同性に嫌われる女の特徴とは?注意点とは?

 
同性に嫌われる女の特徴を教えてください。嫌われない為の注意点も

何であの子だけちやほやされるかわからない。いつも自分の得になることしか考えていない。そんな女性って同性の目から見ても嫌ですよね。

同性に嫌われる女には、さまざまな特徴があります。何故彼女たちは同性に嫌われてしまうのか、また同性に嫌われないためにどのような点を注意すべきかについて、見てみましょう。


わがままで自分勝手な女

わがままで自分勝手

同性に嫌われる女には、さまざまな特徴があります。まず、性格についてですが、自信過剰なほど自分のことが大好きで、何事においても自分を優先させます。

つまり、ざっくりと言えばわがままで自分勝手な女なのです。同性に嫌われる女ほど、この傾向が強いと言えます。

自慢話が多い女

自慢話が多い

同性に嫌われる女は、わがままで自分勝手な性格であることがほとんどです。では、具体的にどのような言動をした場合、同性に嫌われるのでしょうか。

例えば、みんなでお茶をしているとき、自分の自慢話ばかりすると嫌われます。「最近〇〇に告白された。ありえない」「まだ新人なのに、もうこんなに仕事任されて困るな~」「今週の約束詰まってヤバいなー約束のキャンセル待ちとかあるし」聞いてもいないのに、このようなことばかり話されたらうんざりしてしまいます。

口が軽い女

口が軽い

同性に嫌われる女は、秘密の話をいとも簡単に話してしまいます。信頼して悩みを打ち明けたのに、次の日にはもう他の友達に知れ渡っていたなんてこともあるでしょう。秘密を守れない女は、人として信頼することはできません。

また、手にした秘密を自分の都合の良いように利用することもあります。しかし、口が軽い女は、いつまでも同じ行為を続けることはできません。なぜなら周りもだんだんと気づいていき、孤立してしまうからです。注意すべきは、口が軽いことをいち早く見抜き、大切なことは絶対に言わない事です。

悪口が日常茶飯事な女

悪口が日常茶飯事な女

同性に嫌われる女は、何を話しても愚痴や悪口になりがちです。どの子がこんなことをしていて最悪だった。彼氏と一緒に行ったレストランがまずくてガッカリしたなど、とにかく不平不満が多いことから、話していて疲れてしまいます。

また、いつも誰かの悪口を話しているのを聞かされると、自分も他ではどんなことを言われているのかとゾッとしてしまうでしょう。女性は愚痴や悪口を言うことでストレスを発散する部分がありますが、あまりにもその行為が過剰だと、周囲から敬遠されることを覚えておきましょう。

お金にルーズな女

お金にルーズ

同性に嫌われる女は、お金にルーズであることが多々あります。「今日お金忘れたから貸して」「今月ピンチだから1万円貸してほしい」など、すぐにお金の貸し借りをしようとします。そしてアッサリと忘れてしまうのです。

まだ返金されていないと催促しようものなら、「ごめん。今日は持ち合わせがなくて・・」とぶりっこして誤ったり、「このタイミングで言う?」と責めるような口調を言ったりすることもあります。ひどい場合は借りたことを覚えていなかったり、無かったことにしようとしたりするようです。

お金の切れ目は縁の切れ目。お金にルーズな女はさっさと距離を置きましょう。

自分が正しいと思っている女

自分が正しいと思っている

同性に嫌われる女は、自分がやることは全て正しいと思っています。例えば、自分が用意したプレゼントは必ず相手が喜んでくれると思っています。明らかに趣味の合わないものであっても、「これ、絶対に好きだと思って!」と強引に渡されれば、受け取るしかありません。

しかし、同性に嫌われる女は、これで終わらせないのです。「どこに飾った?写メしてよ」「デリケートな素材だから大事にしてね」とその後の経過まで迫ってきます。もらった方としては、趣味の合わないものですし、監視されたような気がして不快です。押し付けがましい行為は、同性に嫌われると心得ておきましょう。

被害妄想が激しい女

被害妄想が激しい

同性に嫌われる女は、過剰にか弱く、可愛そうな雰囲気を出します。約束を破ろうものなら、「えー!楽しみにしていたのにショック・・」とオーバーにリアクションしたり、誕生日のおめでとうメールを送り忘れたら「私は親友だと思っていたのに・・勘違いだったんだね」と悲劇のヒロインのようなメールを送ったります。

ひとつひとつのことをオーバーに取り上げてわめく様は、こちらからすれば大きな迷惑です。そして、その様子を見た男性が「大丈夫?」「〇〇は悪くないよ」と言うものですから、同性に嫌われて当たり前といえます。

男の前で態度が変わる女

男の前で態度が変わる

同性に嫌われる女は、明らかに男性の前では態度が変わります。可愛らしい高い声を出して、キャピキャピと振る舞うのです。しかし、同性ばかりの空間では「私サバサバしているから」とサバサバ女子を演じようとするのです。この落差に同性はウンザリしてしまいます。男の前で態度が変わる様は、本人が気づいていないことも多いので、あなたも知らず知らずのうちに、同性に嫌われる女になっている可能性もあるので、注意しましょう。

気配りがあからさますぎる女

気配りがあからさますぎる

同性に嫌われる女は、男性に対してやたら気配りをします。せっせと料理を取り分けたり、飲み物を注いだり、それはそれは献身的です。しかし同性の友人たちは普段の彼女の姿を知っているため、そのあざとさにウンザリしてしまうのです。

さらに、そのウンザリ加減を増幅させるように、男性は気配り女子を褒めます。そして当たり前のように「そんなことないですよ~」「褒められちゃった」とキャピキャピするから最悪です。本当の気配りは、あからさまではなく自然に行っているものです。気配りがあからさますぎる女は、同性に嫌われると心得ておきましょう。

飲めないフリをする女

飲めないフリをする

同性の前では、どんどんお酒を飲むのに、男性の前になると可愛いカクテル1、2杯で「酔っちゃった」という人、同性に嫌われる女の特徴です。明らかな嘘を平気でついている様子に、ツッコミを入れることすらできません。

また用意周到な女は、お手洗いに行ったときに少し強めにチークを入れて酔った雰囲気を演出することもあるようです。そこまでいけば、あっぱれとしか言いようがないでしょう。

彼氏の存在を隠す女

彼氏の存在を隠す

同性に嫌われる女は、付き合っている彼氏のことを男性には話しません。「付き合っている人いるの?」と聞かれれば「どうでしょう~?」「秘密」などごまかします。そしてさりげなく男性の情報を聞き出していくのです。

仕事、給料、彼女の有り無しまでリサーチし、その彼の条件が良ければアッサリと乗り換えてしまいます。二股をかけて男を天秤にし、よい条件の男が来たらすぐに捨てるのですから、ひどい行為に違いはありません。しかし、可愛そうなことに男性は全く気付いていないのです。

苦手なら避けよう

苦手なら避けよう

同性に嫌われる女と一緒にいても、不快な思いをしたり、とばっちりを受けたりと良いことはひとつもありません。もしいつまでも一緒に付き合っていたら、あなたもその女性と同じタイプだと思われてしまうでしょう。

そんな被害を負わないためにも、同性に嫌われる女とはさっさと距離を取るべきです。それこそが平穏に暮らす為の最良策と言えるでしょう。

まとめ

同性に嫌われる女についてご見ていきました。自分には当てはまる項目がないと思っている人ほど、実は危ないかもしれません。

ピンチの時に、同性から何のサポートも無ければ、確実にあなたは同性に嫌われる女になっている可能性があると言えるでしょう。