好かれやすい人になりたい!男ウケする仕草とは?

 
好かれやすい人 になりたい、男ウケする仕草

身近に存在するモテる系女子。いつも男性が寄っていき、楽しそうに時間を過ごしている。どうしてあの子は男性にモテるのだろう、顔はそんなにカワイイわけではないのに、自分と比べて何が違うのだろう、・・・と羨ましく思うことはありませんか?そこには確固とした違いがあるのです。

ここではモテる系女子から抽出した、男ウケするコツをご紹介します。これらのコツを身につければ、貴女も明日からきっとモテる系女子になれます。


相手と視線が合うようにする

相手と視線が合うようにする

視線が合うのが恋の始まり…なんて言葉をよく耳にしたことでしょう。自分が好きな人の場合は、気になってその人を見てしまいますよね。逆に、自分に好意を抱いている人からの視線も感じることがあると思います。

それを利用して、数多くの男性と視線が合うように、日頃から視線を合わせにいきます。相手がどんな人であっても、まずは積極的に視線を合わせにいきましょう。

髪の毛を触る仕草で惹きつける

髪の毛を触る仕草をする

女性が髪の毛を触るのを男性が見たときに、「寂しいのかな。ストレスが溜まっているのかな。」と心配する傾向があるようです。その男性心理を逆に利用してしまいましょう。

魅力的に髪の毛を触る仕草ができれば、なお男性を惹きつけることができます。指に髪の毛を絡ませるなど、印象的な仕草を追究していきましょう。

口調に違いをつけてみる

口調に違いをつける

公に向けての話し方、ガールズトーク、男性と話すときなど、それぞれの口調に違いをつけます。男性と話すときは、公に向けての口調よりもちょっとくだけた感じになるのが良いでしょう。

男性に、自分との距離の近さを意識づけます。その口調のギャップを感じたいがために、もう一度話しかけることに繋がるのです。

話すときは笑顔で楽しく

話すときは笑顔で

基本的事項ですが、意外と出来ていないことも多いのでは。話の展開によっては、笑顔でいることが難しいときもあります。

少しでも笑顔になれる瞬間を見つけて、さっと笑顔を出す技術を会得しましょう。笑顔を操れるようになれば、男性の気持ちも手繰り寄せることができます。鏡の前で笑顔の練習を行いましょう。

困ったときは、「困ったような笑顔」で

困ったときは、「困ったような笑顔」で

相手から無理なお願いをされたときや、客観的に困った状況に陥ったとき、「困ったような笑顔」ができると、周囲にすごく良い印象を与えます。

困っていることが分かりつつも、愛嬌をふりまく余裕がある。その様子に、多くの男性が手を差しのべたいと思うようになるのです。「困ったような笑顔」としては、「苦笑い」などがあります。

首をかしげる仕草

首をかしげる仕草

首をかしげる仕草は、自分が分からないことをしっかりとアピールでき、且つ、その不理解に可愛らしさを添えます。曖昧にその場を流すよりも、自分が分かっていないことを相手に伝えるほうが、良いコミュニケーションとなります。

「分かりません」と言葉で伝えるのみでは、男性側の「教えてあげる」態度になりにくいので、首をかしげて教わる環境を整えましょう。男性は、女性に物事を教えたい性質を持っているのです。

顔の近くに「グー」の手

顔の近くに「グー」の手

手を顔の近くにもっていくときに、ジャンケンの「グー」の形をしましょう。手を握りしめた「グー」の形は、不安を表現しています。

それを顔に近づけることで相手に不安が伝わり、気になる存在として印象付けることができるのです。「パー」の形になってしまうと、逆に「自分に構わないで」というメッセージになってしまいますので、ご注意を。

服の袖をつかむ

自分の袖でも、相手の袖でも構いません。自分の袖の場合は、例えば、右手で右の服の袖をつかみます。

袖をつかむ行為は自分自身と何かを結び付けたい欲求を表します。独りでは居られない様子を感じさせることで、相手のベクトルをこちらへ向けさせることになります。

少し猫背気味の姿勢で

男性から見た女性の姿勢も重要です。ピンとした姿勢が一般的には良いとされていますが、男ウケという観点では良すぎる姿勢はNGです。

ちょっと姿勢が悪い、猫背気味のほうが男性としては気になる存在なのです。男性の「守ってあげたい」という気持ちを引き出すことができるのです。

方言を惜しまず使う

方言を惜しまず使う

方言のある地域出身で、現在方言のない場所で生活している女性は、その方言をどんどん出していきましょう。

よく都会に出てから方言・訛りが無くなったという話や、都会に染まってしまったという話を耳にすることはありますが、それと同時にその人自身の魅力も失っており、非常にもったいない話しなのです。

方言は、自己と他者を明確に区別する武器となりますから、ためらうことなく使っていきましょう。

大勢いる場では、敢えて黙る

大勢いる場では、敢えて黙る

飲み会や合コンの場では、我先にとアピール合戦になることもしばしばありますが、ここでは敢えて黙る戦術をとってみましょう。

情報を出さないことが、かえって相手の興味をそそることに繋がります。ただし、ただ黙るだけではいけません。黙っていながら良い印象を与える、重要なポイントが存在します。

それは、人の話をきちんと聞き、それに対して相槌を打つ、疑問を持った場合は首をかしげるなど、表情・仕草で返事をすることです。言葉以外のコミュニケーションを十分とれば、自ずと相手は言葉でのコミュニケーションを望んでやってきます。

何でもないと思われているところで、立ち止まる

普段であれば通り過ぎてしまうところでも、ふと立ち止まってみることで、周囲に様々な影響を与えることができてしまうものです。強い注目を浴びることが可能となりますが、その反面、もし誰かに話しかけられたときに違和感のない回答ができる必要があります。

回答内容によっては変な人と思われてしまい、マイナスになってしまうといけません。例えば、「皆は気にならないだろうけど、これが気になって・・・」と、周りが気付かないところに気付いてしまった、という類の返答が良いでしょう。

美味しそうにたくさん食べる

美味しそうにたくさん食べる

 

男性の前ではあまり食べないようにする…なんて自分自身を華奢に見せたい女性が多いですが、男ウケという観点からすると、実はこれは逆効果。男性は、よく食べる子に好印象を持つのです。食べる仕草は、人間の本能・本性が出るものです。

食べないことで何かを隠していると捉えられ、相手に不信感を与えてしまいます。美味しそうに食べることで、喜びを含めた自分自身の感情を相手に伝えることができます。また、貴女とその喜びを共有したいと、一緒に食事をしたいと考えるようになるのです。

多くの人に話しかける

特に女性は親しい友人同士でかたまる傾向が強いです。親しい友人以外とはほとんど話をする機会を持たないことは、自分を狭い世界に閉じ込めていることになり、大変もったいないことです。

思い切って、色々な人に声をかけてみましょう。男性女性問わず、相手と会話を楽しんでください。声をかけた分だけ、自分にそれが返ってきます。様々な会話を経験することで、自身のトークスキルも上昇していくことでしょう。

まとめ

モテる系女子というものは、産まれもったものもありますが、努力により十分会得できるものと言えるでしょう。ここで紹介したこれらのコツを身につければ、自然と男性が集まってきて、話しかけてくること間違い無しです。これで貴女も胸をはってモテる系女子と言うことができます。

今までと違う人生が歩めることを、楽しんでいきましょう。しかし、世の中には良い男と悪い男が存在します。その見極めには、十分な注意をはらってください。