失恋から立ち直るための32ステップ!引きずるのは時間の無駄!

 
失恋から立ち直るための32ステップ!引きずるのは時間の無駄!

突然、大好きな彼が離れていってしまった。信頼していた大好きな彼に裏切られてしまった。理由は様々でしょうが、失恋はいくつになってもも辛く悲しいの。むしろ年齢を重ねてからの方が辛いかも知れません。ですが、いつまでもクヨクヨと元カレのことをずるずる引きずるのは時間の無駄。

愛情が深かったほど失った時の喪失感は大きく、食事がのどを通らない・眠れないなど、日常生活ですら支障をきたしてしまう場合もあります。

しかし、いつまでも落ち込んでいてはあなたの為になりません。次のステップに進むために、このつらさを乗り切る15の方法を紹介します。効果のあるなしはその人次第ですが、あなたに今必要なのは何なのかをこの方法から見つけて、ぜひ試してみてください。


1人になって考えてみる

1人になる

失恋してしまった直後は、何も考えられず虚無の状態に陥ってしまうでしょう。そういう時に、友人からの言葉や励ましは耳に入らず、煩わしく思ってしまうかもしれません。

もしくは、その言葉に依存してしまうかもしれません。自分の状態を自覚して冷静になれるまでは、携帯電話やメールは電源を落としたり拒否しましょう。

思い切り泣く

思い切り泣

泣くという行為は、ストレスを軽減する効果があるそうです。涙と一緒にストレス物質が排出され、脳内モルヒネのエンドルフィンと似た効果でストレスを和らげます。ここで我慢しないで、思いきり泣きましょう。感情を表に出しきったら、冷静になって精神が安定するのも早くなります。

特に、泣きたい気持ちを我慢することは絶対にやめましょう。がんばって何事もなかったかのように振舞っては、かえって失恋から立ち直る時間はかかってしまいます。実際に、失恋してとことん泣きつくした女性ほど、失恋から立ち直るスピードは早いのです。

涙をたくさん流すことは、別れにより傷つけられた気持ちを回復させることでもあるのです。だからこそ、大いに泣いてみてはいかがでしょうか。

思い切り落ち込む

思い切り落ち込む

とことんまで悩み落ち込んでエネルギーを溜めると、すばやく気持ちを回復させることができます。

中途半端に気持ちを残してしまうと、自分が失恋を克服したと思っても突然思い出したりしていつまでも引きずってしまうので、もう落ちる所がないという所までしっかり落ち込みましょう。

彼の嫌な部分を思い出す

彼の嫌な部分を思い出す

なぜか思い出というものは美化されてしまうもの。それが失恋直後であればなおさらです。今のあなたは、気が付けば、彼の良いところ、好きだったところばかり思い出しているに違いありません。

でも、その彼はあなたのそばにはもういません。辛くてもそれが今の現実。でも、どんなに好きだった彼でも嫌な部分、好きになれなかった部分があるはず。

美しい思い出に浸るのはやめて、嫌なところを意識的に思い出して、むしろあんなヤツと別れて正解だったと自分に言い聞かせましょう。

とにかく寝る

寝る

失恋のショックで気持ちが冴えてしまったり、考えすぎて眠れない事もあるでしょう。しかし眠らず脳が働き続けると、身体にも精神にも悪影響が出ます。

ひどい場合には落ち込んだ精神にダメ押しして鬱になりやすくなってしまうので、脳の休息は必要不可欠です。

寝られなくても目を閉じて横になるだけでも違いますが、寝られなくて調子が悪くなった時には、睡眠導入剤を処方してもらいましょう。

カラオケボックスで泣く、怒る

カラオケボックスで泣く、怒る

失恋から立ち直るには、まずとことん失恋について悲しむことが大切です。失恋を悲しいと思えるのは、それを現実だと受け止めている証拠とも言えます。

辛い、悲しい、寂しい、といろんな感情が渦巻くことと思います。その気持ちを封じ込めることなく、とことん感じることが大切なのです。失恋したことが悲しいのなら、とことん泣いて泣いて泣きつきしましょう。ひどい振られ方をしたのなら、とにかく怒ってみることです。

カラオケボックスにこもって思いっきり罵声を浴びせてみるのも良いでしょう。とにかく、失恋をしたときは、まず感情を制限しないことが大切なのです。

友達と話す

友達と話す

自分の状態を自覚したら、友達に自分の気持ちや愚痴を聞いてもらいましょう。一人で考え込むよりも、誰かに聞いてもらえれば、気持ちも楽になるはずです。

ここで大事なポイントは、自分の話を全て肯定的に受け取ってくれる友達に話を聞いてもらうことです。まだ気持ちが落ち込んでいても友達が全て肯定してくれるので、失恋で無くしてしまった自信を回復できるでしょう。

もし友達に恋人がいないなら元カレの悪口で大盛り上がりになるでしょうし、恋人がいるならその彼氏の友達つながりで合コンをセッティングしてくれるかも知れません。

人と会う しゃべる

人と会う

失恋から立ち直るには、とにかくたくさんの人と会っていくことが大切です。今まで出会うことのなかった人たちや、なかなか会う機会の少なかった友人と積極的に出会うことで、たくさんのエネルギーをもらうことができます。

また、失恋の話をすることで、自分の気持ちも整理しやすくなるでしょう。それにいろんな出会いが重なると、次の恋にも出会いやすくなるので、積極的に動きましょう。

失恋映画を見る

失恋映画を見る

失恋した時に失恋映画を見るのは、傷口を大きくえぐるだけじゃないかと思う人もいるでしょう。しかしその主人公に自分を重ねて、失恋してつらい想いをしているのは自分だけではないのだと、共感できるでしょう。

また、主人公が立ち直って新しい道を見つけるストーリーならば、共感している自分も過去の失恋は忘れて、新しい道に目を向ける切っ掛けとなるかもしれません。

仕事に生きる女性が主役の映画を観る

仕事に生きる女性が主役の映画を観る

仕事はバリバリやっているけど、恋愛は不器用。そんな女性を主人公にした映画が最近増えています。恋に仕事に一生懸命な主人公の姿にポジティブな気持ちになること間違いなしです。元気をもらえるという意味では「恋とニュースのつくり方」がおすすめです。

それらの映画のテーマ曲を聞きまくる

それらの映画のテーマ曲を聞きまくる

失恋モノの映画であれば、さみしげなメロディのバラード、頑張っている女性が主人公の映画ならポジティブでパワフルな女性ボーカルの歌が主題歌になっていることが多いです。そんな曲を毎日聞いて、失恋したという現実から少し逃避して少しずつ元気をもらいましょう

お互いの欠点を書く

お互いの欠点を書く

失恋した時は、とかく相手が全て悪いとおもいがちです。しかし恋愛関係は二人で成り立っていますので、それがうまく行かなくなったのならば、自分にも原因の一端はあります。お互いの欠点を同じ数だけ、それから別れた理由を紙に書き出して見ましょう。

それを見ればお互いに思いやりが足りなかった、相手も悪かったが自分の態度も悪かったなど反省点が見えてきて、自分は相手にあれこれ言えるほどの完璧な人物ではなかったと自省すれば、次の恋にもこの教訓を生かせるでしょう。

プレゼントや私物を捨てる

プレゼントや私物を捨てる

相手からのプレゼントや家においてある私物は、見るたびに相手を思い出させるアイテムとなり、いつまでも心の奥に引っかかったままになってしまいます。

私物は相手に返し、プレゼントは高価だったかもしれませんが、思い切って捨ててしまいましょう。相手の携帯電話番号やメールアドレスなども捨ててしまい、相手の思い出を徹底的に消してしまうのが、立ち直る方法の一つです。

モノに罪はない、という考え方もありますが、それはあくまでも自分から相手をフッた時にのみ有効なセリフ。別れて正解だったとさえ思えるようになったのに、そんな彼からのプレゼントを大切にとっておくのは自己矛盾というものです。

いさぎよく捨てるのもよし、リサイクルショップで買い取ってもらうのもよし、とにかく目の前から処分しましょう。もったいない、なんて思ってはいけません。

写真を処分する

写真を処分する

モノだけでなく、写真もたくさん残っていることでしょう。怒っている写真を撮る人はあまりいませんから、そこにはしあわせいっぱいの笑顔が写っているはず。

そんな優しい彼の笑顔や、彼の隣で満面の笑顔でいるあなた自身の姿を見ると、せっかく別れて正解だったと思えるようになったのに、またまた好きだった気持ちが蘇ってしまいます。一刻も早くそんな思いを断ち切るためにも、それらの写真を思い切って処分してしまいましょう。

ただし、写真を捨てることに抵抗がある人もいるはず。そのような方はクローゼットの奥など、普段は目に付かないところにしまっておきましょう。

データでしか残っていないなら、これまた思い切って消去しても良いですし、そのことに抵抗があるならSDカード等のメディアに保存して、引き出しの奥にでもしまっておきましょう。

仕事や勉強で自分を多忙な状態にする

仕事や勉強で自分を多忙な状態にする

失恋を克服したとおもっても、空いた時間にふと思い出してしまいつらくなる事もあります。

そんな時は、荒療治ですが空いた時間がないほどに、仕事や勉強に打ち込みましょう。帰ったらすぐ寝るというのを繰り返せば、そのうちに気持ちも薄れてきます。おまけに仕事や勉強もいつの間にか捗っていた、と気がつかないうちに一石二鳥の効果になっているかもしれません。

行動範囲を変えてみる

行動範囲を変えてみる

今まであまり行かなかったエリアに顔を出すようにしましょう。新しい街、知らなかったお店へ話題のお店へ友達と出掛けてみましょう。もちろんひとりで行ってもかまいません。

誰もあなたのことを知らない場所に身を置くことで、生まれ変わった気分になります。また、行動範囲を変えることで元カレにばったり遭遇なんてことを避けることもできます。

情報をシャットダウンする

情報をシャットダウン

失恋から立ち直るに、さまざまな情報をシャットダウンすることも大切です。最近では、SNSやメールなどから簡単に相手の情報が入ってきてしまいます。

気晴らしにSNSを開いたら、まだ削除していなかった彼とのツーショット写真が残っていて、余計に辛い思いをしてしまったというケースも多々あります。さらに、失恋を知った友人から、励ましのメールや電話が来たりしますが、失恋直後はひとりになりたいため、そっとしておいて欲しいというのが素直な気持ちです。

さまざまな状況があるからこそ、一度情報をシャットダウンして自分の世界に閉じこもれば、失恋について深く考える時間を作ることができます。

失恋の原因は何か考える

失恋の原因

失恋から立ち直るには、なぜ失恋したのかをとことん追求していく必要があります。失恋した直後は、相手と会えないさみしさや、連絡を取り会えない辛さでいっぱいになっていますが、これは彼の良い部分しか思い出していないからです。今は手に入らない幸福だからこそ、より美化しようとしてしまいます。

しかし、失恋から立ち直るなら、元彼の良くない部分も追求していかなくてはなりません。そのためには、なぜ失恋に至ったのか原因をきちんと究明していく必要があるのです。

どういったきっかけがあったのか、性格の合わないところ、食べ物や服の好みが理解できないなど、あらゆることを思い浮かべることができるでしょう。

失恋を追求する

失恋から立ち直るには、なぜ失恋したかを追求していく必要があります。

そして浮かんだことは全て紙に書き出していきましょう。「いつも割り勘でケチだった」「友達とばかり遊んでかまってくれなかった」「たまにデートできるときも、いつも同じ場所だった」「せっかくのクリスマスなのに、おうちデートだった」などどんどん書き込んでいきましょう。

そして、元彼のデメリットも書き込んでいきます。「優柔不断」「お金にルーズ」「いつも遅刻する」「髪型にこだわりすぎているけれど、いまひとつ決まっていなかった」「服がダサい」など思い浮かぶままに書き込んでいけば、だんだんと別れてよかったという気持ちになっていきます。

別れてよかったという事実

別れてよかったという事実

さまざまな事を紙に書き出していくことができれば、徐々に気持ちも治まってきます。

また、紙に書き出すことで、後で読み返すこともできるので、再び悲しみに襲われた時に読み返すと、気持ちを断ち切ることができるでしょう。そのようなことを繰り返していくと、徐々に別れてよかったと思えるようになってきます。

そうしたら、今度は別れてよかった点も書き込んでいきましょう。「好きな趣味に時間を使える」「家政婦のようにこき使われなくて済む」「好きなドラマや映画を見られる」「もっとイケメンに出会える可能性がある」など、別れてよかったことを書き込んでいけば、次の恋愛に対してもポジティブな気持ちになれます。

歌う 声を出す

歌う

泣くほかに大声を出すのも、ストレス解消の一つです。気持ちがすっきりするだけでなく、血行も良くなり身体が温まります。

それからお腹から声を出せば内臓器官が活発化します。

せっかくですから、カラオケで友達と楽しみながら大声で歌ってストレス発散しましょう。みんなで集まる時間がない、忙しいという人で車の運転が出来る人は、車内で大きな声で歌うのも他人の迷惑を気にする事無く、すっきりします。

運動する

運動する

失恋のストレスは自律神経に影響を与えます。交感神経が過敏になり不眠症や食欲不振、それから鬱病につながります。軽いストレッチや運動を行うと血行がよくなり副交感神経とのバランスがとれ、ストレスをなくし明るい気分にさせてくれます。

ダイエットにもなって、自分に更に自信が持てるようになるでしょう。何も考えられなくなるほど運動するのも一つの手ですが、一般女性には少々難しいです。

例えば、シンプルにスポーツをするだけでも気分は変わってきます。ジョギングで汗を流すことで、身体の奥底に溜まった嫌な感情も洗い流されるような気分になるでしょう。

また、トレーニングジムでさまざまなメニューをこなすことで、同じことを考えてしまう思考を一旦ストップさせることができます。気持ちがどうしても切り替わらないときは、身体からアプローチしていくと気持ちも徐々に動いてくるでしょう。

自分を磨く

自分を磨く

失恋して落ち込むと、自分の身なりに構っている余裕がありません。

鏡を見るたびに、だらしない格好だと更に落ち込んでしまい、自信が持てなくなってしまいます。しかしそのまま落ち込んでいては、元の生活に戻るのに時間がかかってしまいます。

心機一転するために、髪も肌もこれまで以上にきれいに磨き上げて、次のステップに進むための自信をつけましょう。

友達とお酒を飲む

一人でお酒を飲むと、どうしても相手の事を思い出して気持ちの落ち込みに拍車がかかり悪酒となってしまい、何の得にもなりません。

友達と一緒においしい食事と楽しいお酒の時間を作れば、最強のストレス解消法となるでしょう。つらい失恋体験も友達と一緒に笑い飛ばしてしまえば、心もすっきりします。

旅に出る

旅に出る

自分の生活環境とまったく違う所へ旅行に出かけるのも、失恋から立ち直る方法の一つです。

違う場所に行って気持ちを新しく切り替えたり、また自然の中に身をおけば自然のスケールの大きさと比べて、自分のつらい気持ちなど取るに足らないものだと分かるでしょう。

目新しいものに対する好奇心や探究心を発揮するのも、ストレス解消に役立ちます。

物理的に距離を取ることで、気持ちを違う方向へ持って行きやすくなります。また、旅先では美味しい食べ物や見たことのない風景、文化に触れることができるため、新たな刺激を受けることができます。さまざまな刺激を受けたあとなら、同じ場所に戻っても違う自分へと変化していることでしょう。

新しい服を買う

新しい服を買う

友達が合コンのセッティングをしてくれようとくれまいと、気持ちを新たにするために新しい服を買いましょう。

いつまでも彼と会っていた時に着ていた服、彼の好みに合わせて買った服を着ていては、モヤモヤとした気持ちが晴れません。

新しい服に袖を通すことで、不思議と気持ちがふわっと軽くなりモヤモヤも晴れます。今まで着なかったような服に挑戦するのもオススメ。そうすることで、自分が生まれ変わったような気持ちになること間違いなしです。

ヘアスタイルを変える

ヘアスタイルを変える

ヘアスタイルを変えると言っても、長さを大幅に変えるのはいかにも失恋しました、みたいなな感じなので、ヘアカラーの色味を変えてみたり、パーマをかけてみましょう。

その方が万が一似合わなかった時のリスクを最小限に抑えることができますし、それだけでも雰囲気がだいぶ変わり、周りの異性があなたの魅力を再発見するかも知れませんし、あなたに話しかけるきっかけにもなります。

例えば毎朝立ち寄るカフェのあの人、密かにあなたのことを気になっているかも知れませんよ。

部屋の模様替えをする

部屋の模様替えをする

よく自宅で相手とおうちデートをしていた人は、部屋のそこかしこに相手の思い出が残っています。

その思い出を断ち切るための簡単な方法は、部屋の模様替えです。家具の位置を変えるのはもちろん、カーテンやカーペットなど大きいものを新調して前の部屋のイメージを一掃してしまいましょう

クッションや食器など、相手を思い出すようなアイテムはプレゼントや私物と同様に、廃棄してしまいましょう。

何か新しいことを始める

何か新しいことを始める

元カレのことを好きだった自分と決別するために、服装やヘアスタイルといった外見だけでなく、内面的にも以前とは違う何かを手に入れるために、何か新しいことを始めましょう。

習い事をするのも良いですし、もしスタイルに自信がなくなってきているなら、ジムに通うのも良いでしょう。何かに一生懸命打ち込む姿は、よい一層あなたを輝かせるに違いありません。

さみしさを表に出さない

外見的にも内面的にも以前とは違うあなたになったとしても、時折さみしさに襲われることがあるでしょう

。そんな時、例えば、何かのきっかけで一緒に出かけた男性にやさしくされた時など。さみしさに任せてフラフラっと身も心も許してしまうかも知れません。

でもそれは禁物。そういう時に冷静な判断はできませんし、そこにつけ込む男はたいていろくでもないです。そんな男を近付けないためにも、さみしさを表に出してはいけません。

彼のいない生活に馴染み過ぎない

彼のいない生活に馴染み過ぎない

外見磨きや内面磨き、仕事も楽しいし、新しく始めた習い事も楽しい。友達も増えたし、女子会ってやっぱおもしろい。気が付けば元カレのことなんかすっかり忘れて、充実した毎日を送っている。でも、もう彼氏なんていらない、彼氏がいたら面倒くさい、なんて決して思わないでください。

これまでやってきたことは、すべて失恋から立ち直るためのこと。そのことを決して忘れないで下さい。以前よりも魅力的になったあなたが恋人を作らないなんて、それはとてももったいないことなのですから。

自分を認める

自分を認める

失恋から立ち直るには、自分の魅力を認めてあげるという行為が必要になります。失恋すると、自分に魅力がない、性格がしつこいからだ、など悲観的になりがちです。

しかし、自分のことをどんどん嫌いになっては、次の恋愛へと進むことはできません。別れた彼は、自分の魅力に気づくことができなかったのだと思いましょう。自分を認めてくれる人が必ずいると思うことができれば、新たな出会いもポジティブに受け止めることができます。

また、自分のことを嫌いな女性と、自分のことを好きな女性では、外にあふれる魅力も変わってきます。すべてを肯定することは難しくても、私には、ひとつだけこんなにいいところがある!というポイントを見つけられるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。失恋は大変つらい経験ですが、自分と対峙する貴重な時間でもあり、自分の心を大きく成長させる機会です。

失恋から立ち直る中であなたが考えたいろんな事が、次のステップへの大きな糧となるでしょう。

自信を回復し、自分を立ち直らせて次に進むには、時間が必要です。ですから急ぐ必要はなく、ゆっくりと自分のペースで失恋の傷を癒していきましょう。