彼氏が好きすぎる女子の彼氏に依存しない10のポイント

 
彼氏が好きすぎる女子の彼氏に依存しない10のポイント

彼氏のことが好きすぎる!とてもいいことです。愛情深い女性は魅力的で、家族以外の他人を愛せるということはあなた自身もたっぷり愛情を注がれて育ってきた証です。彼氏のことを好きすぎるのはとても誇らしく思ってもいいことです。

しかし、あまりにも彼氏のことが好き過ぎると、彼氏に依存してしまっているのではないかと不安になることはありますか?

「もし彼と別れたら生きていけない!」と思いこんでしまうと、自分が自分じゃなくなってしまいます。彼氏にも重たい愛情をぶつけてしまうと、うざく思われ嫌われてしまうかもしれません…。

彼氏のことが好き過ぎる今、どうやって彼と向き合えばいいのでしょうか?彼に依存しないためにも、好きすぎる過ぎる時の付き合い方のポイントを伝授します!


好きすぎるからこそ…言葉にするのは控えめに!

好きすぎるからこそ…言葉にするのは控えめに!

彼氏を好きすぎる時って、どうしてもこのあふれ出る感情を彼に伝えてわかってもらいたいと思ってしまいますよね。会うたびに彼に「好き」「愛してる」とぶつけてしまいがちです。

付き合った当初は彼もそれなりに応えてくれると思いますが、あまり愛情を言葉で言われ過ぎるとその感覚に麻痺して彼も「あなたが自分を愛しているのは当然」と思ってしまいます。

愛情を出し惜しみする必要はありませんが、言葉で伝えようとはせず態度や気遣いで彼に伝わるように挑戦してみてください。

彼に同じ度合いの愛情を求めてはだめ!

彼に同じ度合いの愛情を求めてはだめ!

あなたが彼に自分の愛情の大きさをわかってほしくて、彼に伝えます。彼はもちろん分かってくれるし、受け入れてくれますが、あなたほどの愛情を返してくれることは少ないです。

特に男性は愛情表現が下手で、あなたのことをどれだけ大切に思っていてもなかなか態度に表れないものです。そうなるとあなたは「私はこんなに愛しているのに!応えてくれない!」と悲しくなったり、ひどくなると彼を憎んでしまいます。その状態は絶対に回避しなくてはいけません。

愛情を与えた分、それ同等またはそれ以上を欲しがっていては真の愛情とは言えません。10個彼に愛情を与えたと思ったなら1個返してくれたらいいなというくらいの気持ちを持つことです。

表面的には彼は1個しか返してくれませんが、その1個の内容はとても愛で溢れています。男性の愛情表現とはそういうものなので、しっかり覚えておいてください。彼の愛情表現が貧しくても卑屈にならないようにしましょう。

自分の判断を必ず持つ様に

自分の判断を必ず持つ様に

彼氏のことが好きすぎると、全て彼に合わせたくなりませんか?外食へ行ったら彼の食べたいもの、遊びに行く時は彼の行きたい場所等、判断の基準が全て彼になってしまうことがあります。

自分自身としてはそれで幸せなのです。彼が喜んでくれることが幸せですから。その気持ちはよくわかりますが、彼はあなたの子供ではありません。あなたと彼は対等でなくてはいけないのです。

いつもいつも彼に判断を委ねていたら、どんどん自分自身がなくなってきてしまいます。合わせている自分は楽ですが、彼は自分で決めなくちゃいけないストレスがかかり、「たまには自分で決めて」と思われます。しかし、自分で判断することをしなくなってしまっているのでなかなか自分で決められなくなります。

好き過ぎて「彼の意見が全て!」となる前に、好き過ぎても「彼はこう判断するけど自分はどうだろう?」という考えを常に持っていてください。自分が好きなもの、行きたいところ、やりたいことを彼に伝えることを5回に1回でいいので実施してみてください。

彼氏の予定に合わせ過ぎないこと

彼氏の予定に合わせ過ぎないこと

彼氏のことが好きすぎると、できれば毎日、24時間彼と一緒に居たくなりますよね。もともと入ってた予定もキャンセルして彼との予定を最優先していませんか?

彼と自分にとっては幸せでいいのかもしれませんが、その行動が自分と彼以外の他の世界を遮断してしまうことになります。周りとの関係を遮断してしまうと、自分や彼を客観的に見る場を失ってしまいます。

彼氏と会うのはとても重要ですが、たまには気の知れた友達と会って自分と彼氏の話や周りの恋愛事情を聞いてみてください。恋愛にはいろんな形があります。あなたのように「彼氏大好き!」じゃない友達がいてもいい感じに付き合っているカップルもいるでしょう。自分の恋愛観と照らし合わせてみるのも自分と彼を見つめることになります。

彼との関係のためにも、新しい風を取り入れよう!

彼との関係のためにも、新しい風を取り入れよう!

あなたは彼氏のことが好きすぎて、ずっと一緒に居たい。彼もそこまで交友関係が広い方じゃなく、あなたと一緒にいるのを望む。二人ずっと一緒に過ごすのはいいのですが、ずっと一緒にいると空気が滞ってしまいます。二人の空気、関係に動きが出てこなくなるのです。

別にいいじゃない?と思われるかもしれませんが、ずっと二人っきりでいるというのは狭い部屋で窓やドアを閉め切って暮らすようなものなのです。何ヶ月もそうやって過ごしていれば鬱屈した気分になりませんか?お互いの対象が自分しかいない、相手しかいなければ、空気は必ず滞ってしまいます。換気が必要です。換気をするには、お互い違う環境から空気を持ちこまなくてはいけません。

彼氏だけではなく、友達や家族、会社の同僚と過ごす、その気分や雰囲気を彼氏との時間に持ち込む。彼氏も同様に違う場所から空気を持ち込む、そうすれば二人で居ても空気が循環し息苦しい思いをしなくてもよくなります。空気が滞ってしまうと、小さなことでイライラしたり落ち込んだりしてしまいます。どうか、換気することの大切さをわかっていてください。

一人の時間を作り楽しもう

一人の時間を作り楽しもう

彼氏以外の人と接するのもいいですが、あまりにも気が乗らない相手と過ごすのは気分も良くありません。「やっぱり彼氏がいい」と思うのは良いことですが、彼氏の好きさを再認識すると他との付き合いが億劫になってくることもありますね。そういうときは、誰とも会わないことが吉です。できるだけ一人の時間を作るのです。

もちろん、メールや電話でのやりとりは全部無し。自分一人の空間で自分との対話をしてください。これは一人で悶々と考え込むわけではありません。リセットするイメージを持ってください。一人でお茶を飲んだり、本を読んだり、ゆっくり入浴したり。彼氏のことが大好きで彼氏ありきの生活をしていると、自分を見失ってしまうことがあります。

彼氏と一緒にいるときは、彼の幸せを考えることはとても大切ですが、自分一人でいるときは自分の幸せを考えるようにしましょう。自分を見失わないためにも、定期的に一人の時間をつくることは大切です。

いろんなことに挑戦しよう!

いろんなことに挑戦しよう!

彼氏が大好き。大好きな彼氏にはちょっとでも自分のことを好きでいてほしいですよね。だからこそ、彼氏と居る時間を少しだけ減らして自分のために時間を使うことも大切です。男性はきらきら輝いている女性が好きです。

今、やりたいことはありますか?あったら是非挑戦しましょう!自分の挑戦していることを、彼氏にも楽しく話してみましょう。

彼氏以外にも打ち込むものを持っていることで、気持ちが分散されます。もちろん、彼氏のことは大好きなままで結構です。だから、がんばれるというパワーをせっかくだから自分のレベルアップのために活用してみましょう。

そして彼氏にもいろんなことに挑戦してもらいましょう。恋人や夫婦はお互いを高めあうべきです。お互いの依存心を少なくすれば対等な関係を続けられるのです。

彼氏におもいっきり感謝しよう!

彼氏におもいっきり感謝しよう!

彼氏のことが大好きという状態、実は自分の欲に支配されやすい状態なのです。彼氏のことが大好きという感情を思い切り彼にぶつけてしまいがちなのです。大好きといく感情は素晴らしいですが、相手の気持ちも考えなくてはいけません。

愛情があるから相手に何をしても許されるなんてことはありません。彼氏のことが大好きで自分の欲に支配されてしまうと、彼を束縛したくなります。それは偏った愛情をぶつけている証拠ですよね。愛しているなら彼を尊重しなくてはいけません。

我欲に支配される前に、彼氏に感謝する心を忘れてはいけません。彼氏に感謝することで束縛したい心はましになります。彼氏がちょっと連絡を怠ったり、友達の誘いを優先しても、いつもはちゃんとしてくれていることを思い出してください。いつもちゃんとしてくれるから、できなかったときに怒るのではなく、いつもちゃんとしてくれることに気づくことを忘れないでください。

もし束縛したい気持ちになってしまったら?

もし束縛したい気持ちになってしまったら?

彼氏に上手く愛情が伝わらず、彼も自分の思う通りに愛情が返ってこなければどんどん悲しい気持ちになりますよね。そこで現れるのは彼氏を束縛したい気持ちです。好きな気持ちが大きいほど、彼氏にそばにいてもらいたいと思うのは自然です。

しかし、あまり束縛しすぎると彼もあなたの存在を重たく感じてしまい、どんどんあなたから心が離れてしまいます。悪循環で別れにつながる恐れもあります。それを食い止めようとさらにきつく彼氏にあたってしまうと歯止めがきかなくなってしまいます。

束縛したい気持ちが生じたとき、上記のように感謝をしても嫌な感情が溢れ出てしまうときの対処法なのですが、逆に連絡を絶つこと。そして眠ることです。気になって眠れない!と思いますが、携帯等の連絡の電源は切って睡眠を取ることに限ります。

人間は睡眠が不足すると心が弱くなってしまいそういうマイナスの感情に支配されやすくなります。睡眠をとることで思考は整理され無になり頭の混乱がおさまるでしょう。「寝よう!」と気楽に思えることがとても大切です。

もしかして、依存してるかな?と感じたら!

依存してるかな?と感じたら

どれだけ注意していても、やはり彼氏を好きすぎると周りが見えなくなってしまうものです。自分を振り返ってみてすでに彼氏に対して依存傾向が強い場合、どうしたら克服できるのでしょうか。依存しているかもと感じることがまず、依存しないことの第一歩です。多くの依存状態のカップルの場合、自分が依存しいるとは思っていないことが多いです。

一番効果があることは距離をあけることです。お互い一人でいる時間や他の人といる時間を多く設けることでお互いのあり方を考えることが一番ですが、「好き過ぎるのに離れるなんて無理」と思いますよね。彼氏を好きすぎる思いの半分、自分に注いで上げることです。自分のことを好きになるのです。

彼氏のことが好きすぎる反面、自分のことはどうですか?好きですか?好き過ぎていますか?多くの人は「彼氏のことは好き過ぎるけど、自分のことは嫌い」と思うでしょう。少しでも自分自身に愛情を注ぐ努力をしてみてください。すると依存状態は緩和されるでしょう。彼氏にも自分にも対等に愛情を注ぐことができるようになります。

最後に

彼氏を好きすぎることはいいことです。しかし一歩間違えれば「彼氏だけ」の生活に陥ってしまいます。自分と彼氏を両立させることでいい愛を育み、いい恋人関係でいられるのです。もし、彼氏を好きすぎると感じたら、いったん自分自身のことを優先する時間を作ってみてください。