誠実な女性と言われるための心得とは?

 
誠実な女性と言われるための心得

男性が恋愛相手の女性に求める条件にはいろいろなものがあります。容姿やスタイルなど外見的なことも重要な要素かもしれませんが、内面的な特性も同様に見逃せません。

いくら可愛くてスタイル抜群であっても、内面があまりにも幼稚でお粗末だと、長く付き合っているうちに相手に飽きられてしまうこともままあります。

誠実さというのは見た瞬間に分かるものではありません。男性は最初はぱっと目に映える女性に惹かれがちですが、しかし相手と付き合っていけばいくほど、その人の内面的な価値に徐々に惹かれていくようになります。

女性が理想の相手として誠実な人を挙げるのと同様、男性の側から見ても誠実な女性というのは魅力のある存在です。

とくにその場限りの関係でなく、落ち着いた大人の関係を維持したい男性は、恋愛対象として誠実な女性を求める傾向にあります。

誠実な女性は男性から一目置かれ、大切にされます。本当に好きな彼氏と真剣な付き合いをしていきたいのであれば、まず自分から誠実な態度を取るようにし、彼氏にこの人だけは手放せないと思われるような女性になりましょう!


適当な嘘や言いのがれをしない

適当な嘘や言いのがれをしない

誠実な人といわれるためには、彼氏からの信頼を得なければなりません。都合が悪くなると適当な嘘を言ってその場をしのぐことが多い女性は、いますぐこの癖を直すようにしましょう。

そもそも誠実な女性は嘘を言って急場をしのがなければならない状況に陥ったりはしません。

すぐにばれるような嘘、明らかに何かを隠そうとしているための言い訳・言い逃れは、大人の女性には相応しくありません。

適当な嘘でその場をしのぐような、いい加減な関係を続けるのは、自分にとっても得にならないことを理解しましょう。

彼氏の気持ちを汲む

彼氏の気持ちを汲む

どんなに小さなことであっても、彼氏がしてくれることに対して、感謝の言葉の一つもかけられない女性は、不誠実と思われても仕方ありません。

心に思ってもいないことを大げさに伝えるのは、演技が入っていると思われるので絶対禁物ですが、それと相手に対する感謝の気持ちを表現できないのとではまったく問題が違います。

してもらったことに対して、ありがとうの一言も言えない女と思われるのはとても損なことです。

大切な女性として扱われたければ、彼氏の好意を無にしないよう、自分のことを考えてくれている気持ちを汲むようにしましょう。

彼氏の弱みに付け込まない

彼氏の弱みに付け込まない

恋愛関係において優位に立とうと、彼氏の弱みに付け込むタイプの女性がいます。このように彼氏を単なるターゲット扱いし、自分の望みや我がままを適えるために振り回すような人は、どんなに頑張ってみても、彼氏から誠実な女性として認められることはないでしょう。

彼氏の弱点や弱みに付け込み、いいように利用する女性は、計算高い人として最終的には愛想を尽かされることになります。

誠実な女性は相手の気持ちに配慮し尊重することができますので、一緒にいて心から寛げる相手になります。この点からしても、誠実な女性は自分勝手な女性とは対極の位置にあります。

恋愛関係だけに限らず、人間関係において自分が優位に立つためなら手段を選ばないという人は、人に尊敬されることはありません。

態度をころころ変えない

態度をころころ変えない

気分や状況によって態度を様変わりさせる人がいます。このように自分の都合によって、相手に対する態度を豹変させていると、一体どれが本音なのか判断できないため、結局は自分の言っていることを真剣に受け止めてもらえなくなります。

誠実な女性の特徴の一つは、常に公平な態度が取れること、喜怒哀楽を素直に表現することも大切ですが、あまりにもその度合いが激しいと、単なるむら気な気分屋と思われるだけです。

むら気な態度は女性らしい可愛さと捉えられることもありますが、あまりに度を越えていると、彼氏を引きつけておくことは出来ません。面倒なことを言う女性と思われてしまうだけですので注意しましょう。

無理な要求はしない

無理な要求はしない

彼氏の愛情を試すために無理なお願いをしてしまう女性もいます。相手の愛情を試すのは自分に自信がないからともいえます。

彼氏との関係がすでに安定した段階に入っているのに、むやみに相手を揺さぶるようなことをしないのが、誠実な大人の女性。理由なく相手に無理な要求を続けていると、彼氏に無駄なストレスを与えてしまい、せっかくうまくいっている関係にひびが入ってしまうこともあります。

どうしてもお願いしたいことがある場合も、相手の都合や状況を読み、過度な要求を繰り返さないようにしましょう。

どっちつかずの態度で関係を引き伸ばさない

どっちつかずの態度で関係を引き伸ばさない

誠実な女性と言われたければ、キープ目的で相手をつなぎとめようとするような態度は相応しくありません。

キープ目的でなくても、本命がしぼれていないために、あいまいな態度で接してしまうという場合がありますが、誠実な女性を目指すのであれば、どっちつかずの態度や思わせぶりな言動で彼氏を振り回すのはやめましょう。

真剣な付き合いを求める誠実な男性は、相手にも誠実さを求めます。遊び半分で付き合っていると思われてもいいことは何もありません。

自分の気持ちがまだはっきり分らない場合にも、いい加減な返事は出来るだけ控え、自分の今の正直な気持ちを伝えるようにすると、相手から誤解される恐れもありません。

自分では恋愛の駆け引きをしているつもりなのに、あやふやでころころ変わる態度が災いして、彼氏からは信頼するに値しない女と思われてしまうこともあります。

すぐに感情的にならない

すぐに感情的にならない

何かというとすぐに感情的になったり、感情論に持ち込む女性は、場合によってはうざいと思われかねません。とくに相手を責めるような言動は、よくよく考えてからにしたほうがよさそうです。

すぐに感情的になる、あるいはムキになる女性に対して、女性らしくて可愛いと肯定的に受け取ってくれる男性もいれば、自分の都合と感情だけで男を振り回す不誠実な女性として捉する人もいます。

基本的に男性が恋愛相手に求めているのは、疲弊した心を癒してくれる人、誠実な態度の取れる女性になりたいのであれば、相手の立場や状況を客観的に受け止め、感情を爆発させることは出来るだけ控えるようにしたいものです。

誠実さとはなにか?

誠実さとは?

そもそも誠実さとは何を指すのでしょうか。誠実とは真心を持って人に対すること、私利私欲に駆られず、自分の正直な気持ちで対人関係を築くことを指します。

つまり誠実な人とは自分の都合や欲に駆られない人と言い換えることも出来ます。

恋愛関係においては、男女ともに駆け引きをしてしまう部分があります。駆け引きといっても、相手の気持ちを推し量りたいがために、つい相手に無理を言ってしまうといった罪のないものから、自分の希望通りに相手を動かすために策略を尽くすものまで、実にさまざまです。

恋愛に駆け引きは欠かせませんが、肝心なのは加減を心得ていることです。駆け引きと不誠実の間には明らかな境界線がありますので、どんなときでも相手から不誠実な人だと思われないよう、自分の正直な気持ちを伝える努力を惜しまないようにしましょう!

まとめ

恋愛関係において相手のどんなところにもっとも心惹かれるか。これは簡単に答えられる問いではありません。

第一印象では視覚的、つまり外見的な要素に強く惹かれますが、そのうちに関心は相手の内面に移っていきます。

外見的な事柄も重要かもしれませんが、長続きする大人の恋愛関係で物を言うのは結局は、相手の誠実な態度と優しい気持ちです。

彼氏に誠実な態度を要求しておきながら、自分は適当且つあいまいな態度を取り続けるというのでは、誠実な女性として彼から大切にされることは期待できません。誠実な女性としての素質を磨き、男性に尊重され、大事にされる存在を目指してみませんか。