浮気調査の方法!依頼する前の流れ・確認事項

 
浮気調査の方法!依頼する前の流れ・確認事項

大好きな彼氏が、信頼していた夫がもしかしたら浮気をしているかもしれない。そんな気持ちに陥った経験はないでしょうか?人は一度や二度は、相手の浮気を疑うものです。しかしその浮気が真実であるかどうかはわからないことでもあります。そこで、真実を見極めるためにも、浮気調査を行ってみてはいかがでしょうか。浮気調査ではどのようなことを行うのか、また浮気調査による影響など、幅広くご紹介していきましょう。


1.浮気の定義とは?

相手が浮気をしているかもしれないと感じ、浮気調査を依頼する前に、まずは浮気の定義について確認しておきましょう。実は浮気という言葉は曖昧で、人によって認識が全く違います。異性と手をつなぐだけで浮気だと断定する人もいれば、一緒に食事をしただけでアウトという方もいらっしゃいます。それぞれの浮気の定義により捉え方は違うものの、依頼者が浮気だと断定すれば、それは浮気だと言えるでしょう。

浮気調査の方法!依頼する前の流れ・確認事項

2.浮気調査のしやすさ

浮気調査を依頼するタイプの方には2通りあります。ひとつは、浮気しているかもしれないからと自分で調べた結果、怪しい要素が多いことから、本格調査を依頼するタイプ。もうひとつは、浮気をしているかもしれないが、もしかしたら気のせいかもしれない、真実を知りたいから浮気調査をして欲しいというタイプです。どちらも浮気調査を依頼していることに変わりはありませんが、浮気調査のしやすさには大きな違いがあります。

この場合、自分で浮気調査を行ったタイプの人のケースは、浮気調査をしにくいと言えるでしょう。自分で行動してしまったことが相手にバレている場合、警戒心があるので浮気調査の有無に敏感になります。結果的に多くの人員が必要になったり、長時間の浮気調査が必要になるため、コストがより多くかかってしまいます。スムーズに浮気調査をしてもらいたいのなら、個人の判断で調査せず、プロに任せることをオススメします。

3.浮気調査の実態

では、実際に浮気調査を依頼したら、具体的にどのように調査を進めていくのでしょうか。まずターゲットとなる恋人や夫にどれくらいの期間調査を行うかを決めていきます。次に、浮気調査員の人数です。人数が増えれば増えるほどコストは高くなりますが、出入り口の多い建物に勤務していたり住んでいたりすると、どうしても見落としてしまう点が出てきてしまうでしょう。依頼された期間で浮気調査を行い、得た情報を資料にまとめて提示してくれます。

浮気調査が初めてという方は、相談するのに抵抗感があったり、費用を気にする場合もありますが、初回相談を無料に設定しているところも多いので、安心して浮気調査について相談することができます。

4.バレないか心配

浮気調査は、基本的にターゲットとなる彼氏や夫の素行を中心に観察し、記録していきます。どのような人物と頻繁に会っているか、その人物はどのような人なのかを調べていきます。ただ、毎日のように浮気調査をしていると本人に顔を覚えられたり、周囲の人たちにバレてしまうということが気になるでしょう。少ない調査員の数だと、顔がバレやすいというデメリットはありますが、ローテーションで浮気調査を行っているため、よほどのことがない限り顔で判断されることはないでしょう。

浮気調査の方法!依頼する前の流れ・確認事項02

5.浮気調査の結果

浮気調査を依頼して、調査期間が終了したら、その内容をまとめたものを依頼者に提示してくれます。この時、度々浮気調査の内容を見ることに躊躇する依頼者もいます。浮気調査を依頼しているのですから、実態を知る必要があります。しかし、真実を知ってしまえば、元の関係性に戻ることは容易ではありません。だからこそ、浮気調査の結果を見ることを躊躇してしまうのです。

6.浮気していた場合

浮気調査を依頼して内容を確認したところ、やはり相手は浮気をしていた。事実の結果としてそこにある内容から目を背けることはできません。知ったからには覚悟を持って決断する必要があるでしょう。一度目の浮気は許すと、知らないフリを通す方もいらっしゃいますが、大半が離婚へと進んでいきます。

離婚する場合、浮気調査で得た証拠は立派な裁判資料となります。慰謝料請求を行いたい場合は、浮気調査の証拠が有利に働きますので、しっかりと押さえておくようにしましょう。

7.裁判による浮気に定義

最初に、浮気は個人によって認識が違うとご紹介しました。確かに、どこまでの範囲が浮気か、そうでないかを判断することはとっても難しいと言えます。ただ、法律においては離婚材料として浮気が認められています。例えば、日本における法律では、浮気は不貞行為にあたります。パートナー以外の人と肉体関係を持つことが、浮気と位置づけられ慰謝料請求に値するのです。浮気調査では、ラブホテルから浮気相手と出てくる様子や、小旅行などわかりやすいシ

チュエーションで写真を抑え、資料として裁判所に提出します。裁判で争う場合は弁護士に依頼すると良いでしょう。浮気の分野で裁判に強い弁護士を選ぶことで、高い確率で慰謝料を請求することができます。

8.浮気ではないケースもある

浮気調査を依頼すると、全ての依頼で浮気が発覚すると考えられがちですが、実際には思いすごしであったということも多々あります。たとえば、恋人との時間が急に少なくなり、連絡もあまり取れなくなったことから、不安に思い浮気調査を依頼したケースがありました。しかし浮気調査を進めてみると、浮気の影も形もありません。結果的に彼は婚約指輪を買うためにこっそりとアルバイトを始め、それが原因で連絡が付きづらくなっていたと判明したのです。このようなケースもあるので、一概にすべてが浮気であるとは言い切れません。

浮気調査の方法!依頼する前の流れ・確認事項03

9.浮気調査の秘密

浮気調査を依頼したいけれど、調査したことがバレないか不安と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし秘密が漏れる心配は一切ありません。なぜなら素人の調査とは違い、きちんとプロの調査員が浮気調査を実行しているからです。

チーム編成で調査をしていることから、周囲にバレルこともありませんし、個人情報が関係者以外に漏れることもありません。徹底的に秘密主義を貫いているからこそ、秘密のまま浮気調査を実行することができるのです。下手に友人や同僚に相談するよりも、初対面のプロの方に任せた方がずっと安全で問題の解決も早いと言えます。

10.浮気調査の覚悟

浮気調査は、プロが行うので徹底的に行ってくれます。浮気をしているかもしれないという疑惑に結論を出してくれます。ただ、調査の原因を受け止める覚悟がないという方は、調査を控えておくべきだと言えます。勢いで浮気調査を依頼したものの、本当に浮気をしていたことが発覚してそれを受け入れられないというケースがあるからです。

離婚したくはないという気持ちが根底にあるものの、浮気の事実が確定してしまったことから許せないという感情が治まらないという状態になってしまいます。このような場合、浮気調査を依頼した本人が最も辛くなってしまいます。こうなるなら、浮気調査を依頼しなければ疑惑程度で済ませることができるのです。場合によっては、知らないことが良いということもあるのです。このことから、浮気調査を依頼する場合、最悪の状態を想定して実行するようにしましょう。

まとめ

このように、浮気調査の実態についてご紹介しました。もしかしたら浮気をしているのかも?という疑惑は、時に勘違いから生じることもあります。まずは、疑うのではなく信じることから始めましょう。それでも不安が払拭できない場合は、覚悟を持って浮気調査を依頼してください。

プロの浮気調査なら、確実に結論を提示してくれるはずです。