実践済み!モテる技術でまた会いたいと思わせるための20方法

 
モテる技術でまた会いたいと思わせるための20方法

正直、そこまで可愛いわけではないのに、いつも彼氏が途切れることのない女性っていますよね。特別な容姿を兼ね備えていないのに男性ウケが良いのは、その女性がモテる技術を持っているからです。

モテる技術を身につけることで、驚く程周りの男性の反応が違ってくるでしょう。ほんのちょっと意識するだけの簡単なものばかりですので、詳しくご紹介していきたいと思います。


モテるのは良いこと

モテるのは良いこと

男性からモテたいと思っているのに、モテる女性にはなりたくないという方がいらっしゃいます。

同性から嫌われるのではないか、媚を売っている女性に見られるのが嫌、などいろんな考えがあるでしょう。しかし、実際にモテていないからこそ思ってしまうことでもあります。本当にモテる女性というのは、男性だけに限らず女性からもモテるのです。

真のモテを手に入れるためにも、まずはモテる女性になることを肯定することから始めましょう。

モテは誠意から生まれる

モテは誠意から生まれる

いくら綺麗でスタイルが良くても、相手の話をちゃんと聞かない人は、ハッキリ言ってモテません。特に男性は自分の話に興味がないと感じると、一瞬でその女性に対しても興味がなくなってしまうのです。

こちらに関心のない人に興味を向けず、もっと素敵な女性を探そうとするからです。しかし、モテる技術を兼ね備えている女性は、相手の話をきちんと聞こうとします。話している相手に誠意を持って接しているからこそ、好感度は上がり、モテにつながっていくのです。

モテる話の聞き方について

モテる話の聞き方について

話をただきちんと聞いていれば、モテるのかといえばそうではありません。話の聞き方にもポイントがあります。

まず、相手が話しているときは、目を見て聞いているという意思表示をしましょう。じっと見続けると威圧的になってしまうので、5秒に1回はさりげなく目をそらすのが大切です。

そして、相手の話に何度も相槌を打つようにしましょう。相手が話に乗っているのなら、「うん、うん」と相槌を打つだけでOKです。

相手を褒める

相手を褒める

モテる技術を持っている人は、必ず相手の良いところを褒める習性があります。

相手の話を聞いている時も、さりげなく「へぇ~それはすごいね!」と褒めれば、相手はもっと話をしたくなります。男性は女性に褒められると、自分を認められた気分になるため、嬉しい気持ちになると同時に、女性に好感を持ち始めるのです。

優しい言葉遣い

優しい言葉遣い

モテる技術を持っている女性は、いつも優しい言葉を使っています。「そうだよね~」「そんなことがあったんだ~」など、女性らしい柔らかい口調であることがほとんどです。

男性にはない言葉遣いが、より女性らしさを際立たせますし、話をしていても癒されるので、モテやすくなるのです。普段、サバサバしている口調が多い方は、少しゆっくりめに話すだけでも、柔らかく聞こえてきますので、調整してみてください。

相手の心を引きつける

相手の心を引きつける

人間、誰でも優しい人が好きです。しかし、誤解してはいけません。優しい人、というのは、決して、ノーと言わないとか、人の言う事を何でも聞く、という人ではありません。
優しさというのは、人の事を思いやる心や、相手の事を気遣う事ができうる心です。
特に男性は、心身共に弱っている時に、女性に優しく気遣ってもらうと、心が揺らいでしまうものです。見返りを求めるのではなく、心の底から相手の事を思う事ができれば、それは本当の優しさです。

意見をしっかり言う

意見をしっかり言う

これは難しいことかもしれませんが、やはり思ったことは状況に応じてハッキリ言ったほうが好感度は上がります。

じゃあ何を?と難しいことを考えなくとも、まずは簡単なところから出来ないことは出来ないといえる、出来ることは出来るという、たったそれだけでもだいぶ印象が変わってきます。相手に自分は流されず意志を持っている人間なんだとアピールしましょう。

素直さがある

素直さがある

モテる技術を持っている女性は、とにかく素直に反応することが得意です。サプライズでお祝いしてもらったとき、驚いた表情と嬉しい表情、そして「ありがとう」という言葉が素直に出てきます。男性は女性が喜んでいる様子を見るのが大好きな生き物です。

だからこそ、素直に反応できる女性は非常にモテます。同じようにサプライズをされても、嬉しい気持ちをなかなか表現できない方もいらっしゃるでしょうが、そんなときは「びっくりしたー!」と驚きをまず表現しましょう。

そしてひと呼吸おいて「ありがとう!嬉しい!」と言葉にするだけでもOKです。戸惑ったまま固まっていると、相手は喜んでくれなかったのかな?と不安になってしまいます。積極的に感情はオープンにしたいものです。

いつも笑顔

いつも笑顔

暗い顔をしている女性と、笑顔で明るい女性、あなたはどっちと一緒にいたいと思いますか?当然、笑顔で明るい女性ですよね。モテる技術を兼ね備えている女性は、いつも笑顔を絶やしません。

周りを気遣う気持ちの余裕があるからこそ、自然と笑顔は湧いてくるもの。しかし、自分でいっぱいいっぱいな女性ほど、眉間に皺がより暗い表情をしています。自然な笑顔を手に入れるためにも、毎日顔をマッサージして表情筋を柔らかくしておきましょう。そして、最初は無理にでも笑顔になってみることです。

意識的に笑顔を作り出すことで、表情筋が定着してきます。次第に口角も上がり、自然な笑顔が見についてくるでしょう。また、笑顔が定着してくるに連れて自然と気持ちも上向きになってくるものです。まずは形からでもよいので、笑顔のトレーニングからスタートしていきましょう。

時には表情豊かに

時には表情豊かに

人間は、歳を取るごとに、感情を表に出さなくなります。
それは、いろいろな経験を積み重ね、いちいち感情を表しているのは、恥ずかしい、大人げない、といった感覚があるからだと思います。
しかし、喜怒哀楽を表情に表す人というのは、感情がわかりやすく、親しみを感じるものです。
変なプライドは捨てて、楽しい時には笑う、悲しい時には泣く、など、感情を素直に表わす事が大切です。

すべてを話さない

すべてを話さない

女性は好きな男性の事を何でも知りたがる傾向があるのですが、これは男性にもあります。
ただ男性の場合は何から何までいちいち聞く事自体が面倒だったり、聞きたいのだけれどプライドや過去の恋愛を知ってしまう事で、わずかに彼女の中に存在する元彼と自分を比較してしまう事が苦手で束縛と言うものでバリアを貼ってしまう事もあります。

その彼のバリア機能をフルに活用する事で、いつまでも彼の心を掴んでいる事が出来るのですが、正直に何でも話してしまい、彼の中ですべてが解決してしまうといつの間にか興味が薄れてしまう事もあります。
おしゃべりが大好きな女性にとってはついつい口を滑らせてしまいがちなのですが、ここはぐっと我慢してすべてを話さない事がポイントです。

謎めいた部分を残す

謎めいた部分を残す

大好きな彼には毎日でも会いたい、そう思っている女性はかなり多く存在しているのですが、男性は一般的に自由な生き物だと思って下さい。
束縛を嫌い、二者択一を迫られるのが何よりも苦手な男性に、週末はすべて自分に時間を開けておけと言うのはむしろ彼の心を遠ざけてしまいます。
ところがある部分を残す事で、彼の心をグッと掴みデートの度にまた会いたいと思わせるテクニックがあります。
それはズバリミステリアスな部分です。

男性は女性の意外性やミステリアスな部分に惹かれる傾向があるのですが、デート中とても楽しそうにしているのになぜか時間を気にしてそわそわする。
空を見てなぜか悲しそうな表情を見せる、また私生活についても謎が多い。
などアレっと思わせる事で男性はもっと知りたいと思う願望が強くなります。

彼の心を掴むテクニックは、他にもしばらくこちらから連絡を入れないなど彼の心を安心させないと言う事が大きなポイントです。

周囲への気配りができる

周囲への気配りができる

モテる技術を兼ね備えている女性は、いつも周りのことを気遣っています。みんなで集まっている時も、誰が何をしているのか把握できているものです。

同じ人ばかり会話してしまっているときは、あまり話していない人に話題をふったり、リアクションを求めたりします。だからといって、目立とうとすることがないのが大きなポイントです。さりげなく場を盛り上げるスキルがあるからこそ、モテるのです。

これは、モテる技術の中でも難しいものですが、まずは会話をしている時の周囲の状況確認からスタートしてみると良いでしょう。

所作が美しい

所作が美しい

モテる技術は、話し方や気配りだけではありません。ちょっとした所作にもモテる技術は隠されています。例えば、食事をしている最中のテーブルマナーは、きちんとしているでしょうか。

お箸の使い方が汚い、食べ物を偏って食べている、噛む時にクチャクチャ音を立てるなど、最低限のマナーが守られていない女性は、いくらモテる技術を兼ね備えていてもドン引きされてしまいます。

食べる姿は意外とたくさんの人に見られているものです。だからこそ、毎日の食事から正していきましょう。

斜めの動きでドキッとさせる

斜めの動きでドキッとさせる

男性が女性の仕草としてドキっとするポイントのひとつに、斜めの動きがあります。例えば首を傾げる、上目遣い、髪を耳にかける所作、髪をかき上げる所作などがあります。

さらにモテる要素を強めたいなら、所作は交差するように努めましょう。例えば、左側の髪を耳にかけるときは、右手で行うようにすると、首を傾げるため首筋がキレイに見えます。ま

た、左側に置いてあるコップを右手で取ったり、グラスにビールを注ぐときも正面からではなくやや斜めから行ったりすると綺麗です。

常に身だしなみに気をつける

常に身だしなみに気をつける

女優さんやモデルさんが、いつもキレイでいられるのは、人に見られている、という意識があるからなんです。人に見られているという意識があると、自然と、自分を磨こうという努力が芽生えてきます。
内面を磨く事ももちろん大切ですが、第一印象というのは、とても大切です。常に人に見られている、という意識を持って、オシャレに敏感でいる事が大切です。

ファッションに気を遣う

ファッションに気を遣う

モテる技術を兼ね備えている方は、ファッションにおいても隙がありません。決して穴のあいた靴下や、ヨレヨレのシャツ、ボロボロのカバンなどは持っていません。

常に細部にまで美意識が働いているので、自ずとひとつひとつのアイテムに清潔感が生まれます。清潔感のある女性に好感を持たない男性はいないでしょう。また、ワンポイントにちら見せするのもオススメです。

スカートのスリットや、ノースリーブなど、襟ぐりの大きく開いたカットソーなど、ちら見せをワンポイントにすることで、品の良さを保つことができます。ちら見せは2箇所以上になると露出が多すぎて下品さが生じてきたり、軽い女に見られたりすることもあるので、注意しましょう。

パンツスタイルにノースリーブ、ミニスカートにシャツくらいがちょうど良いのです。

嘘をつかない

嘘をつかない

ついつい「料理が得意なんだ」「~が得意なの!」と自分をアピールするために口に出してしまう、少し実力とは上のことを言ってしまいがちの人は多いでしょう。

大して興味がない相手に言ったとしても、その相手から他の人に伝わってしまうものです。自分が出来ない事だとついつい言ったことや自分で作り上げた設定が崩れてしまい、いい加減な人だと思われてしまいます。

あまり異性を意識しすぎない

あまり異性を意識しすぎない

異性を意識しすぎたり過剰に反応したりすると相手にそれは伝わってしまいます。女の子だから、男の子だからと分けてしまうとどうしても行動や仕草などに力が入ってしまうものです。

鋭い男性は計算していると思ってしまう人もいるでしょう。気持ちは男女関係なく、性別でみないでその人という人間として接すること。そういった行動にふと優しいところが見えると、皆に優しく楽しい、差別しない人ということで男女関係無く好かれやすくなります。

自然体で自分らしくいること

自然体で自分らしくいること

出来そうで出来ない事ですが、そのままでいればいいのです。つい見栄を張ってしまったり、良く見られようと背伸びをしてしまうものです。

しかしそういったものはちょっとした気の緩みでボロが出てしまい、それを見逃さない人もいます。ありのままでいるということは相手に親近感を持たせ、居心地がいいと思われる秘訣です。

自分は自分であり、他の他人にはなれないのですから、最初からありのままでいれば魅力がどんどん引き出されていきます。

 まとめ

モテる技術について幅広くご紹介しました。どれも今日から始められる簡単なものです。大切なのは身につけることですので、今すぐに意識して習慣づけられるようにしましょう。モテる技術を習得して、モテモテな毎日を手に入れてくださいね!