二日酔い解消方法と直し方!症状別対処方法

 
二日酔い解消方法と直し方!症状別対処方法

忘年会やクリスマスパーティー、新年会、歓送迎会に合コンなど、飲む機会は山ほどあります。楽しい時間を過ごしたものの、ついつい飲みすぎて翌日二日酔いに苦しんでしまうという方も多いのではないでしょうか。

楽しいお酒を楽しいままで終えるためにも、一刻も早く二日酔いは解消したいものです。そこで、二日酔い解消方法や、直し方について幅広くご紹介していきましょう!


二日酔いになる原因

二日酔いになる原因

ひとくちに二日酔いといっても、その症状の出方はさまざまです。吐き気を感じる二日酔いもあれば、頭がズキズキと痛む二日酔いもあるでしょう。

全身にだるさを感じたり、筋肉痛になったり、下痢や食欲の低下が見られる方もいらっしゃいます。お酒の量や体質などにより、二日酔いの出方は人それぞれです。

また、それぞれの症状の原因となっているものにも違いがありますので、適切な二日酔い解消方法を選択するためにも、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

吐き気が強い場合

吐き気が強い場合

 

二日酔いとして多くの方が経験する吐き気から見ていきましょう。吐き気の二日酔いは、アセトアルデヒドやメタノールが影響しています。

また、脱水症状や低血糖、胃酸過多なども吐き気につながる原因です。吐き気の二日酔いを解消するためには、何を行うべきか具体的にご紹介していきましょう。

水分補給と栄養補給

吐き気の二日酔い解消には、何はともあれ水分補給が必要不可欠です。アセトアルデヒドやメタノールの影響を緩和し、胃を保護するためにも水分補給は必要不可欠なのです。

吸収率の高いスポーツドリンクを少しずつ飲んでいきましょう。また、少し胃が落ち着いてきたら、温かいお味噌汁や、ホットミルクを飲むのがオススメです。胃酸過多を緩和させ、保護してくれるので吐き気を緩和させてくれるでしょう。

お味噌汁にしじみを入れると、アセトアルデヒドの分解に役立ちます。また、黒ゴマをホットミルクに投入するのもオススメです。

頭痛の二日酔い

頭痛の二日酔い

吐き気の次に、二日酔いの症状として多いのが頭痛です。頭がズキズキと割れるように痛み、思うように動けないという方も多いのではないでしょうか。

頭がズキズキと痛むのは、アデノシンと呼ばれる物質が主な原因です。アデノシンには血管を拡張させる作用があるため、お酒を飲み続けることで血管が広がり続けた結果、炎症を起こして頭をズキズキさせてしまうのです。

では、アデノシンに有効な二日酔い解消方法には、どのようなアプローチがあるのでしょうか。

血管を収縮させよう

頭痛の二日酔い解消の原因は、血管を拡張させるアデノシンです。血管が拡張して痛みが生じるのですから、血管を収縮させて解消していきましょう。

頭痛の二日酔い解消に有効的なのは、コーヒー、ホットミルク、頭痛薬です。コーヒーにはカフェインが含まれており、血管を収縮させる作用があります。コーヒーが苦手という方は、抹茶や煎茶、紅茶などを飲んでみると良いでしょう。

コーヒーなどカフェインを含む飲み物には利尿作用があるため、体内に溜まったアデノシンなどを体外へ排出してくれる作用もあります。

また、ホットミルクに含まれるセロトニンにも、血管を収縮させる作用があるため、頭痛の二日酔い解消に役立ってくれるでしょう。胃の調子が優れないという方は、コーヒーとホットミルクを混ぜてカフェラテとして飲めば即効性があると言えます。そして、それでも頭痛が解消されないというときは、頭痛薬を飲んで痛みをブロックすることも大切です。

全身のだるさや筋肉痛

全身のだるさや筋肉痛

頭痛がしたり、吐き気を伴うほどの二日酔いになったりはしないけれど、全身にだるさや筋肉痛が出るという方もいらっしゃいます。

一見二日酔いとは関係のないように思いますが、これも立派な二日酔いです。いつもとは違う体調になっているのですから、お酒は確実に身体に影響していると言えるでしょう。では、全身のだるさや筋肉痛の二日酔いはどのように解消していくのか、見ていきましょう。

酸素、水分、栄養の補給

全身のだるさや筋肉痛の二日酔い解消には、スポーツドリンクやジュース、おかゆなどがオススメです。体内の水分と栄養が減少すると、必要な栄養があちこちから奪われるため、脳にも栄養が足りなくなったり、酸素不足に陥ったりするので、必要な栄養をどんどん吸収していきましょう。

スポーツドリンクなら効率よく水分補給することができますし、果物や野菜ジュースなら手軽に糖分と栄養を補給することができます。

おかゆも、水分と一緒に栄養を補給することができるので、効率的だと言えるでしょう。おかゆに塩昆布や梅干などを加えると、塩分やミネラル、疲労回復のクエン酸も摂取できるのでオススメです。

軽度の二日酔いならシャワー

軽度の二日酔いならシャワー

二日酔い解消方法として、飲んだり食べたりすることを中心にご紹介しましたが、その他にも直し方はあります。例えば、軽めの二日酔いであれば、熱いシャワーを浴びてみましょう。

熱いシャワーを全身にかけることで、血流が促進されて二日酔いの原因となっているさまざまな物質を体外に排出しやすくなります。また、だるさや筋肉痛も緩和しやすいですし、気持ちもシャキっとするのでオススメです。熱いシャワーは冬の場合、急に浴びると身体に負担となることもあるので、足から徐々に全身へと広げていくと安心です。

また、最初はぬるめのシャワーに設定しておき、身体がシャワーの温度に慣れてきたら、徐々に温度を上げていくと良いでしょう。頭からたっぷりと熱いシャワーを浴びれば、生き返ったような気持ちになるはずです。

軽い運動

軽い運動

軽度の二日酔いなら、身体を動かすことでも解消することができます。ストレッチをしたり、近所をウォーキングしたりすることで、身体の血流を促進させ、有害な物質を早く体外へ排出することができるからです。

原理としては、熱いシャワーと同じですが、外の空気を吸うだけでも気分は大きく変わるでしょう。休日の朝に二日酔いになってしまったのなら、熱いシャワーを浴びて、ストレッチをし、散歩がてら近所のカフェに温かいカフェオレを飲みに行けば、午後にはすっかり回復しているでしょう。

重い二日酔い

重い二日酔い

軽度の二日酔いなら、熱いシャワーや運動で解消することができますが、動けないほど重い二日酔いの場合、無理に動いたりシャワーを浴びたりすることで悪化させてしまうことがあります。

特に熱いシャワーを浴びると体力を奪われ、水分も同時に奪われてしまう可能性があるため、注意が必要です。水分補給をこまめに取り、とにかくベッドで安静にして過ごすようにしましょう。身体を安静にすることで、身体が必要としているエネルギーが二日酔い解消に使われます。

また、眠ってしまえば二日酔いの辛さからも解放されることでしょう。ひどい二日酔いの時には、水分補給だけは忘れずに、とにかく徹底して眠ってしまうのが一番の方法だと言えます。

二日酔い予防について

辛い二日酔いはできればなりたくないものですよね。二日酔いにならないためにも、飲む前にはウコンを飲んだり、お酒に柑橘系やトマトジュースなどをプラスしたりするようにしましょう。

少しの工夫で二日酔いを未然に防ぐことができます。また、飲みすぎてしまったというときは、後からでも遅くないのでウコンを飲んでおくと、分解に役立ってくれます。

まとめ

このように、二日酔い解消方法や直し方についてご紹介しました。辛い二日酔いを少しでも早く解消するために、さまざまな方法を実践してみてくださいね!