モテる職業とはどんな仕事ですか?こんなに違う?

 
モテる職業とはどんな仕事ですか?こんなに違う?

自分とそんなに雰囲気が変わらないのにやたらモテる人っていますよね。実は、外見や性格に加え、職業にもモテる要素は隠されているのです。

自己紹介でモテる職業を口に出したとたん、周りの反応が一変することも多いのです。モテる職業にはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。


男性目線でモテる職業とは

キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

男性からモテる職業は、様々にあります。まず昔から変わらず支持されているのがキャビンアテンダントです。キャビンアテンダントは美人でスタイルも良く、日々さまざまなサービスを実践しているのできめ細やかな心配りができます。

さらに、国際線で世界中を飛び回っている場合、語学が堪能で知的な雰囲気もプラスされるので、非常に魅力的な職業なのです。

また、キャビンアテンダントの制服も、男性にとってはポイントが高く、高嶺の花のようなイメージがあるのでしょう。

看護師

看護師

男性からモテる職業として、外しがないのが看護師です。看護師も、キャビンアテンダントと同様、昔から多くの男性に支持されている職業のひとつです。看護師は白衣の天使と呼ばれるほど、癒しの存在になります。

また、急な病気や怪我をしても安心ということもあるでしょう。また、ナース服の白さが清純さを表しているようで、慎ましやかな女性に映ります。さらに看護師は体力的にハードですが、その分給与も優遇されているため、一緒に生活していく上でも経済的な安定感もプラスになります。

現代では共働きが主流になりつつありますが、もし結婚しても看護師ならどの地域に行っても仕事ができることから、お見合いの場でも人気のモテる職業となっています。

女子アナ

女子アナ

近年ブームとしても注目されるのが女子アナ。可愛らしい容姿でありながら、知的にニュースや天気を読み上げる様は、ギャップ好きの男性に好評のようです。ただ可愛いだけではないということから、高評価が得られています。

また、女子アナは大学のミスコンで優勝している経験者が多く、ただ可愛いだけでなく評価を受けた可愛らしさという点もプラスされます。さらに、女子アナは親近感を得やすい存在でありながら、高嶺の花のように届かないというイメージがあるため、より男心をくすぐるのでしょう。

保育士

保育士

男性からして保育士といえば「子供好きでいつも笑顔を絶やさない」というイメージがあります。

子供好きな男性に特にモテる職業です。また、保育士は日々子供達と接していることから、話し方が柔らかく、ゆっくりであることから、多くの男性が癒されます。

また、結婚する上でも子供好きできちんと相手ができる人の方が安心ですから、そのような視点でもモテる職業だと言えるでしょう。

受付嬢

受付嬢

働く男性にとって、よく接する存在が各会社の受付嬢です。受付嬢は会社の顔でもあるため、容姿端麗でスタイルがよい人が選ばれます。

また、ビジネスマナーがきちんとしていて、来客者への対応も滑らかなため、清楚で才色兼備なイメージが持たれるのでしょう。

実際に、営業先でよく合う受付嬢に恋をするビジネスマンも多く、高嶺の花の存在に憧れている人も少なくないことがお分かりいただけるでしょう。

公務員

公務員 (2)

近年、人気が急上昇しているのが、公務員です。公務員はどちらかというと堅実な男性にモテる職業だと言えます。

共働きが前提で、お互いにきちんと収入を持ってやりくりしていきたいと考える人にとっては、公務員は頼れる条件のひとつと言えるのです。

さまざまなモテる職業とは違い、リアルな現代の感情が反映されていると言えるでしょう。

女性目線でモテる職業

女性のモテる職業についてはご紹介しましたが、男性はどのような職業に就いている人が人気なのでしょうか。

女性にモテる職業を知っておくことで、何にライバルが多いのか、また対策を立てる上でも必要にもなりますので、ご紹介しておきましょう。

医者

医者

女性からモテる職業に、医者があります。昔も今も変わらない人気をキープしているのは、高学歴、高収入というポイントがあるでしょう。

また、普段忙しいことから出会えるチャンスが少ないことも、人気をより加速させている要素のひとつと言えます。

相手が医者なら、将来の暮らしだけでなく、健康面でも安心が得られるというのがポイントの高さでしょう。

弁護士

弁護士

女性からモテる職業として、変わらず人気なのが弁護士です。こちらも医者と同様、昔から人気となっている職業のひとつです。

弁護士が人気になっているのは、高学歴、高収入という点もありますが、近年さまざまなテレビ番組で弁護士が活躍するようになり、以前より身近な存在になったことも関係していると言えるでしょう。

また、普段なかなか接することがないことから、弁護士という仕事にミステリアスな雰囲気を感じる女性も少なくないようです。

公務員

公務員

近年男性にモテる職業として急上昇した公務員ですが、女性にモテる職業としても人気です。堅実な暮らしを求める方に人気なのは、男女共通と言えます。

また、真面目なタイプの人柄を好む人からも求められている職業です。

実際、公務員として働いている人たちは、同僚と結婚することも多く、不安定な世の中だからこそ、求められている背景もあるでしょう。

教授・先生

教授・先生

学校の教授や先生も女性にモテる職業のひとつです。ひとつの知識に特化し深く掘り下げていることから、知的な男性を好む方に人気です。

また、教授レベルにもなれば高収入が期待でき、知名度としても上がります。地位も名声も手に入れることができるので、女性としてはパーフェクトな職業と言えるでしょう。

モテる職業から分析

このように、モテる職業について男女別にご紹介しましたが、自分がモテないからといってその職業に転職する必要はありません。

男性からモテる職業を詳しく分析していけば、自ずとモテる女性への条件が見えてくるでしょう。

その条件を自分の中に取り入れることができれば、モテる職業についていなくても、モテる存在になることができるのです。

男性は欲張り

男性は欲張り

キャビンアテンダント、看護師、保育士、受付嬢など男性からモテる職業にはある共通点があります。それが、容姿、スタイル、知的、癒し、礼儀正しさです。どの職業も比較的、容姿端麗でスタイルの良い人が選ばれる職業です。

しかし完璧な美人ではなくどちらかといえば自分をきちんと磨いている人だと言えるでしょう。また、知的さや礼儀正しさは、学ぶことで身につけることができます。癒しにおいても男性が求めるポイントさえ押さえておけば、クリアすることができるでしょう。

男性は自分を認められ、大切にされると心が癒され自信を保つことができる生き物です。相手の会話に耳を傾け、話が面白ければ素直に褒めて喜ぶことで、相手は癒しを感じることができるでしょう。

まとめ

モテる職業について幅広くご紹介しました。昔からモテる職業もあれば、最近になって急上昇したモテる職業もあります。

しかしどのモテる職業にも共通していることはありますので、その要素を取り入れていきましょう。ダイエットに励んでスタイルを良くしたり、語学や礼儀作法について学び直したりすることで所作を美しくすることができます。

また、相手への気配りを忘れないことで癒しの存在になることができるでしょう。さまざまなモテる職業の要素を取り入れることができれば、きっとどんな職業についていてもあなたは輝いて見えるのではないでしょうか。