「彼氏が怖い」その性格を丸くする方法

 
「彼氏が怖い」その性格を丸くする方法

「ワイルドなところに惹かれて交際をOKしたけど、いざ付き合ってみたらけっこう怖い人だった・・・」そんな悩みを抱えているのであれば、以下を参考にしつつ、彼氏の性格を丸い性格に変えてしまいましょう。

カンタンな工夫で男性の性格はコロッと変わってしまったりするので、ぜひとも実践してみてください。


丸くするポイントは「一途さ」にあり

丸くするポイントは「一途さ」にあり

彼氏が怖い・・・、という方はまず、その男性に好きな外見のタイプと好きな内面のタイプをとことん尋ねるようにし、そのタイプに近づくように努力するようにしましょう。

実際にその彼氏の理想の女性になることができなかったとしても、男性は自分の理想に近づこうと努力する女性を可愛いと思ってしまうものです。

一途に相手を思えば思うほど、相手は心が折れるようになり、コントロールしやすくなるので、まずはとことん一途な女性になるようにしましょう。

母の面や姉の面、友達の面や彼女の面を持つこと

母の面や姉の面、友達の面や彼女の面を持つこと

男性を魅了し、コントロールするためには、色々な面を持つことが重要です。料理上手になることで母の面をカバーし、時には「早く起きなさい」「そんなことをしてはダメなのよ」と諭してあげることで姉の面をカバーし、野球のルールを覚えたり格闘技に詳しくなったりすることで友達の面をカバーするようにすれば、その女性は男性から見て唯一無二の存在となります。

多面的な女性は受け口が広いように見れる傾向にあり、「怖い」と言われてしまいがちな男性から見て非常に魅力的なので、覚えておきましょう。

「一番言いたいこと」は言わない

「一番言いたいこと」は言わない

彼氏が喧嘩ばかりしていたり、暴力をしてきたり、怒鳴ってきたりすると思わず「喧嘩をしないで」「怒鳴らないで」と言いたくなるかもしれませんが、基本的に暴力的な男性というのは内面がデリケートで非常に神経質です。

言いたいことをそのままストレートに言ってしまうと、その言葉が予想以上に相手の心に突き刺さってしまいがちなので、言いたいことがあっても言葉通りに伝えないようにし、喧嘩をしたら包帯を巻いてあげたり、沈黙しつつ涙を見せたり、怪我が早く治るようにたんぱく質たっぷりの食事を用意したりといった「行動」で示すようにしましょう。

彼のお母さんに相談してみるという手も

彼のお母さんに相談してみるという手も

彼氏のことをよく知るためには、彼のお母さんに色々な相談をしてみることも重要です。彼のことを最もよく熟知しているのは母親ですし、お母さんは絶好の相談相手になってくれるはずなので、悩みごとはなるべく、お母さんに相談してみるようにしましょう。

もちろん、母親というのは娘息子を貶されていい気分になるものではないので、相談ついでに貶すのはタブーです。

感情的にならないことが最も重要

感情的にならないことが最も重要

恋人が荒れ狂っていると、思わず自分まで感情的になり、ヒステリーを起こしてしまうかもしれません。しかし、恋人に感情的になってほしくないのであれば、自分がまず模範となるべきですし、カッと怒りたくなったとしても、一度まずその怒りを沈めてから話し出すだけの余裕が必要なのです。

喜怒哀楽をストレートに表現しすぎてしまうようだと、洗練されているとは言いがたい案配になってしまうので、気をつけるようにしましょう。

狂犬だと思って接するように

狂犬だと思って接するように

同じ人間だと思って言葉を尽くして説得しても、相手の心は狂犬と同然だったりするので、全く意味を成さなかったりします。相手があまりにも凶暴な場合は「狂犬をなつかせるにはどうするべきか」をまず考えましょう。

どんな狂犬でも、餌を与え続ければ相手に気を許すようになります。手料理を食べさせ続ける、ということはかなり重要なので、覚えておきましょう。

肉料理を食べさせないように

肉料理を食べさせないように

肉料理や揚げ物は人の血をドロドロにしてしまいがちですし、アドレナリンなどが出やすくなるとその人の性格まで変わってしまいます。

美味しい魚料理や野菜サラダなどをマスターするようにし、「この世には肉料理よりも揚げ物よりも美味しいものがたくさんある」ということを教えてあげましょう。食生活が改善されるだけで、人の性格は大きく変わるものなのです。

長いスパンで付き合っていくように

長いスパンで付き合っていくように

周囲から「怖い」と評価されがちな男性というのは、相手に受け入れてもらえないことに尋常でないほどの恐怖心を抱いていたりします。

常日頃から「ずっと一緒にいたいね」「あなたがわたしのこと嫌いになるまで一緒にいさせてね」と伝えるだけで、相手の心は驚くほど癒やされます。何でも継続していくことが大事なので、すぐに相手が変わらなかったとしても諦めず、長いスパンで頑張って行くようにしましょう。

彼の周囲の人間から愛されるように

男性というのは「体面」を大事にする生き物なので、周囲の人から非難されるような行為は極力避けようとします。彼の周囲の人にとにかく気に入られるように、愛されるように努めれば、暴れることが難しくなり、彼はあなたのことをだんだん邪険にできなくなってくるはずです。

特に、彼のご両親に気に入られておくということはかなり重要なので、愛されるように努力するようにしてみてください。

暗記力が強いことをアピールすることも重要

暗記力が強いことをアピールすることも重要

怖い性格の男性というのは、相手に弱みを握られることをとことん避けようとするものなのですが、そういったタイプの男性が最も尊敬するのは「暗記力のある人」だったりします。

相手の過去の言動を悉く覚えていて、相手の言動が二転三転しているとすぐ気づくような女性は、怖い性格の男性からとにかく、大事にされます。

逆に、何でも忘れてしまうようだと「この人の言うことは聞くべきではない」と思われてしまいますし、言うことを聴いてくれなくなってしまうので言われたことはなるべくしっかり記憶するようにしましょう。

自分自身がまず丸くなるということ

自分自身がまず丸くなるということ

人間というのは一緒にいる時間が長い人から影響を受けるものです。丸く丸く過ごしていれば必ず、彼もその影響を受けて丸くなるはずなので、自分自身がまず丸くあることができるように努めるようにしましょう。

それができないようだと、彼も中々変わってくれないので、怖い男性を変えるには自制心を持つことがまず重要です。

彼に前科があることがわかってしまった場合

彼に前科があることがわかってしまった場合

喧嘩が多いタイプだと、過去に何らかの過ちを犯していることも考えられます。彼がもし、前科があることを告白してきた場合は、まず冷静に「そうなんだね」と聞き入れてあげるようにしましょう。

相手の過去についてついつい、口出ししてしまいたくなったり、怒りたくなったりしてしまうかもしれませんが、世の中には裏に複雑な事情のない犯罪などありません。

暴力を受けそうになってしまいそうになり、やむを得ず・・・という可能性もあるので、一方的に責めないように注意が必要です。

喧嘩っぱやい男性に困っている場合

喧嘩っぱやい男性に困っている場合

彼氏が喧嘩っぱやい場合は、「乱暴な人が嫌い」と伝えるだけでは余計に逆上してしまう可能性があります。

何を言うにしても、好きな女性から言われるのとそうでない女性から言われるのとでは雲泥の差があるので、まずは彼氏によりいっそう好かれるそうに努力してから、発言するようにしましょう。彼氏からあまり好かれていないような気がする方は、むやみに喧嘩を止めても逆効果です。

まとめ

世の中には、不良っぽい男性や暴力に走りがちな男性、サイコパス的な性格の男性など、ありとあらゆる「怖い男性」がいるのですが、こういった男性たちは女性のパワーで驚くほど変わるものです。

諦めずに働きかけていけば必ず、彼は変わってくれるので、諦めずに彼をサポートしていくようにしてみてください。