紹介結婚の仕方!友人知人からの紹介~出会い~結婚まで

 
紹介結婚の仕方!出会い~結婚まで

いい人となかなか出会えない、少しでも早く結婚したいから確実に良い人と巡り会いたい。そう思うのなら、紹介結婚をしてみてはいかがでしょうか。

紹介というと堅苦しく、古臭いイメージやがあるかもしれませんが、結婚相手として出会うなら最短ルートの方法なのです。

紹介結婚ではどのような流れがあるのか、また紹介結婚をうまく成立させるポイントなど、幅広くご紹介していきいましょう。


まず紹介相手、紹介してもらう人相手を探す

まず紹介相手、紹介してもらう人相手を探す

紹介結婚は、大まかに分けて3つの方法に分けられます。ひとつは親から紹介相手を探してきてもらうパターン。

もうひとつは上司や友人などにセッティングしてもらうパターン。

そして最後は紹介やお見合い結婚を専門とする相談所に登録し、サポートしてもらうパターンです。

知っている人からの紹介 親、上司、友人

知っている人からの紹介 親、上司、友人

親や上司、友人からの紹介の場合、共通の知り合いがいることから安心して紹介することができます。あなたの人柄をして知るからこそ、この人がいいのでは?とイメージして紹介をセッティングしてくれるため、意気投合しやすいのが特徴です。

ただ、親の場合は娘の立場だけでなく親としての立場も考えて紹介結婚を勧めてくるため、タイプではない人を紹介される場合があります。

また、上司や友人からの紹介においても、断りづらいという面があるでしょう。お互いの気持ちが不一致なら問題ありませんが、紹介された人が乗り気だった場合、上司や友人から説得される場合もあるので、リスクも伴っていることを心得ておきましょう。

プロの相談所で紹介してもらう

プロの相談所で紹介してもらう

一方、紹介やお見合い結婚を専門とする相談所では、希望条件に当てはまった人を優先に紹介してくれるので、結婚相手にリアルに求めたいことを突き詰めることができます。年齢、年収、身長、容姿、学歴など自分が何を結婚相手に求めたいのか知ることで、自分自身の価値観も見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

結婚専門の紹介、相談所には、プロのアドバイザーがいるので、紹介に対するアドバイスや、結婚観についてのアドバイスなど幅広くサポートしてくれるので安心です。

ただ、いくら条件に当てはまっていても全く繋がりのない人物を紹介することになるため、不安を感じることも少なくありません。相談所により、登録されている人たちの雰囲気も違いますので、自分にあった信頼の置ける相談所を選ぶようにしましょう。

紹介で注意すべき点

紹介、お見合いで注意すべき点

紹介結婚では、初対面が肝心になります。第一印象で「この人!」と思う場合もあれば、「絶対にこの人はありえない」と思う場合もあるので、身だしなみはきちんと整えておきましょう。

派手なメイクやネイルは避け、アクセサリーや時計、バックなども控えめなものを選ぶことが大切です。紹介ではお茶を飲んだり、食事をしたりすることが多いので髪がバサバサ動かないよう、まとめておくのもオススメです。

会話について

会話について

紹介結婚では、予めお互いのデータが知らされていることがほとんどです。

しかし、知っている情報であってもきちんと伺い、相手の話に耳を傾けるようにしましょう。ただ、できるだけ早く打ち解けたいからといって初対面からいきなりタメ語で話すことは避けましょう。

あくまで初めてお会いした人ですので、丁寧な言葉づかいで話していくことが大切です。初対面をきちんとできない人は、ほかのことに対してもだらしないと思われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

嘘は言わない

嘘は言わない

紹介結婚でありがちなのが、プロフィールを勝手に変えてしまうということです。相談所に登録すると、年齢によりはじかれてしまうことがあるため、実年齢より低く言ってしまうことがあります。

しかし、嘘は必ずバレてしまうものですし嘘をついたまま紹介を進めてしまうと、せっかく意気投合してきたのに信頼が一気に崩れてしまいます。

そのようなことを避けるためにも、年齢や職業、学歴などは詐称しないようにしましょう。

質問攻めにしない

質問攻めにしない

初対面の人だと、どんな人なのかわからないことだらけですよね。しかし、だからといって質問攻めにするようなことがないようにしましょう。

ひとつ質問が終わるたびに別の質問を投げかけるなど、途切れずに質問してしまうと相手が窮屈に感じてしまうからです。

紹介はお互いを知るための時間ですので、相手が質問に答えたら、自分についても話すようにしましょう。ゆっくりと会話を楽しめることができれば、お互いに居心地の良い相手として受け入れやすくなります。

なにげなく家族構成を聞こう

なにげなく家族構成を聞こう

紹介結婚では、結婚を前提として男女が出会います。ですから初対面の印象が良いだけでは結婚へ突き進むことはできません。

家同士のお付き合いにもつながるわけですから、家族構成や職業などもきちんと伺うようにしましょう。家族について話す様子を見ると、自ずとどんな家庭で育ってきたのか伺い知ることが出来るでしょう。

初デートはどうする

初デートはどうする

紹介して、意気投合したなら次はデートに繰り出しましょう。最初の紹介では仲介人がいますが、次はふたりきりになるため、また新たな一面が見えてくるはずです。

最初のデートは、長くしすぎないように注意するのがポイントです。ランチやディナーなど、食事を挟むと良いでしょう。どんな街が好きか、普段どんなものを買っているかなど、ウィンドウショッピングをしながら話してみると、経済状況やお金の価値観などを伺い知ることができます。

デートをしてみて好印象なら、次のデートを約束し、何度か回数を重ねていきましょう。

小旅行で急接近する

小旅行で急接近する

何度かデートを繰り返して、距離が縮まってきたなと感じたら、次は日帰りの小旅行を企画してみましょう。遠方に一緒に行くことで思い出を共有することができますし、街では見られない違う一面も知ることができます。

できれば、手作りのお弁当を持参してみるのもオススメです。好物の食べ物を聞いてお弁当に入れたり、自分の得意料理を入れたりしておけば、家庭的だと思ってもらえるはずです。

結婚はいつ決める、どのタイミング?

結婚はいつ決める、どのタイミング?

紹介してもらいデートを重ね、小旅行まで行ったなら、お互いの価値観や性格などはある程度見えてくるでしょう。2~3ヶ月ほどしたら、一度結婚観について話し合ってみるのもひとつの方法です。

デートでは楽しくても、実際に描いている結婚観が全く違えば、一緒に暮らしていくにはハードルが高すぎるからです。お互いの結婚観が合致していれば、結婚までの流れも急加速で進んでいくでしょう。しかし、もし結婚観が違う場合や、デートを重ねてもいまいちピンと来ないのであれば、潔くお別れするのも大切です。

紹介結婚では、結婚を前提にしているからこそシビアに判断していく必要があります。単なる男女の出会いではないからこそ、きちんと判断する気持ちが大切なのです。

まとめ

紹介結婚について幅広くご紹介しました。紹介結婚は、相手を100%知らないうちに結婚する部分があります。

しかし、長く付き合ったからといってお互いの全てが分かり合えるわけではありません。5年付き合ったカップルが結婚の話をきっかけにギクシャクして別れる例もたくさんあるのです。

しかし、紹介結婚では結婚を前提として出会うため、未来の話をしやすくなります。またお互いを知らないからこそ、知る努力をしたり、価値観をすり合わせようとしたりするため、夫婦生活もうまくいきやすくなります。

周囲のサポートをたくさん受けることができる紹介結婚なら、効率よく素敵なパートナーに巡り会い、幸せな結婚生活を手に入れることができるでしょう。