浮気の証拠はこうして集める!ポイントを押さえて今すぐ調査!

 
浮気の証拠はこうして集める!ポイントを押さえて今すぐ調査!

恋人のことは最大限に信じたい。でも、どうしても浮気を疑ってしまうことってありますよね。しかし、「浮気をしているよね?」と訪ねても「浮気なんかしていない」と返されることは目に見えています。

もし、あなたが浮気をしていると確信を持っているのなら、話し合いの時にはまずは浮気の証拠を掴んでおく必要があるでしょう。そのためにも、浮気の証拠をどのようにして掴むのか、ご紹介していきたいと思います。


浮気とはどのような行為か?

浮気について

浮気の証拠を抑える前に、まず確認していただきたいことがあります。それは「あなたにとって浮気とはどのような行為を指しますか?」ということです。

これにより浮気の証拠をどのようにして抑えるかが変わってくるでしょう。ひとくちに浮気といっても、その幅はとても広いものです。個人によって浮気に対する考え方が異なるからこそ、何を持って浮気と考えるかを明確にしておく必要があるのです。

カップルの浮気、夫婦の浮気

カップルの浮気、夫婦の浮気

浮気の定義は、個人により考え方が異なりますが、大まかに分けるとカップルの浮気と、夫婦の浮気では責任の取り方が変わってきます。

例えば、同じ浮気でもカップルなら別れて終わりですが、夫婦の場合は離婚届を出さなくてはなりません。また、浮気の程度によっては慰謝料請求が執り行われる場合もあるでしょう。

しかし、いずれにせよカップルであっても、夫婦であっても浮気がお互いを傷つけてしまう行為であることには変わりありません。

浮気の証拠の取り方

浮気の証拠の取り方

パートナーの浮気を疑うなら、浮気の証拠を掴む必要があります。

しかし、浮気の証拠を掴む場合において、ひとつ注意していただきたい点があります。それは、「あなたが浮気の証拠を掴もうとしていることを、相手に感づかれないようにする」ということです。

浮気の証拠を必ず掴みたいと、派手な行動を取ってしまっては、相手は気づいてしまい浮気の証拠を隠そうとしてしまいます。また、浮気をしていなかったとしたら、疑われたことに不信感を抱くことになるでしょう。

いずれにせよ浮気の証拠を掴もうとしていることがバレることに、良いことなどひとつもありません。だからこそ、細心の注意を払って浮気の証拠を探していく必要があるのです。

身近な証拠 スマホ、携帯電話

身近な証拠 浮気の証拠をつかむ上で、最も身近でたくさんの情報が詰まっているものがあります。

それがスマホ、携帯電話です。携帯電話には、パートナーが誰とどのように連絡を取り合っているのか、一目瞭然で知ることができます。電話の着信、メールのやり取り、写真データなどあらゆる部分を調べることができます。

もし、簡単にパートナーの携帯を見ることができる状況なら、チェックした上で自分の携帯やデジカメでその表示された画面を写しておくようにしましょう。撮影した時間も一緒に記録できれば、たとえパートナーが携帯のデータを消去したとしても、確実に証拠が手元に残るからです。

浮気をしている場合、スマホ、携帯電話のデータは消去している可能性が高いので、見つけたときはすぐに保存しておくことが大切です。

ロックがかかっている場合

ロックがかかっている場合

スマホ、携帯電話にはたくさん浮気の証拠が詰まっていますが、チェックしようとしてもロックがかかっている場合があります。しかし、ロックがかかっているということは、何かしら見られたくないことがあるということです。

浮気をしている確率が高いと言えるでしょう。しかし、ロックを無理やり解除させるようなことはしてはいけません。また、パートナーにロックの解除や質問をするのはやめておきましょう。

相手が自分の携帯を見ようとしていると、よりガードが硬くなってしまいます。

クレジットカードの明細

クレジットカードの明細

携帯電話での浮気の証拠集めが不可能な場合は、クレジットカードの明細をチェックしてみましょう。

明細が書類で届くようなら、簡単にチェックすることができます。しかし、無断で封筒を開けてチェックしては、再び怪しまれてしまいます。可能なら、夫がチェックしたあとに実行するのが良いでしょう。

どこで何を購入しているのか、どんな場所で食事をしているのかを見ると、浮気をしているかしていないかの予想がつきやすくなります。プレゼントされた覚えのない品物を購入していたり、普段行かないエリアで2人分ほどの食事を払ったりしている場合、浮気の証拠として成立しやすくなるので、コピーしておきましょう。

ただ、几帳面な性格のパートナーの場合、明細をチェックし終わったら細かくシュレッダーにかけて処分してしまうこともありますので、その場合は無理にチェックしようとしないことが大切です。

浮気を追跡するときは注意が必要

追跡に注意

浮気の証拠をつかもうと、追跡してどのような人と会っているのか突き止めようとする人がいますが、パートナーにバレてしまう可能性が高いため、できればプロにまかせたほうが良いでしょう。

自分で追跡しようとすると、周囲から目立ってしまったり、ちょっとした不注意であっと言う間にボロが出てしまったりします。しかし、探偵や興信所などのプロに任せれば、顔がバレていませんし、周囲に溶け込んで追跡調査できるので、安心です。

特に、夫婦での離婚を前提に浮気の証拠を集めている場合は、プロに頼んで確実な浮気の証拠を掴んできてもらうほうが、確実です。

離婚で有効な浮気の証拠とは

離婚で有効な浮気の証拠

夫婦の間で浮気が発生すると、裁判沙汰へと発展する可能性があります。

まず、別れるためには離婚届が必要ですし、お互いの意志が離婚という判断で合致していなければ、提出することはできません。しかし、もし相手による浮気の証拠を持っていたとしたら、相手が浮気に応じていなくても裁判の判断で離婚を勝ち取ることができるのです。

だからこそ、本当に離婚したいなら浮気の証拠は絶対用意しておくべきだと言えます。

裁判で認められる浮気の証拠

裁判で認められる浮気の証拠

夫婦の間で浮気が発生した場合、浮気の証拠があれば離婚することができます。

ところで、裁判で認められている浮気の証拠には、一体どのようなものがあるのでしょうか。まず、浮気の証拠として決定的なのが、ラブホテルや旅館などから浮気相手とパートナーが一緒に出てくる写真です。

また、二人で肩を寄せ合っていたり、キスをしたりしている写真なども有効的です。さらに、パートナーの行動を示している日記やメモなどがあると、さらに判決は優位に働くでしょう。

慰謝料請求も可能

慰謝料請求も可能

夫婦で離婚する場合、浮気をしたパートナーに対して慰謝料請求することができます。また、親権においても勝ち取りやすいですし、養育費や生活費の支払いにおいても、こちらに優位になりやすいと言えるでしょう。

どうしても親権だけは譲りたくないという場合は、裁判で争う材料として、浮気の証拠を準備しておくことをおすすめします。

 まとめ

浮気の証拠の掴みかたについて幅広くご紹介しました。浮気はカップルであっても夫婦であっても、絶対にしてはいけない行動です。しかしもしパートナーが浮気をしているかもしれないと感じ、浮気の証拠を掴みにいく場合、実際には半信半疑で調べることになると思います。

パートナーを信じたい気持ちと、浮気を疑う気持ちで、揺れ動きながらの行為になるでしょう。もしパートナーが浮気をしていたとしたら、間違いなく今までの関係性は一度崩れます。

浮気の証拠を掴む時には、最悪の事態を想定し、覚悟を持って行うようにしましょう。中途半端な気持ちでは、かえって自分が傷つくことになります。このような心構えを持った上で、バレないよう細心の注意を払って浮気の証拠を掴んでくださいね!