夜デートだからこそ特別な演出を!東京で楽しむ夜のデート

 
夜デートだからこそ特別な演出を!東京で楽しむ夜のデート

恋人同士で一番楽しいのは、二人でデートする事ですよね。結婚後は日々の生活に忙しく、のんびりデートする暇なんてありませんから、デートは夫婦になったら出来にくく恋人だけが楽しめる特権です。

しかし学生の頃ならまだしも、社会人になると会社の拘束時間が長くなるので、休日はお互い疲れてしまいデートなんてする余裕が無くなってしまいますね。せっかく恋人同士にしか出来ないデートなのに、忙しい・疲れているから出来ないなんて残念だと思いませんか?

そこで社会人の恋人同士に送るデートは夜デートです。就業後に待ち合わせるので休日に時間を都合する必要もなく、また夜にしか楽しめない所もたくさんあります。今回は日本の首都東京の夜デートのスポットを、3種類に分けて11ご紹介します。


遊ぶデート

夜のデートだって昼間のようにあれこれ遊びたいですよね。東京ならば夜遊べる所も日本一多く、夜しか遊べない人のために様々なサービスも充実しています。

映画

映画

デートの定番と言えば映画です。最近ではレイトショーやオールナイトを実施している映画館も多く、その日の好みであれこれ選ぶことが出来ますね。

また大きな映画館では、家にいるような雰囲気でカップルに映画を楽しんでもらいたいとカップルシートを設けていて、通常料金に少しプラスすれば特等席のソファでゆっくり映画が楽しめます。

中でも新宿ピカデリーではカップルのみが使用できるバルコニー席、プラチナルームがあります。上映1時間前から利用できるウェイティングルームや、ワイン・シャンパンなどがサービスされる贅沢さが人気です。特別な日に二人で雰囲気を盛り上げるにはぴったりの空間です。

遊園地・水族館

遊園地・水族館

夜しか遊べない人や昼間は暑いから少し涼しくなった夜に遊びたい人など、夜になってからあちこち遊びに行く人が増えてきました。そんな状況を受けて、レジャー施設は開園時間を延長して入場者を楽しませています。

22時まで開園している東京ジョイポリスは、20時から入場すれば通常パスポートよりも1,500円お得なナイトパスポートで楽しめます。アーケードゲーム・占い・ステージと盛りだくさんなので飽きる事はないでしょう。

それから品川プリンスホテル内の水族館、品川アクアスタジアムも22時まで営業しています。こちらも19時以降入場すれば、通常価格よりも1,000円近くお得になるアクアナイトチケットがあります。イベント開催時以外では夜でも別料金でイルカに触れるのです。二人でイルカに癒されるのもいいかも。

スポーツ

スポーツ

テニス・ハイキング・野球・ウォーキングなど様々なスポーツは、昼間にしか出来ないと思っていませんか?もちろん夜だってばっちりです。

東京ドームシティでは、ゴルフ・バッティング・室内でクライミングが出来るボルダリングが遊べる施設があります。それからお台場にあるパレットタウン内のボーリング場は、なんと24時間年中無休体制で訪れた皆が楽しめるようになっています。

その他ダーツ・卓球・ビリヤードなどおしゃれな空間やお化け屋敷・釣堀・体感アトラクションなど、バラエティに富んだレジャーが揃っています。

渋谷の宮下公園では、認定証を取得すれば2時間で350円と格安かつオープンエアで、クライミングやボルダリンクが楽しめます。

食べる、飲むデート

夜にデートするのなら、食事も夜デートならではの演出をしてみませんか?男性は夜の食事=お酒を飲む、に直結しがちですが、せっかくのデートなので雰囲気の良いところを選ぶとセンスがあると思われて、楽しい時間をすごせる事でしょう。

ディナーバイキング

ディナーバイキング

二人の特別な日ならば、素敵なレストランを予約してコースを味わうのもよいかもしれません。しかし夜デートでカジュアルに、でもリッチに夕食を楽しみたいのならディナーバイキングが最適です。

ホテルのランチバイキングは人気ですが、それよりももう少し品数を増やし、中身をさらにグレードアップさせたのがディナーバイキングです。

一流シェフが調理しているので味はばっちり、何よりもホテルの落ち着いた雰囲気の中での食事が大人のデートと言う感じですね。料金も4,000円前後と、時折訪れて食べるにはちょうどよい金額です。

ビアホール

ビアホール

食事だけでなくお酒も一緒に楽しみたいのなら、ビアホールがお勧めです。夏にお父さん達が集まるビアホールのイメージではなく、おしゃれな大人の雰囲気が漂う空間です。

中には、内装やカウンターが海外のビアバーのようにデザインされている所もあり、行く所々で楽しい発見があるかもしれませんね。種類豊富なビール・カクテル・ワインなどがメインですが、きちんとした食事メニューもあるので飲めなくても十分楽しめます。

東京スカイツリータウンにある世界のビール博物館には、150種類を超えるビールと世界各国の料理が一度に楽しめるビアホールで、客席も300席超あるため並ぶ時間が少ないのがポイントです。

このようなビアホールは飲み放題で料金は4,000~6,000円と、量と質を考えればお手頃価格で楽しめますね。

いろんなバーを楽しむ

いろんなバーを楽しむ

たまには大人が楽しむバーに、二人で足を運んでみませんか?バーといってもたくさんの種類がありますね。音楽を聴いてまったりしたいならジャズバー、サッカー・バスケ等々ファンが集うスポーツバー、などがバーの代表格ですが、最近はどんどん新しいスタイルのバーが増えています。

例えば日本酒バー。日本酒を飲む若い人が増えてきた事を受けて厳選した日本酒を提供するバーは、今までのイメージと違いおしゃれで落ち着いた雰囲気なので、カップルでも楽しく過ごせます。

また女性優先でバーを選ぶなら、様々な種類のカクテルが楽しめるカクテルバーなどがよいでしょう。

ディナークルージング

ディナークルージング

東京で夜デートをするなら、夜景もチェックしたいところ。実は夜景もおいしい料理も一度に味わえるチャンスがあります。それは東京湾を一周するディナークルージングです。

どのクルーズも運行時間は2時間前後なので、食事や夜景を楽しむ時間がたっぷりあり、喧騒を離れてロマンチックなムードを演出してくれます。

また、料理は本格フレンチから懐石・バイキング等々種類も豊富です。もっと気軽に船のデートを楽しみたいなら、屋形船もいいでしょう。ディナークルージングよりは料金も安く掘りこたつを完備する船もあるので、のんびりするにはうってつけでしょう。

夜景を楽しむデート

夜・東京・デート、とくれば夜景ですよね。夜景を眺めるだけで、デートのロマンチックな雰囲気を盛り上げること請け合いです。

東京駅

東京駅

毎日の通勤駅という人も多い東京駅。100年前の駅舎を復元した、ロマン溢れる建物で有名ですよね。ライトアップされた東京駅をそぞろ歩くのも楽しいですが、駅正面にある丸ビルが絶景ポイントとしてカップルにも大人気です。

5階が一番のビューポイントですが、23時まで開いていてビル内レストランのテイクアウトが食べられる7階テラスがお勧めです。

東京都庁

東京都庁

アクセスの便利さでは東京駅に勝るかもしれない東京都庁は、何といっても無料で夜景が見られるのが最大のポイント。展望室は南・北の2種類ありますが、23時まで開いているのは北展望室です。

付随している飲食店やお土産販売店も23時までですので、食事の心配なくゆっくり出来ますね。

晴海客船ターミナル

晴海客船ターミナル

有名なデートスポットの一つですが、夜景の素晴らしさはあまり知られていないという不思議なスポットです。

海を挟んでお台場の反対に位置し、駅やバス停からは少し離れているので夜はとても静かで落ち着いた雰囲気を楽しめます。

まとめ

いかがでしたか。賑やかで楽しく・ゆっくり落ち着いて・二人きりでのんびり等々、いろんなデートパターンが楽しめますね。忙しいのはお互い様ですから、時間を作って夜のデートを楽しんでみませんか。