彼氏にやきもちをやかせる方法!少しだけやきもち彼氏に変身させたい!

 
彼氏にやきもちをやかせる方法!少しだけやきもち彼氏に変身させたい!

最近、いつも自分から彼氏に連絡している。会っていてもどこかそっけない。やきもちをやかない彼氏。そんな彼氏にこそ、やきもちは妬いてほしいものですよね。

彼氏にやきもちをやかせるには、どうすればよいのか具体的な方法から注意点まで、幅広くご紹介していきましょう。


自分の行動をチェンジしてみる

自分の行動をチェンジ

彼氏にやきもちをやかせるには、まず自分の行動から改めて行かなくてはなりません。

実は、彼氏があなたに対してやきもちをやかないのは、あなた自身に問題がある可能性が高いからです。それらをひとつひとつチェンジしていくことで、何もしなくても自然と彼氏にやきもちをやかせることができます。

話す内容は半分にしてみる

話す内容は半分にしてみる

彼氏にやきもちをやかせるなら、自分の行動を改めていく必要があります。まずは、話している内容を半分に減らすことからスタートしていきましょう。

例えば、昨日あった出来事について1から10まで細かく伝えてはいないでしょうか?何時くらいに起きて、誰とどこで会って、どんな話をして、何を食べて何時ごろ帰宅したと細かく話してしまっては、彼は質問をする必要すら感じなくなってしまいます。

昨日の出来事を話したい時には、彼に質問したい気持ちを起こさせるためにも、半分以下に抑えるべきです。

もったいぶる話し方をしてみる

もったいぶる話し方をしてみる

彼氏にやきもちをやかせるなら、話す内容を半分以下に減らし、なおかつ誰と会ったかを言わないようにしましょう。たとえば、昨日の出来事について話す場合、どこで何を食べたかだけを伝えてみてください。

「昨日、お台場でパンケーキ食べてきたよ」とだけ伝えると、彼氏は自然と「誰と行ったんだろう?」と疑問に思い始めます。そして、彼氏が「誰と行ったの?」と聞いて来れば、やきもちをやきはじめている証拠だと言えるでしょう。

しかし、ここですべてを話してしまっては、あっさり解決してしまいます。「友達の〇〇ちゃんと」とだけ伝え、何を話したかについては聞かれるまで答えないでおきましょう。

あえてすべてを話さないことが、会話のキャッチボールに繋がり、小さなやきもちにも繋がるのです。

報告の習慣を変える

報告の習慣を変える

彼氏にやきもちをやかせるなら、毎日の報告をやめてみましょう。LINEで「いってきます」「今ここにいるよ」「これ食べました」など、ちくいち報告してしまうと、彼氏は彼女の行動パターンがわかるようになり、今どこで何をしているかがすぐに理解できるため、やきもちの欠片も感じなくなってしまいます。

しかし、今までこまめに報告していたことを、2~3日に1回程度に控えることで、彼氏は「最近報告してこないな?」と気になり始めます。人は、ずっと続いていたことがパタッと無くなることで違和感が芽生え、気にし始めることが多々あります。その作用をうまく利用して、やきもちに繋げていきましょう。

聞かれたら答えよう

聞かれたら答えよう

彼氏にやきもちをやかせるなら、自ら話す習慣も変えていくべきです。今までは聞かなくても勝手に話していたことも、彼氏に聞かれたら答えるというパターンにどんどん切り替えていくことで、彼氏がこちらに興味を抱きやすくなります。

ただ、必要以上に黙り続けてしまうと、ストレスがたまってしまう場所がありますので、適度に会話をすることも大切です。その場合は、話を半分以下にすることを忘れないようにしましょう。

2人だけではなく仲間で会う

仲間で会う

彼氏にやきもちをやかせるなら、2人きりだけでなく、大人数で会う機会を増やしていきましょう。サークルや趣味の仲間など、大人数で会うことで、自分以外の男性と話している姿を目撃しやすくなるからです。

いつも自分のことだけしか見ていなかった相手が、別の男性と楽しそうに話している様は、同じ男性としてやきもちが芽生えやすくなるものです。彼氏をほったらかしすぎるとケンカなどよくない方向に発展してしまいます。

適度な距離感を保ちながら、数回ほど短い時間話すだけで十分ですので、実践していきましょう。

友達を紹介する

友達を紹介する

彼氏にやきもちをやかせるなら、長い付き合いの友達を紹介するのも効果的です。

幼馴染の男性や、大学時代の後輩など、まだ彼氏と出会っていない時期から仲の良い人を紹介するのがポイントです。付き合っている彼女でも、自分には知らない部分があると感じ、やきもちをやき始めます。

元彼の存在を活用

元彼の存在を活用

彼氏にやきもちをやかせるなら、元彼の存在をちらつかせるのも効果的です。

元彼と1対1で会うとなると、彼氏とのケンカに発展しがちですが、共通の仲間が多く、どうしても同じ空間に居合わせることが多い程度なら、ケンカにならずやきもちだけで済むでしょう。

ただ、元彼を褒めるような言動は慎むべきです。男性は過去の彼氏と比べられることを極端に嫌います。元彼と話すことがあったとしても、必要以上に報告することはやめるようにしましょう。

他の男性を褒める

他の男性を褒める

彼氏にやきもちをやかせるなら、他の男性を褒めてみるのもひとつの方法です。例えば、一緒にテレビを見ているときに写った俳優の容姿を褒めたり、街ですれ違った男性のファッションセンスを褒めたりするのも良いでしょう。

自分以外の男性が褒められていることにやきもちをやき、よりがんばろうと努力してくれる可能性が高くなります。ただし、元彼を褒めることは厳禁です。

短気な彼氏だと「じゃあ元彼とヨリを戻せばいい」と突き放されてしまう場合があります。ほかの男性を褒める場合は、見ず知らずの男性が無難だと言えるでしょう。

やりすぎに注意

やりすぎに注意

彼氏にやきもちをやかせるなら、さまざまな方法がありますが、くれぐれもやりすぎには注意しましょう。関係性が悪化して、最悪の場合、別れてしまう可能性もあるからです。

また、過剰な行為は愛情の欠如へと直結する場合もあります。あまりにも自分のことを話さないでいると、彼氏から「自分に興味がないのでは?」と思われてしまうこともあります。

男性はプライドが高い生き物ですから、フラれるなら自分からフッてしまおうと見切り発車することもありますので、適度な塩梅が重要だと言えるでしょう。

彼氏の性格を見極めよう

彼氏の性格を見極めよう

彼氏にやきもちをやかせる方法には、さまざまなものがあります。

しかし、同じように仕掛けて同じような反応が返ってくるとは言い切れません。彼氏の性格を見極めながら、適度に調整することが大切です。特に注意したいのは短気な彼氏。いきなり元彼といった大きな存在を出してくると、過剰に反応して怒ってしまう可能性があります。

短気な彼氏には話を半分にする程度からスタートし、どこにポイントがあるのかを探っていくと良いでしょう。また、鈍感な彼氏や、マイペースな彼氏の場合、わかりやすさが重要になります。

目の前で別の男性と話すなど、認識しやすいアプローチを試みると良いでしょう。

まとめ

彼氏にやきもちをやかせるための方法や、注意点についてご紹介しました。適度なやきもちは、恋愛を楽しくさせてくれるものです。

やきもちは、相手に関心があるからこそ発生するものです。お互いの気持ちを再認識させるためのきっかけと捉え、仕掛けてみると良いでしょう。

長く付き合えば付き合うほど、お互いの存在が当たり前のような感じになってきますが、やきもちをやかせることで、メリハリをつけることができます。

よい塩梅を見極めながら、長く付き合っていくためのスパイスとしてうまく活用するようにしましょう。やきもちをやかせることで、お互いの存在をより深く強いものにしていってくださいね。