誰よりも同性から好かれる女になる方法と特徴

 
誰よりも同性から好かれる女にバージョンアップする方法

ぶりっ子は同性から嫌われる女の象徴ですが、逆に同性に好かれる女の人っていますよね。「ぶりっ子」のように象徴的な言葉はないものの、同性から厚い信頼を寄せられているのが、同性に好かれる女の人の特徴と言えるでしょう。

同性に好かれる女の人にはさまざまな特徴があります。何故同性から好かれるのか。そして同性に好かれる女の人になるためには、何をすべきか、具体的にご紹介していきましょう。


同性に好かれる女の特徴

同性に好かれる女の特徴

同性に好かれる女の特徴はさまざまです。見た目が関係していることもありますし、コミュニケーションの方法に秘密があることもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

まず、見た目において同性に好かれる女の人は、ナチュラル思考であることが多いようです。過剰に最先端の流行を追いかけることはせず、上手に自分の似合うスタイルと組み合わせることが得意です

また、時代遅れのファッションや、奇抜なファッションをしていることが少ないため、いつ一緒にいても恥ずかしくないという特徴が挙げられるでしょう。

清潔感のさりげなさ

清潔感のさりげなさ

同性に好かれる女の人は、ヘアメイクにも清潔感がちりばめられています。メイクはナチュラルすぎず遊び心があると、話のタネにもなりますし、同性からも興味を持たれやすいのでオススメです。

また、ヘアメイクにおいては清潔感を大切にしているという特徴が挙げられるでしょう。髪にはツヤがあり、メイク崩れも長時間放置しているというようなことはありません。こまめに微調整しているからこそ、清潔で清々しい状態をキープすることができるのです。

仕事終わりに鏡を見てビックリしてしまうという方は、さりげなくメイク崩れやヘアスタイルの乱れをチェックする習慣を身に着けるようにしましょう。

笑顔がステキな女

笑顔がステキ

同性に好かれる女の人は、いつも笑顔でいることがほとんどです。だからといって過剰にニコニコして愛想を振り撒いているというのではなく、自然な微笑みを絶やさないことが多くあります。

これは普段、どのような気持ちで行動し、物事を捉えているのかが影響していると言えるでしょう。いつも被害妄想が激しい人は、難しく眉間にしわを寄せた表情をしがちです。し

かし、同性に好かれる女の人は物事を良いように捉えることができるため、自然と表情が穏やかで口角が上がってくるのです。

いつもの顔に自信がないという方は、デスクや身の回りに小さな手鏡を欠かさないようにしましょう。

悪口を言わない女

悪口を言わない

同性に好かれる女の人は、陰でヒソヒソ悪口を言うことがありません。何か不満があるときは、割と堂々と本人に話し合おうとするのが特徴です。

陰で何を言われているのかわからない、などと言う探りを働かせる必要がないため、安心して付き合うことができます。裏表があり、陰でヒソヒソ悪口を言う人ほど、表向きはニコニコ害がないように接しがちです。

しかし女性は敏感で勘のいい生き物ですから、このようなタイプの人はすぐに見抜くことができるでしょう。女性同士で悪口を言うのが好きで、それがきっかけで仲良くなるという方もいらっしゃいますが、関係性としてはあまり長続きせず、その場限りの付き合いになることがほとんどです。

誰と接しても態度を変えない

誰と接しても態度を変えない

同性に好かれる女の人は、誰と接する時も平等にしています。上司や男性などの前では態度が豹変するぶりっ子な女の人もいますが、同性に好かれる女の人は、男性も女性も上司も関係なく同じように接するため、好感をもたれることが多いのです。

人によって態度を変えるということは、裏で何を考えて策略を練っているのか、わからないという部分があります。それを感じないということは、安心して付き合える人材と言うことに繋がるでしょう。

口が堅い女 秘密を守れる女

口が堅い

同性に好かれる女の人は、秘密を秘密としてきちんと守ることができます。

女性の場合、自分だけが知っているネタを陰でこそこそ広めようとする人がいますが、同性に好かれる女の人はそのようなことをしません。相手の秘密をきちんと守るため、安心して相談することができます。その結果、より信頼が厚くなっていくのです。

口が軽くて相談したことがすぐに周りに知られてしまう、なんてことが多発すれば、その人の信用はなくなるどころか、相手にさえしてもらえなくなるでしょう。自分がされて嫌なことは、相手にしないというのが、同性に好かれる女の人のモットーと言えます。

相手がしてほしいことをする

相手がしてほしいことをする

同性に好かれる女の人は、積極的に自分から行動をしていきます。

例えば、女性同士の場合「時間があるときにお茶しようね」という口約束をすることがほとんどですが、どちらも誘われることを待つことがほとんどです。これは、誘って断られる可能性を考えると、自分から誘うことにちょっと気が引けてしまうからです。

しかし、誘われれば喜んで応じたいという気持ちはあります。誰でもそんなちょっとした不安を抱え、自ら誘いを申し込めないということが多いですが、同性に好かれる女の人は、積極的に自分から誘っていくことがほとんどです。

それは、自分が誘われたら嬉しいので、相手にもそうしようという気持ちが根底にあるからです。同性に好かれる女の人は、相手がしてほしいと思うことを、積極的に自分から行おうとすることができます。

ポジティブ要素が強い

ポジティブ要素が強い

同性に好かれる女の人は、何が起きても常にポジティブに対応することができます。また、クヨクヨすることはなく、失敗して一瞬落ち込んでもすぐに解決策を見つけてリベンジしようとするのです。

ポジティブな要素が強い人と一緒にいると、自然と元気な気持ちになれることが多いため、自然とポジティブな人の周りには、人が集まってきます。一方ネガティブ要素が強くて、いつも自信がないことや自分がダメだということを周りにアピールしている人は、人がどんどん離れていきます。

それは、一緒にいると疲れて暗い気持ちになるからです。人は、明るい気持ちにさせてくれる人へと惹かれる要素が強くあります。だからこそ、ポジティブ要素が強い人は、同性に好かれる女の人になるのです。

否定しない

否定しない

同性に好かれる女の人は、頭ごなしに相手の意見を否定するようなことはしません。たとえ自分と違った意見を持っていたとしても、相手の意見を尊重し、どんな視点でそのような意見になったのか、知ろうとする気持ちを持つことができます。

女性の場合、同じような価値観を持つ人ばかり友達にしようとする人がいますが、少しでも意見が違えば仲間外れにしようとしがちです。しかし、相手の意見を否定せず、受け入れられる人と一緒なら、自分を偽ることなくありのままに意見を交わすことができるでしょう。だからこそ、そのような人とは何でも話すことができるのです。

異性からも好かれる

異性からも好かれる

同性に好かれる女の人は、同性だけでなく異性からもモテます。それは同性から好かれる人ほど、性格がよく周りへの気遣いをすることができるからです。

人間性が豊かである人なので、同性、異性に関係なく人が集まり、好かれることになります。ぶりっ子すると、異性からモテることは保障されますが、同性から嫌われることは決まっていると言えるでしょう。

しかし、同性からも異性からもモテるようになれば、どんな状況でも周りがサポートしてくれるため、より生きやすい人生を歩むことができるでしょう。

まとめ

同性に好かれる女の人の特徴についてご紹介しました。さまざまな要素を取り入れ、同性に好かれる女の人へと成長していってください。