今日から簡単!少しの工夫で楽ちんヘアケアテクニック

 
今日から簡単!少しの工夫で楽ちんヘアケアテクニック


毎日のお手入れは髪も大切!

女性の美容にとって、肌やダイエットと比べると忘れがちですが、とても大切なものと言えば髪のお手入れが挙げられます。
ヘアスタイルや髪の傷みは、意外と男性からもチェックされているもの。

そこで、毎日ちょっとした意識で、誰もが憧れる美髪になるための簡単なヘアケアを紹介します。

ヘアケアの前に

ヘアケアにおいて、大事なことはちょっとした気配りです。
普段なにげなく頭を洗ったり、ドライヤーを使ったりしているという方も、少しの工夫で髪がまとまりやすくなったり、キューティクルが引き締まってツヤが出たりします。

その工夫を毎日続けていけば、きらめく美髪はあなたのものになります。

シャンプー時の注意

まず、シャンプーをする前には目の粗いブラシなどで大まかな髪の絡まりをほぐしておいたり、ホコリなどをとっておくとおすすめです。
また、シャンプーをする前にはしっかりと水ですすいでおくこともポイント。

このシャンプー前に髪を濡らすといった作業が、泡立ちにも繋がりますし、髪の汚れをとるためにも大きな意義があります。
人によって、シャンプーは合う合わないや洗いあがりの好みが大きく違ってきます。
最近はノンシリコンが流行っていますし、サッパリとした感覚が好きな方は試してみても損はないかもしれません。

シャンプーに迷った際はミニボトルのものを試してみたり、よくドラッグストアなどで見かける一回分のものを使うなど、多くのものをテスターしてみると良いものに出会えたり、新しい発見があります。

トリートメントで輝く髪に

シャンプー後に、大切なのが髪の保湿やケア。
いつもはリンスと言う方も週に一度くらいは洗い流すタイプのトリートメントを使うとおすすめです。
また、美容室でのトリートメントも効果てきめん。

日常のトリートメントとしては、洗い流さないタイプのものをタオルドライの後につけると良いでしょう。
オイルタイプやクリームタイプなどによって使用感は変わってきます。
傷みの度合いや、カラーやパーマなどの施術をしているかによっても最適の商品は変わってくるので、インターネットなどで口コミを調べたり、美容師さんにおすすめを聞くのも有効な手段です。

また、大切なのは髪をドライヤーでちゃんと乾かすということ。

髪を乾かさずに寝たり、生乾きはニオイの原因にもなりますし、髪が傷んでしまう理由の一つです。
ぜひ、洗い流さないトリートメントを塗った後は面倒でもちゃんと乾かしてから、寝るようにしましょう。