好きな人の態度17パターンから見るあなたへの気持ち

 
好きな人の態度でわかっちゃう? 17パターンから見るあなたへの気持ち

気になっている相手がいるけれど、相手が自分をどう思っているのかわからないことがあります。

好きな人の態度に一喜一憂してしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで、好きな人の態度から、あなたがどう思われているのか、そのパターンについてご紹介していきましょう。


相手の態度の見方は

相手の態度の見方

好きな人の態度から、自分がどう思われているか探るためには、さりげなく好きな人を観察する必要があります。

ただ、あまりにもジロジロ観察してしまうと、好きな人に気持ちがバレてしまったり、周囲に感づかれることもあります。好きな人の態度を観察するときは、不自然にならない程度に少しずつ観察していきましょう。

好きな人の態度の傾向は

好きな人の態度が、どのような傾向にあるかで、あなたがどう思われているかを判断することができます。好きな人の態度が、もしこうだったら、あなたに行為を持っている確率が高いというパターンをご紹介していきましょう。

チラチラ見ている、目線がよく合う

チラチラ見ている、目線がよく合う

好きな人の態度を観察しようと、チラチラ見ていると、何度も目が合ってしまうことがあります。あなたの観察の方法があからさまな様子ではない限り、相手も好意を寄せていると言えます。

これは人間に好意を持っている人を目で追ってしまうという習性があるからです。好きな人の態度を観察しようと見ている時に何度も目が合うということは、相思相愛である確率が高いと言えるでしょう。

用事のないメールやLINE連絡が多い

用事のないメールやLINE連絡が多い

特に用事があるわけでもないのに、こまめに連絡してくる態度も、好きな人があなたに好意を持っている証拠だと言えます。

伝えるべき目的がないにもかかわらず、あなたに連絡を取りたいということは、あなたがどうしているのか気になっているということです。

「今見ているテレビ面白いよ」「今何してる?」などの文面は、好きな人があなたとの時間を共有したいと感じていると言えるでしょう。

わざわざ電話をかけてくる

わざわざ電話をかけてくる

メールやメッセージでも構わない内容なのに、わざわざ電話で連絡をしてくる態度も、好きな人があなたを気にしているという証拠のひとつです。

ちょっとした連絡であっても、あなたとつながりたいという気持ちが強まることが考えられます。

また、会うことができないからこそ、声だけでも聞きたいと感じるのではないでしょうか。一言二言の連絡事項であっても、わざわざ電話でかけてくるという方は、よっぽどメールが苦手でない限り、あなたに好意を寄せていると考えられます。

見つめる時間が長い

見つめる時間が長い

好きな人と話しているとき、話を聞きながらあなたを見つめるような態度をとった場合も、脈アリだと考えられます。男性は興味のないものを長時間観察し続けることが難しいと言われています。

興味のないものには全く見向きもしない習性があるため、じっと見つめ続けているということは、かなり興味があるということです。

会話の受け答えがすごく丁寧

会話の受け答えがすごく丁寧

会話をしているとき、好きな人の態度がとても丁寧な聞き方をしている場合、あなたに好意を寄せていると考えられます。

あなたが何を話しているのかをじっくりと聞き、すぐに結論を出さずに一緒に親身になって考えたり、議論するという行為は、あなたとの時間を大切にしている証拠です。

興味のない人なら、すぐに結論を出そうとしたり、話を短く切り上げようとするはずです。会話の最中、じっとあなたを見つめながら丁寧に受け応えている態度こそ、あなたを好意に思っているというメッセージなのです。

歩くときの距離が近いと感じる

歩くときの距離が近い

好きな人と一緒に歩くとき、距離が近いなと感じたら相手が行為に思っている可能性が高いと言えます。距離を近づけるという態度は、気持ちの距離の表れでもあるからです。

人は好きな相手に少しでも近づきたいという心理が働きます。それが歩き続けることで知らず知らずに態度に出てしまうのです。手が触れるほどの近距離は告白のタイミングが近づいている証拠だと言えるでしょう。

さりげないエスコートを感じる

さりげないエスコートを感じる

好きな人が歩いているときやドアを開けるとき、さりげなくエスコートしてくれる態度も、相手があなたに好意を寄せていると言えます。

歩いている時に、車道側を率先して歩いたり、ドアを抑えてぶつからないようにしてくれるのは、あなたを守ろうという意識が自然に働いているからです。

これは、男性は好きな人を守ろうという習性があるからです。何となく最近ドアを抑えてくれる回数が増えたな、気遣われることが増えたなと感じた時は、好きな人との距離が縮まっていると言えます。

友人に紹介してくれる

友人に紹介してくれる

好きな人が自分の友人とあなたを合わせようとしてきたら、好意を持っている態度だと考えましょう。これは恋愛ベタでなかなか告白できない男性に多く見られるケースです。

相手もあなたの気持ちを探っていて、友人たちから後で意見を聞いてアドバイスを受けてからアプローチが始まる可能性が高いと言えるでしょう。

ふたりになると無口になる時がある

ふたりになると無口になる時がある

好きな人とせっかく2人きりになれたのに、目も合わせてくれないし会話もイマイチ弾まない。このような態度を取られると、好きな人が自分に興味を持ってくれないのでは?と感じてしまいますよね。

しかし、シャイな性格の方の場合、二人きりになると途端に緊張して会話できなくなってしまうケースがあるのです。友人たちがいる中では、和気あいあいと話しているのに、二人きりになると途端に無口というケースは、実は大いに脈アリな可能性も高いのです。

小さなことを大きく褒めてくれる

小さなことを大きく褒める

何気ないことなのに、好きな人が何度も褒めてくれるという態度も、好意を寄せている証拠だと言えます。好意に思っている人の出来事は、自分のことのように嬉しくなるものですし、小さなことでも褒めたくなるものです。

自分ではそんなに大したことではないと思っていても、相手が大いに褒めてくれるという場合は、あなたをきちんと見てくれているという証拠でもあります。髪型やメイク、ネイルなど細かな部分を褒めてくれる場合は、かなり好意を寄せていると言えるでしょう。

秘密を教えてくれる

秘密を教えてくれる

あなたにだけ秘密を教えてくれる場合はかなり脈ありと考えていいでしょう。

例えば、家族の話、友人のこと、失敗談などを話してくる場合、あなたに特別な感情があり、それらの事を知っておいてもらいたい共有した気持から話してくれます。かなりのチャンスだと思っていいでしょう。

話が回りくどい時

話が回りくどい時

何かを言いたくて回りくどくなっている場合があります。その何かがあなたへ何かを告げたくて回りくどくなっているのか、それともまったく関係ないことなのかを見分ける必要がありますが、いつもと違って回りくどい言い方をする場合には、あなたに何かを伝えたいと思っているときです。もしかしてデートの誘いかもしれません。

笑顔がいつもより多い

笑顔がいつもより多い

二人で話している時にいつもより笑顔が多いと感じた時はあなととの会話が楽しくてしょうがない時です。男性は単純ですのでこういがある女性に興味を持ってもらおうと自然に笑顔になります。

そんな時は笑顔を返すことで進展があるかもしれません。

好きな人がいるか探ってくるとき

好きな人がいるか探ってくる

「週末いつも何しているの?」「飲みには誰と行くのなど?」聞いてくる場合には、彼なりに探りを入れてきています。そんな時は正直に「暇なんだ~誰か遊んでくれないかな~」などと答えると彼の方からお誘いがあるかもしれません。

その時に見栄を張らずに正直に伝えることが大切です。また彼がアプローチをかけてこない場合は恥ずかしがっていますので、あなたから誘ってみれば初デートに繋がる可能性大です。

イジワルをしてくる

イジワルをしてくる

これは男性の心理、「反動形成」というものです。あなたのことが気になっている証拠。気になっている心を、自分の中でどのようにすればいいのか、好きな人が戸惑っているのです。「俺は○○が好きなのか?」「イヤ、そうではない」と心の中で好きな気持ちが揺らいでいるのです。

また「○○は俺をからかっているのか?」と思いこみ、自分を守る為に、相手を攻撃したりします。その反動であなたにイジワルをしているのです。

対応としては、気にしないか、漫才の様に言い合うか、どちらかの対応で彼の心が変化していきます。間違ってもあなたのことが嫌いだと勘違いして、避ける行為してしまうと彼との関係は終わってしまいますので注意してください。

好きな人の態度で判断したあと

好きな人の態度で判断したあと

好きな人の態度を観察して、好意を寄せてくれていると感じたら、次はいよいよアプローチをしていきましょう。二人きりになる時間を増やすためにも、映画や美術館など何かのきっかけを理由にデートに誘ってみましょう。

デートの最中、好きな人が長い時間見つめるように話してきたり、歩くときの距離がぐっと近づいてきたら、あなたへの好意が好きだという気持ちとして固まってきている証拠だと言えます。

デートのあとに連絡が急増したり、デートを向こうから誘ってきた場合、カップルになる日はそう遠くはないと言えるでしょう。

好きな人もあなたを観察している

好きな人も観察している

好きな人の態度を観察しながら、あなたがアプローチをして、相手がその気持ちに即座に答えてくれた場合、相手もあなたを観察していたと考えられます。気持ちが通じているという確信があるからこそ、すぐに答えることができるからです。

また、場合によっては好きな人の方から告白してくるケースもあるでしょう。男性は傷つきたくないという防衛反応が強いため、確実に好きな人の態度が好意的だと確信できなければ告白できないことが多いのです。

好きな人の態度が脈アリだと感じたら、あなたも同じように観察されていたと考えましょう。

まとめ

好きな人の態度から相手の気持ちを読み解くパターンについてご紹介しました。さまざまな態度から気持ちを読み取れることができたなら、次のステップへと進めるよう、アプローチを開始してください。

カップルになる日へ近づくためにも、まずは好きな人の態度をじっくり観察していきましょう。