確実に男心をキャッチする恋愛テク! キーワードは「心配だよー」と「ホッとしたよー」

 
確実に男心をキャッチする恋愛テク! キーワードは「心配だよー」と「ホッとしたよー」

「男は子ども」とか「すべての男はマザコン」という言葉をよく耳にします。それは、ほとんど真実と言っていいでしょう。男心をくすぐりながら自分に夢中にさせる、心理テクニックを紹介しましょう。

キーワードは「心配だよー」&「ホッとしたよー」です。


男は女に心配してもらうとうれしい

男は女に心配してもらうとうれしい

子どもっぽくてマザコンである男は、女性に自分のことを心配してもらうのが大好き。子どものころお母さんに心配された記憶が、いくつになっても深層心理に残されているのです。

恋愛対象となる女性に対しても、心の中で「心配してほしい」と思っています。ですから、女性としては、そこをくすぐるのです。
たとえば、「今日はちょっと疲れているみたいだけど、体調、だいじょうぶ? 心配だよー」など、体調や疲労に関する心配は特に有効といえるでしょう。

ほかにも、車でデートして家まで送ってもらい、彼がひとりで帰るといったシーンで、「運転、気をつけてね。いつもひとりになると、心配してるんだよー」といったひとことが、彼の心を刺激するはず。
その「心配」があまり過度になっては逆効果ですが、そうでない範囲では、意識的に「あなたを心配している」とアピールすることをおすすめします。

「これはNG」な心配の仕方

「これはNG」な心配の仕方

ただし、何でも心配すればいい、ということではありません。
女性が男性にしてはいけない「NGジャンル」があるのです。それは「仕事」と「人生」。男は仕事に関して、女性に首をつっこんでほしくない、と考えがち。特に恋愛期間は、自分を「できる男」に見せたいという心理が働いています。

ですから、女性から「仕事、だいじょうぶ?」とか「人間関係、うまく行ってる?」などと心配されると、男は冷めてしまいます。中にはそのひとことにキレる男性もいるでしょう。

同じように、将来のことなど、人生の根幹にかかわるようなことを心配するのも、タブーです。「できる男」を演じている彼にとって、「将来」は触れられたくない領域であることが多いのです。

心配のあとには「安堵」のアピールも

心配のあとには「安堵」のアピールも

ただ心配だけで終わらせるのではなく、そのあとで「ホッとしたよー」とか「ああ、よかった。安心したよ」、あるいは「心配させないでよ」といった、ちょっとしたフォローも有効です。

「私はあなたのお母さんみたいに、あなたを心配しているんだよ。でも、今はホッとしているから、安心して。また心配かけていいんだよ」というメッセージというわけです。

男は自分が鈍感なくせに、女性には細やかな心配りを求めるもの。そういう男には、繊細な「アフターケア」がうれしいのです。

要するに、男の子どもっぽさやマザコン心理をうまく利用すれば、男はあなたに夢中になるということ。「手のひらで、やさしく男をあそばせる聖母」になることが、最高の恋愛テクなのです。