女性の転職で長く働ける会社の見つけ方とは?

 
女性の転職で長く働ける会社の見つけ方とは?

女性が社会に出て働くことは、近年、当たり前のようになってきています。しかし、女性が働き続けるということはそう簡単ではありません。女性には必ず大きなライフイベントがやってきます。

結婚、出産、育児などさまざまな変化が訪れることから、今までどおりに働き続けることは困難になってくるのです。そこで、女性にとって働きやすい環境とは何か、またそのような会社へ転職する上で知っておくべきノウハウについても詳しくご紹介していきたいと思います。


独身女性の転職

独身女性の転職

女性の転職において、まずは独身の状態で働きやすい会社から見ていきましょう。女性にとっての働きやすさとは、女性としても社員としても尊重される状況があることが第一条件と言えるでしょう。

同じ時期に入社した男性は一人前の仕事を任せてもらっているのに、女性の自分はいつまでたっても雑用ばかり。そのような状況では、いち社員として同等に扱ってもらえているとは言えません。

仕事にやりがいを求めるなら、女性軽視しない平等な目線を持った会社に転職すべきと言えるでしょう。

上司に女性がいい

上司に女性

女性が働き続けていく上で、まず大きな壁になってくるのが昇進です。働きはじめの段階なら、目の前の仕事を理解し、自分のものにしていくことが重要視されますが、仕事にも慣れ、キャリアアップを目指したいと考え始めても、会社が女性のキャリアアップをサポートしていないケースがあるのです。

女性が多く働いているのに、女性の上司が一人も誕生していない会社なら、キャリアアップを目指している女性にとっては転職すべきでない会社と言えるでしょう。逆に、女性の上司がたくさん活躍している会社なら、実力次第でどんどんキャリアアップしていけるチャンスが多いと言えます。

石の上にも3年 我慢すべきことも

石の上にも3年

女性だけに限らず、転職の回数はできるだけ短いほうが賢明です。できれば、一つの会社には短くとも3年は在籍するようにしましょう。

3年未満で転職を繰り返してしまうと、根気のない人に思われたり、嫌なことがあればすぐに辞めたりしてしまう人と思われてしまう可能性があるからです。

転職をスムーズにするためにも、転職先はギリギリまでベストの会社を探し、できるだけ転職率を押さえておくことが大切です。

転職の年齢について

年齢について

女性の転職において、ひとつのハードルとなるのが年齢です。比較的若ければ若いほど転職の採用率は上がると言われています。

これは、男女問わず若い方が新しい知識を吸収しやすく、新しい環境にもなじみやすいと考えられるからです。

また、受付や営業職などは若い年齢の方が好まれることが多いため、そのような職種を希望する女性は、できるだけ早い段階で転職活動を進めておいたほうが良いと言えるでしょう。

職場恋愛について

職場恋愛について

女性が転職する理由は、人それぞれあります。もし、職場恋愛に失敗して転職を希望するのなら、さりげない行動が重要になります。同じ職場の恋人と別れてからすぐに転職活動を始めては、周りに痛々しい目で見られることもあるでしょう。

また、あまり派手な行動をすると、転職先に噂が広まってしまう可能性もあります。恋愛はあくまでプライベートなことでありきっかけの一つであったと心得、自分が本当にしたい仕事を見つけていくチャンスだと考えましょう。

転職活動は自宅で

転職活動は自宅で

女性は切り替えの早い生き物です。もうこの会社で働かない、新しい会社へ転職しようと決めたなら、あっと言う間に今の会社に未練がなくなってしまいます。しかし、まだ在籍している最中であれば、職場で転職サイトを閲覧したり、問い合わせをしたりするようなことは避けるようにしましょう。

周りで仕事をしている人たちに迷惑になりますし、転職先がまだ見つからない状況なのに会社から解雇されてしまう可能性もあります。そのようなリスクを避けるためにも、転職活動は職場では行わないようにし、自宅で調べるようにしましょう。

ライフイベントのきっかけに転職

ライフイベントのきっかけ

女性の転職は、結婚や出産がきっかけとなるケースが多々あります。職場恋愛で結婚した場合、片方が別の部署へ飛ばされることも多く、不慣れな仕事から転職を考えることが多くなるからです。

また、妊娠をきっかけに職場との折り合いが悪くなったというケースも少なくありません。男性の上司が妊娠の知識がなく、過剰に仕事を押し付けたり、急に休むことに威圧的になったりすることもあります。

マタニティハラスメントと呼ばれ、近年職場環境の中でも問題視されているのです。妊娠中はつわりや眠気など体調の変化が著しく、自分ではコントロールしにくい部分があることから、転職を考える女性も少なくないようです。

育児休暇の有無

育児休暇の有無

女性の転職として、妊娠をご紹介しましたが、育児休暇について理解がなかったことから転職を考える女性もたくさんいらっしゃいます。

育児休暇を取ることはどの会社にも義務付けられていることですが、ブラック会社では育児休暇を相談した途端、減給されたり解雇になったりするケースもあります。

出産して育児に専念しているあいだも、会社に籍を置き続けられる大切な制度ですから、妊娠中に会社の対応に疑問点があるという場合は、別の会社へ転職することも考えてみると良いでしょう。

ママに優しい会社選び

ママに優しい会社

育児休暇をもらい、めでたく会社へ復帰できるといっても、今までどおりに働けるというわけではありません。育児休暇は出してくれたけれど、会社に復帰したとたんブランクの差を大きく感じたり、周りの態度が一変したりしてしまうということもあるのです。

会社側としては、前と同じように働いて欲しいという希望が強いものの、現実的には育児と仕事を両立しているわけですから、無理が生じるのは当然です。育児を放棄することはできませんから、ままでも働きやすい環境が整っている会社に転職を考えてみてみましょう。

保育所付きの会社

保育所付きの会社

ママとなっても働き続けたいのなら、保育所付きの会社が安心です。まだ数は少ないですが、働いている間、子供の面倒を見てもらえますし、何かあった時にはすぐに駆けつけることができるので安心です。

また、会社帰りに保育所によって自宅に帰るという手間も省くことができるでしょう。

長く働きたいなら

長く働きたいなら

女性が転職を考えるなら、長く働き続けられる会社を選ぶことが大切です。女性は男性と違いライフイベントで環境が大きく変わっていきます。だからこそ、さまざまな環境の変化があっても働き続けられる会社を選ぶことが、重要なのです。

また、女性にとって転職のチャンスは男性に比べると多いとは言えません。年齢やキャリアなど、まだまだ女性にはたくさんのハードルが待ち受けているため、転職するならできるだけ早めに行い、確実だと思える会社に転職するようにしましょう。

そのためにも、転職先のリサーチは徹底して行い、転職サイトやクチコミなどもきちんとチェックしておくことが大切だと言えます。

まとめ

このように、女性の転職について幅広くご紹介しました。女性は結婚、出産、育児などさまざまなライフイベントにより働き続けることが困難になりやすいものです。だからこそ、どのような状況でも気持ちよく働き続けられる会社に転職することが大切になります。

働くことが大好きなら、自分らしく長く働き続けられる会社に転職できるようにしましょう。ライフイベントと仕事の両立は簡単なものではありませんが、両方を大切にすることができれば、あなたの人生はより充実したものになるのではないでしょうか。