「彼氏を作るには」自分を変える為ポイントとは?

 
「彼氏を作るには」自分を変える為ポイント

『彼氏が欲しい』と言い続けているのになかなか良縁に恵まれない貴女。いつまでも同じ毎日を送っていては、いつになったら幸せな恋に辿り着けるのか分かりません。何かを変えないと恋は始まらないのです。

しかも、変えるべきは周囲ではなく、勿論あなたの事。貴女自身が変わらないと何も始まりません。彼氏を作る為のポイントを紹介します。


男受けする服装にチェンジしてみる

男受けする服装にチェンジ

まずは今まで好んできていた服装を見直してみましょう。その服装は何を重視して選んでいますか?男受け?楽ちんさ?流行もの?様々な理由があるでしょう。何も服装が悪いから彼氏が出来ないんだ、などと言うつもりはありません。しかし、一番手っ取り早く印象を変えられるのは服装なのです。

思い切って自分の子のみではなく、親しい友達、それも毒舌で言いにくいこともはっきり言ってくれる友人と買い物に行きましょう。

そこで貴女に似合う服装を一緒に見て貰うのです。この場合、店員さんは避けましょう。店員さんはどうしても自分の店の売り上げを上げたい、という思惑が絡んできますから、それが本当にあなたに似合っているかの判断基準としてはどうしても弱くなってしまうからです。

美容部員に相談してメイク改革

美容部員に相談してメイク改革

 

次にメイクを変えてみましょう。メイクが苦手な人・得意な人・好きな人、色々いると思います。しかし今回は、どなたも化粧品のカウンターに行きましょう。

それはどこの化粧品メーカーでも構いません。そこの美容部員さんに『あまり派手すぎず、でも印象に残るような顔立ちになりたい』と相談してください。そしてテクニックを教わるのです。

美容部員さんというのは、女性の顔を基礎から作り上げる事のプロです。もちろん崩れにくいメイクなんかも知っています。また相談事態にお金は発生しません。紹介された物の中から必要な物を買うだけで構わないのです。

大体美容部員さんは自社製の化粧品を使っていますから、それでメーカーの目指す顔立ち、というのは把握できます。出来るだけ派手でない、自然体で清潔感のあるカウンターを目指しましょう。

美容師さんに相談!髪形を変える

美容師さんに相談!髪形を変える

服装とメイクが変わったら、それに合わせて髪形を変えましょう。上手な美容師さんなら、お客さんの服装やメイクを見て髪形の提案をしてくれるはずです。この場合は女性の美容師さんよりも男性の方が良いかもしれません。

男性が思う髪形よりも、女性が思うそれの方が妙に挑戦的だったりするからです。好きな人がいるのなら、いっそのこと相手の男性の特長を話して、その人に合わせたような髪型を一緒に考えて貰うの良いでしょう。

話し方を変える努力をする

話し方を変える努力をする

話をする時、思い付いた事をパッと口に出すのではなく、一旦飲み込んで考えてから話すようにしましょう。そうする事で失言も大分避けられますし、ゆっくりとしたトーンで話す女性は思慮深く、また落ち着いた印象を与えられるからです。

友達と話すときは多少ガサツなことば使いでも良いですが、好きな人、またはこれから恋が始まるかもしれない男性の前で最初から巣を出す必要はありません。これは猫をかぶる、というのとは違います。そうではなく、女性としての嗜みだと認識しましょう。

生活に変化をつけてチャンスアップ

生活に変化をつけてチャンスアップ

毎日自宅と会社、もしくは学校の往復だけ、という女性は少なくないでしょう。そのルーチンワークのような毎日に変化をつけましょう。ジムや習い事に通うのもいいですし、そんなお金に余裕がない人は帰り道を変えるだけでもいいのです。

それだけで知り合える人数というのは膨らみます。特に習い事を始めた人は、例えそこに男性が居なくても、新しく知り合えた女性と友達になったりしているうちに、遊びや飲み会の回数が増え、それによりまた出会いのチャンスも増えるのです。

紹介したくなる女に変身

紹介したくなる女に変身

これまで『誰か紹介して』と頼むばかりだった人、それはもう金輪際やめましょう。今まで紹介して貰っていても恋には発展しなかった、それなのに何度も何度も壊れたテープレコーダーのように同じことを繰り返す人というのは、友達として付き合っていくのにも負担が生じます。

そのままん誰か友人力を当てにし続けていると、彼氏どころか友達すら失う事になりかねませんよ。人に頼むのではなく、『あの子に紹介してみよう』と思われるような、そんな女性を目指しましょう。

出会いの場に飛び込む

出会いの場に飛び込む

【婚活】など言う言葉が定着した現在では、その言葉の勢いを借りて相手を探しやすくなった人も言えれば、逆に『婚活している』という事が恥ずかしいと言おう人もいるでしょう。しかし恥ずかしがっていては駄目です。

【婚活】という言葉の元に様々なイベントが各地で開かれている今、それを利用しない手はありません。昔ながらの【お見合い】が恥ずかしいというのなら、市町村単位で催される【街コン】なんかだと敷居が低いでしょう。

まずは多くの男性と知り合える機会を求める事、それも人の紹介を当てにするのではなく、自分から参加表明をして動く事。こちらの方が出会いを前向きにとらえて発展しやすくなります。

白馬の王子様を求め過ぎない

白馬の王子様を求め過ぎない

 

誰しも理想の男性像というものはあるでしょうが、最初から多くを望み過ぎない事、これも鉄則です。

『顔、仕事、年収、次男、服装…』などなど最初からハードルを高く設定する人がいますが、貴女自身はその設定された男性に見合うだけの条件を揃えられる女性なのでしょうか?

相手に多くを求められる人、というのは自身にもそれなりの価値がないといけません。また折角出会いがあっても、理想項目の多い人というのはそのどれか1つでも引っ掛かりを覚えると、自分の心にシャッターをしてしまいがちです。もっと門戸を広くして、様々な人に出会って沢山の事を知る事で始まる恋もあります。

時には思い込みも大切

時には思い込みも大切

それでもどうしても彼氏が出来ない人は、次の人には○○する、と決めてかかりましょう。○○は『携帯のアドレスを聞く』でもいいし『15分以上話す』でも構いません。

とにかく相手に興味を持つ、という事を最初から決めてかかるのです。その方が、それまで手前ではねのけていたような人でも思わぬ魅力を知ることが出来たりします。

また、その彼とは何も始まらなくても、彼と友達になればそれを通じて知り合える男性という付加も付いてきます。人間関係は枝葉のようなものです。これは駄目、と決めてかかったその先の葉っぱには出会えませんが、友人を増やしていくことで出会える葉っぱもあるのです。

待つだけの女は卒業すべき

待つだけの女は卒業すべき

 

最終的に恋が始められたとします。そうなった時、相手からの告白をいつまでも待つのはやめましょう。『告白は男から』なんてこだわりは捨てませんか?スタートを切るのは、男女どちらでも構わないのです。貴女が彼の事を好きなのなら『好き』とちゃんと伝えましょう。

結果上手くいかなかったとしても、次の恋に向かう心構えが出来ます。相手の気持ちを推し量るような真似ばかりして気持ちを持て余しているのは時間が勿体ないだけ。上手くいってもいかなくても、告白には前向きな力があります。

だれにも渡したくないと思えるほど好きな人に出会えたのなら、その気持ちは伝えた方が幸せな未来へと繋がりますよ。

まとめ

ポイントを挙げてみましたが、やってみようと思えるポイントはありましたか?ここで『何もなかった』と答えた貴女、貴女に彼氏が出来るのは遠い未来の話になるでしょう。

自分の事は変えたくない、でもいつか白馬の王子様がやってきてくれる、そんな事を言って良いのはグリム童話を読んでいる小学生まで。自分を掛ける為の覚悟も出来ないのなら『彼氏が欲しい』などと軽々しく口走るのはやめましょう。

この広い世の中で、恋に落ち結婚し、子供を授かる女性がいる、それはその女性の努力合っての事なのです。上記全てをこなせ、とは言いません。しかし、彼氏が欲しいと本気で願うのなら、思うだけでなくまずは1つでも、行動に移してみませんか?