メンヘラ女の特徴・行動パターンは?

 
メンヘラ女について知っておきたいこと

男性に敬遠される女性にはいくつかタイプがあります。いわゆるメンヘラ女もその一つ、いくら可愛くて綺麗でも、男性にとっては絶対に避けて通りたい女性の代表です。いわゆる精神状態がメンヘラに相当するならともかく、本当はそうでないのに、もしかしてメンヘラ女なのでは?と思われてしまうだけで、恋愛関係はうまくいかなくなります。

男性はとにかく面倒な女性を嫌います。いわゆるメンヘラといわれる精神状態を持つ人は、自分を中心とした世界観を持っていて、彼氏はそれに付き合って当然と考えます。メンヘラ系女子と思われないようにするには、自己愛的な言動を控え、節度をもって相手と付き合うことが必要です。

メンヘラ系といわれる女性の典型的な特徴や行動パターン、そしてどうしたらメンヘラ系と思われないように出来るかなどについてのポイントをまとめてみました。


相手の行動を執拗にチェックする

相手の行動を執拗にチェックする

相手の行動を異常に細かくチェックすることが好きで、あたかもストーカーのように、相手のツイッターやフェイスブックなどをのぞき、細かく相手の日常を観察しています。恋愛をしているときには、相手が今日一日どのように過ごしたかということはもちろん気になります。

しかしそれはあくまでも相手に尋ねれば済むこと。男性に気持ち悪い、重いと感じさせる女性とは、自分の一挙手一投足を細かくチェックする、しかも自分の知らないところでチェックしている女性。相手の行動のすべてを知りたいという理不尽な思いは、メンヘラな女性の特徴の最たるものです。

相手の交際範囲を限定しようとする

相手の交際範囲を限定しようとする

 

メンヘラ女性は、彼氏が自分以外の人と話したり、一緒に過ごすことを嫌います。とくに女性の友達に対しては鋭く反応し、彼の周囲から遠ざけようと画策することがあります。彼女が可愛く嫉妬してくれるというのは、男性にとってはむしろ好ましいことではあります。

しかし単なる可愛い嫉妬とメンヘラ女性の口出しには決定的な違いがあります。それはメンヘラな人には異常な思い込みがありこと。メンヘラ気味の人は自分が信じていること以外は信用しようとしませんので、否定すればするほど何か怪しいと感じ、最悪の場合彼氏に関わる女性すべてを排除しようとします。

仕事中や深夜でも連絡してくる

仕事中や深夜でも連絡してくる

相手の都合が頭に入ってこないので、自分の好きな時間に電話したり、メールを入れてきたりします。こんな時間に何事か、と思って話を聞いてみると、まったく他愛のない話やくだらない愚痴などで、なぜこんな時間に電話してくるのか、常識のある人にはまったく理解できません。

メンヘラ女性は自分の問題や悩みをいとも簡単に人に押し付けることが出来ます。これを言ったら相手が引いてしまう、こんなことをしたら相手に不愉快な思いをさせる、ということにまったく思い当たらないのが、メンヘラ女の特徴です。

相手の都合が理解できない

相手の都合が理解できない

メールに対してすぐに返事が来ないとイライラしてしまい、怒涛のようなメールが送られてくることがあります。相手のペースに合わせてメールや電話をするということが出来ないため、仕事がとくに忙しいとき、手が離せない用事があるときに限って、しつこく電話をかけてくることも。メンヘラっぽい性向の人は何事も自分中心にしか考えられません。

客観的な視点に欠けますので、自分にとっての緊急事態に相手が対応してくれないと、世界が終局するかのような態度を取ることもあります。

常識がない

常識がない

一般常識をまったく無視することが多く、話しかけられないのに自分のことばかり話したり、自分中心の話題に振ろうとします。社会人としての最低限の常識を持ち合わせていないため、周囲の人から常識のない人として扱われていますが、本人には自覚がないことが多く、指摘されても直す気がない場合がほとんどです。

メンヘラっぽい言動を取る自分のことを「かっこいい」と思っている場合もあり、わざと常識を無視した行動を取る傾向があります。

自分の病歴を話すことが好き

自分の病歴を話すことが好き

鬱状態にある自分のことを事細かに説明するのが好きな人がいます。実際にメンヘラな状態にある人ならともかく、メンヘラな状態を装うことにより、異性の興味や注目を惹くことに執着している人もいますので注意が必要です。

このタイプの女性は、相手の関心を自分に引きつけておくために、ことさら自分が特別だということを話したがります。自分の今の症状や過去の病歴など、病気や精神状態について話題にしたがる人を相手にするのは生易しいことではありません。

相手の話を素直に受け取らない

相手の話を素直に受け取らない

今日は会えないという日にわざわざ家に来たり、電話やメールをしてくる人がいたら、メンヘラ女です。メンヘラ傾向のある人は相手に拒絶させることを受け入れられません。デートの誘いを断られた、忙しいと相手にしてくれない、電話に出ないなどの行為は、メンヘラな人の神経を逆なでします。

普通の人なら今日は忙しいから会えないと言われると素直に納得するものですが、メンヘラ傾向のある人は絶対に納得できずに、逆に何か隠し事があるのでは、と疑います。

感情の起伏が異常に大きい

感情の起伏が異常に大きい

喜怒哀楽の感情の起伏が異常に大きい場合にも、メンヘラ女の可能性があります。公共の場でいきなり感情を爆発させたり、いきなり泣き出したりする女性には要注意、周囲の目が気にならない人は常識では考えられない行動を取ることがあります。

感情の波がローラーコースターのように上がったり下がったりするため、本人以外の人には今どんな気分でいるのか、まったく予測することが出来ません。

自虐的な態度を取る

自虐的な態度を取る

投げやりな態度を常習的に行う以外に、気分が優れないと自虐的な態度を取ることもあります。自虐的な態度を取るのは、相手に自分のことを気遣ってもらいたいというシグナル。

自分がいかに大変か、いかに可哀想かをアピールすることにより、相手から最大限の愛情や心遣いを引き出そうとします。自虐的な態度を取っているところを相手に見せることにより、相手との絆を深めようとします。

友達が少ない

友達が少ない

メンヘラ女は同性の友達とも上手に付き合うことが出来ません。対人関係をうまく運ぼうという気がないため、相手の気持ちに配慮した言動が出来ずに、友達を無くすことが多いのが特徴です。

普通の場合ならば、職場の同僚や同級生の中に仲の良い友達がいそうなものですが、メンヘラ系の女性には友達らしき友達がなかなか出来ません。メンヘラ系の女性は自分と似たようなタイプの友達を好みます。

相手の気持ちを勝手に推測する

相手の気持ちを勝手に推測する

勝手な推測をするのもメンヘラ女の特徴です。相手が自分に対して抱いている気持ちを勝手に想像し、どんどん話を膨らませていきます。

自分で想像しているだけならまだしも、周囲の人に対して彼がどんなに自分のことを思っているかなどを吹聴します。自分の気持ちに相手が応えないこともありえる、これが理解できません。

言葉遣いが不自然

言葉遣いが不自然

メンヘラ女は、不自然な言葉遣いや意味不明な言いまわしをします。自分の精神状態を説明する独自のフレーズを持っていたりすると、メンヘラ度は高くなります。

自分のことを普通に「私」と呼べない人はそれだけでちょっと痛い系と思われかねません。自分の可愛さや特別な感じを表現しようとして、普通の人が使わないような言葉遣いをするのが、メンヘラ系の話し方の特徴です。

ファッションが奇抜

ファッションが奇抜

メンヘラ女にはいろいろなタイプがいますが、その中の一つに奇抜なファシッョンを好むタイプがあります。ファッションだけでメンヘラ系かどうか完全に見極めることは出来ませんが、判断基準の一つにはなります。

面倒な女性を嫌う男性は、奇抜なファッションをする女性を避けて通ることが多いので、とくに理由がない限り、年齢にそぐわない服装やキャラクターの小物をたくさん身に付けるのはやめておくのが賢明です。

ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言が多い

自傷行為には至らないものの、自分のことをわざと傷つけるような言葉や態度を示すことがあるのも特徴。実際に精神的な問題を抱えていないにも関わらず、メンヘラっぽい言動を行う人の場合は、わざと自分のことを否定することにより、相手から慰められたい、自分のことを肯定されたいという欲求を満たそうとします。

勝手な決まりを作る

勝手な決まりを作る

彼氏を他の女性に取られるのでは、という不安感を抱えているため、相手の行動や交際範囲を束縛しようとします。これに加えて、自分で勝手に発令した決まりに相手を従わせようとします。

たとえば決まった時間に必ず電話やメールを入れることや、自分以外の異性のことを下の名前で呼んではいけないなど、自分勝手な決まりに従うことを要求します。

体調が不調なことが多い

体調が不調なことが多い

どことなくいつも不健康そうで、あたかも栄養不良のようなおもむきがあるのも、メンヘラ女の特徴の一つです。メンヘラ系の女は健康的ということに意味を見出しませんので、生活習慣や食生活が乱れていることが多く、同じものを延々と食べていたり、明らかに体に悪い食べ物や飲み物を好むことがあります。食事の時間が不規則だったり、何か一つの食べ物に執着したりもします。

本当に精神的な問題がある人の場合

本当に精神的な問題がある人の場合

いわゆる痛い系、メンヘラ女と呼ばれる人とは別に、本当の意味で精神的な問題を抱えている人の中には、実際に「自傷行為」に至る場合があります。

自虐的な言動を行ってしまう原因は、精神的な苦痛を抱えていることにあります。精神的な苦痛が耐えきれなほど大きく、他に逃げ場がない場合に、身体に傷を付けることにより、精神的な苦痛を和らげるメカニズムがはたらきます。

自傷行為はそのまま見過ごすと、さらに危険な状態になり、リストカットといった自殺行為へ至る場合もあります。いわゆるメンヘラ女と呼ばれる人と違い、精神的な疾病を抱える人には専門知識を備えたスペシャリストのサポートが必要です。

メンヘラ系と思われても損をするだけ?

メンヘラ系と思われても損をするだけ

よほどキャラクターの立った人以外、普通と違うことをアピールしても、周囲に与える印象は良くなりません。不健康そう、奇抜すぎる、常識がない、突飛すぎる、などの特性は、これらを補ってあまりある魅力や才能、業績があってはじめてプラス方向にはたらくもの。一般の社会人で周囲の人から好印象をもってもらうには、一人前の社会人として常識ある言動を取るしかありません。

メンタル系は異性から避けられる

メンタル系は異性から避けられる

メンタル女性と付き合うのはとにかく面倒です。仕事中でもお構いなく電話してきたり、相手の都合に頓着しないメンタル系の人は、男性にとっては重い存在、よほどのことがない限り自分から好んでメンタル系の女性にアプローチするという人はいないでしょう。恋愛関係をうまく運びたいのであれば、自己愛的な言動を慎むようにしましょう。

メンタル系は同性からも避けられる

メンタル系は同性からも避けられる

対人関係は何も異性間に限ったものではありません。感情の起伏が激しかったり、ネガティブな発言が多いメンタル系の女性は、同性からも避けられる傾向にあります。

自分と同じようなタイプの人だけで閉鎖的なグループを作っていると、ここから抜け出すことがさらに困難になります。人に好かれるには、ネガティブ思考をやめ、自分のありのままを受け入れることから始めましょう。

メンヘラ女性の功罪

メンヘラ女子の功罪

メンヘラ女性は男性にとっての困惑の種。最初は可愛く感じられていた奇矯な振舞いも、あまりに度が過ぎてくると、もしかしてメンヘラなのでは?と疑われ、最後には別れを切り出されることに。自分では態度が少し我がままなだけと思っていても、彼氏からすると十分メンヘラ系ということもありえます。メンヘラ系女性の汚名を返上するには、自分の言動に責任を持ち、常識のある大人の女性としての魅力を備えるようにしましょう。

まとめ

メンヘラ女性の特徴や行動等をまとめました。この中に思い当たるポイントがある方は、気をつけましょう。一つ、二つならまだしも、複数の項目に思い当たる方は、もうすでにメンヘラ系の特徴を立派に備えているといえるでしょう。

メンヘラ女と呼ばれ、男性に避けられる運命を回避するには、自分の行動を振り返り、直せるところから直していくしかありません。彼氏に重いと思われたい人はいないはずです。面倒、重い、痛いといった負のイメージを与える言動に注意、即刻やめるようにしましょう!