好きな人が既婚者だった時の対処方法・解決策

 
好きな人が既婚者だった時の対処方法・解決策

ステキだな、好きだなと思う気持ちは誰にも平等に訪れるものです。しかし、好きな人が既婚者だったら、その気持ちは整理したり、決断したりしなければならなくなります。

好きになった人が、たまたま既婚者というだけでつらい思いを味わうことも増えてくるでしょう。そこで、好きな人が既婚者の場合、どのように対処し、解決していけばよいのか、幅広い視点からご紹介していきましょう。


既婚者という現実の自覚する

既婚者という現実

好きになるきっかけは人それぞれ違いがあります。ふとした瞬間に自分の気持ちに気づいたり、一目あった瞬間から恋に落ちたりしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

既婚者であることに気づく時間が遅ければ遅いほど、その気持ちは深くごまかしにくくなっていきます。しかし、好きな人が既婚者であるという現実に変わりはありません。まずは、好きな人が家庭を持っているという自覚を持つことから始めましょう。

関係性への配慮 早めに気持ちに区切りをつける

関係性への配慮 早めに気持ちに区切りをつける

好きな人が既婚者である場合、自分の気持ちを相手に知られることで、関係性が変わっていくというリスクがあることを理解しておきましょう。

相手はあなたの気持ちに気づいた時点で距離を取るかもしれませんし、男女の関係にならないようにと過剰に避けられることもあります。まだ相手のことを素敵だなと思う程度であるなら、早めに片思いの段階で気持ちに区切りをつけるべきだと言えるでしょう。

手に入らないこそ、逆に気持ちが・・盛り上がらない様に

手に入らないこそ、逆に気持ちが・・ 盛り上がらない様に

好きな人が既婚者だった場合、少なくともあなたはショックを受けているはずです。もし相手が結婚していなければ・・とどんどん考える時間が増えていってしまうのではないでしょうか。

しかし、もしも相手が独り身であれば、という妄想は、好きだという気持ちをより燃え上がらせてしまう可能性があります。手に入らないこそ、逆に気持ちが膨らんでいってしまうからです。

しかし、現実には彼は結婚していますし独り身ではありません。一線を越えてしまう言動をしてしまわないよう、あくまで冷静にその気持ちを受け止めるようにしましょう。

自分の気持ちを分析してみよう

気持ちを分析してみよう

好きな人が既婚者だと判明したら、まず自分の気持ちに対して分析のメスを入れてみてはいかがでしょうか。相手のどこを好きになっていると感じているのかについて、とことん考えてみるのです。

年齢、容姿、収入、所作、趣味などさまざまな項目を挙げることができるでしょう。好きな理由を挙げてみると、意外と別の男性でも当てはまる場合があります。

彼しかないものがないのなら、気持ちを切り替えて新たな出会いにチャレンジしてみると良いでしょう。

片思いとして処理 アイドル的な存在としての処理

片思いとして処理 アイドル的な存在としての処理

好きな人が既婚者で、好きという気持ちを解消できないのなら、片思いとして処理するのもひとつの方法です。たとえば、職場の上司に好きな気持ちを抱いているのなら、その人がいることで仕事をがんばることができるでしょう。

男女の関係になるのではなく、仕事をがんばる上で励みになるアイドル的な存在として認識づけるのです。

手に入らないと理解しつつ、ときめきは大切にすることができますし、お互いの関係性も崩れることはないので、よりよい方法のひとつだと言えるのではないでしょうか。

ドキドキの経過を観察し時間をかけてみる

ドキドキの経過を観察

好きな人が既婚者だと気づいたら、しばらく自分の気持ちを観察してみましょう。恋愛にはある程度賞味期限があると言われています。

最初は相手の一挙手一投足にドキドキしていますが、時が流れるうちに慣れて何も感じなくなることが多々あるからです。

熱しやすく冷めやすいパターンが多い方は、無理やり気持ちを処理しようとするとよりドキドキが長引いてしまうこともありますので、そっと相手に慣れる時間を待ってみるのも良いでしょう。

相手に気づかれてしまった場合はどうする

気づかれてしまった場合

好きな人が既婚者の場合、基本的に気持ちは表に表すべきではありません。なぜなら、お互いの関係性が崩れてしまうからです。しかし、相手に気持ちを察知された場合はどうすれば良いのでしょうか。

この場合、まずは相手の態度を観察してみましょう。まともな価値観を持っている方なら、あなたと距離を持とうとするはずです。

しかし、逆に自分に気があるからと近づいてくるようなら、女性に対する考え方が自分とは異なる可能性があると言えるでしょう。

既婚者でありながら女性に近づく男性は、女たらしで浮気性の可能性があると考え、そのような男性に良いように振り回されないように、こちらから距離を取るべきです。

家庭について聞いてみる

家庭について聞いてみる

好きな人が既婚者で、どうしても気持ちが覚めない、あきらめないという方は、思い切って好きな人がどのような奥さんと暮らしているのか聞いてみると良いでしょう。良好な関係を持続しているのなら、取り入るすきはないと言えます。

しかし、もし奥さんとうまくいっていないとしても、それはチャンスではありません。結婚して関係性を良好にできないということは、奥さんだけでなく彼にも欠点がある可能性があるからです。

また、奥さんの不満や悪口を軽々しく言葉にする男性は、信用できないと言えるでしょう。自分の非を認められず、人のせいにするということは男としてはカッコ悪いものです。いずれにせよ、好きだという気持ちを継続させる価値がある男性とは言えません。

あきらめきれない場合 最悪の状況を考える

あきらめきれない場合 最悪の状況を考える

好きな人が既婚者で、どうしても諦めることができない、という方は最悪のシミュレーションをイメージしておくべきです。

たとえば、同じ職場で働いている人を好きになり、不倫関係になってしまった場合、そのことがバレてしまえば解雇されたり移動を命じられたりする可能性があります。

また、職を失っただけでなく相手の奥さんから慰謝料を請求されることもあるでしょう。いずれにせよ精神的にも社会的にも大きな制裁を受けることになります。そのような想いをしてまで関係を持ちたいのか、よく考えるべきです。

付き合うのは別れてから

付き合うのは別れてから

好きな人が既婚者で、どうしても諦めきれないのなら、絶対に不倫行為はすべきではありません。

相手が離婚するまで待ち続ける覚悟を持つことが必要になるでしょう。

好きな気持ちが本物なら、相手が離婚するまで待ち続けることができるはずです。彼の為にも、自分の為にも、きちんとした段階を踏むようにしましょう。

見守るのも愛です

見守るのも愛

好きな人が既婚者で、どうしても諦めることができない。それなら、彼の幸せを第一に考えてみてはいかがでしょうか。告白して困らせたり、離婚を要求したりすることは、彼にとっては大きな負担です。

今、家庭でうまくいっているのなら、その幸せを見守り続けてみてはいかがでしょうか。彼の幸せを第一に考えることができるのなら、その気持ちは持ち続けることができるはずです。

自分勝手な恋愛にならないためにも、まずは好きな人の立場にたって考えてみてください。

奪ったものは奪われることを肝に銘じる

奪ったものは奪われることを肝に銘じる

好きな人が既婚者であっても、相手の気持ち次第では離婚して付き合い、結婚することもできます。

しかしあなたが奥さんになった時、同じような行為を受ける可能性があることを覚えておきましょう。

移り気の多い男性なら、すぐに新しい女性に夢中になってしまいます。自分がしたことは跳ね返ってくるものなのです。

最後に

好きな人が既婚者であった場合の、対処方法や解決方法についてご紹介しました。さまざまな角度から自分の気持ちや関係性について考えることが大切です。そして今の自分にとって何が一番大切かを見極めていってください。