイミングは

喧嘩別れしたあと、復縁したいのならタイミングを重要視するべきです。一方的に別れを切り出してしまったのなら、すぐに復縁を申し出たくなるものですが、喧嘩の理由やそれまでの不満を理解して受け入れることができなければ、また同じことを繰り返してしまいます。

喧嘩別れをして何も対処せずにそのまま復縁してしまうと、何かあるごとに喧嘩別れを切り出す癖がついてしまいます。

相手と真剣に付き合っていきたいと考えるなら、勢いのまま復縁を迫るのではなく、まずは自分の心の整理から始めていきましょう。

まず復縁の前に謝ろう

まず復縁の前に謝ろう

喧嘩別れをしてしまった場合、復縁を望むのなら、まずは喧嘩について謝ることから始めていきましょう。

謝るという行為に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんし、あなた自身に非がないケースもあるでしょう。ただ、喧嘩別れをした場合、男性の方から謝るということは少ないことがほとんどです。

だからこそ、あなたが先に謝ることで、相手も謝りやすくなるのではないでしょうか。

喧嘩について素直に思ったことを伝える

喧嘩について素直に思ったことを伝える

喧嘩別れは後味の悪いものです。復縁を望むのなら、喧嘩別れをしたあとの気持ちを素直に伝えるのが良いでしょう。

喧嘩別れの直後は、感情的で相手の顔も見たくないほど怒りがこみ上げているものですが、2~3日経つと側にいない寂しさを感じることがほとんどです。いつも一緒にいたからこそ、寂しさを感じたと伝えれば、相手も素直に自分の気持ちを打ち明けてくれるでしょう。

相手の気持ちを聞きたいと思うのなら、まずは自分から正直に話せば相手も答えてくれるはずです。

面と向かって話せないときはメールから

面と向かって話せないときはメールから

喧嘩別れをしたあと、復縁を望んでいるけれど面と向かっていきなり話すのにはまだ抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、メールから連絡を取ってみることをお勧めします。まずは、短いメールで構いませんので、喧嘩について感情的になったことを謝りましょう。

その内容についてリアクションが取れない状況にあるのなら、まだ相手もヒートアップしたままの状態であると考えられます。もう少し冷却期間をおいてから、再度アプローチをしてみると良いでしょう。

メールの返信があり、相手が謝る内容のメールを送ってきたら、直接会って話したいと切り出しやすくなります。

喧嘩は仲良しの素?

喧嘩は仲良しの素?

よく、喧嘩するほど仲が良いと言いますが、喧嘩別れして復縁を望んでいるのならこのパターンに当てはまると言えるでしょう。喧嘩するということは、相手を理解したい、相手に理解して欲しいという気持ちが強いという表れでもあります。

また相手の方も同じ気持ちであるからこそ、衝突して喧嘩をしてしまうのです。お互いの気持ちが強いからこそ、喧嘩は勃発してしまうもの。喧嘩別れするほどヒートアップしてしまうのも、深い愛情が根底にある証拠でもあるのです。

復縁するとより仲良しになれます

復縁するとより仲良しになれます

喧嘩別れしたあと、復縁に成功したカップルの多くが、以前より更に強い絆で結ばれます。それは、喧嘩によって自分の気持ちを素直に伝えることができるからです。喧嘩というものはどちらがかけても成立しないものです。

相手も気持ちをぶつけてきてくれるからこそ、喧嘩に発展していきます。これを乗り越えて復縁したカップルは、お互いの気持ちを素直に言い合えることから、更に絆が深まるのです。

復縁後に結婚もアリかも

復縁後に結婚もアリかも

喧嘩別れしたあと、復縁したカップルの多くが結婚へのステップへと進んでいきます。大きな衝突を二人で乗り越えられたという絆が、生涯のパートナーとしての意識に結びつくからです。

この人となら自分に正直になれる、この人は自分にありのままの姿を見せてくれると、復縁後にますます相手の魅力を再認識することができます。

復縁に自信がないときは周囲のサポートをお願いしよう

復縁に自信がないときは周囲のサポートをお願いしよう

喧嘩別れしたあと、復縁したいと思っていても1人では自信がないという方もいらっしゃるでしょう。また喧嘩になってしまうのではないか、復縁を断られたらどうしようと不安になってしまうものです。

そんなときは、周囲のサポートを受けることも大切です。自分が喧嘩別れを後悔していること、復縁を望んでいるということをさりげなく伝えてもらうことで、相手の反応をうかがい知ることができます。

相手も共通の友人や同僚が間にいることで、冷静に受け答えすることができるでしょう。ただしこの場合、本当に信頼できる人に仲介を依頼することが大切です。わざと違うように言葉を伝えたりして、復縁させないようにするケースもありますので、人選はよく考えて行うようにしましょう。

最後に

喧嘩別れしたあとに復縁するプロセスについてご紹介しました。些細な喧嘩でもヒートアップしてしまうとついつい気持ちをコントロールできなくなってしまうものです。喧嘩の原因を探り、きちんと受け入れることで復縁はスムーズに進めることができるでしょう。

喧嘩別れを乗り越えることができたなら、きっと絆の強いカップルになりますよ。場合によっては喧嘩別れからの復縁がきっかけとなり、結婚までトントン拍子に進んでいくケースもたくさんあります。喧嘩別れしてしまった今は、ふたりにとって成長途中だと認識し、復縁へのステップをがんばりましょう!