「ちやほやされたい」と願う女性に必要なことと方法

 
「ちやほやされたい」と願う女性に必要なこととは

男性にちやほやされたい!モテたいけどモテない!中々彼氏ができない・・・といったことに悩んでいる女性も多いかもしれませんが、モテにはやはり必要なことがあります。

以下の必要な事がらを備えれば、誰でもモテるようになるので、「どうしても彼氏がほしい」「ちやほやされたい」という方はぜひとも実践してみましょう。


「自分のマニアになってくれる人」を探す

「自分のマニアになってくれる人」を探す

世の中では「少しぽちゃっとしていて色白で美人な女性」がちやほやされるとされているのですが、男性は必ずしもそういった人が好きとは限りません。

男性の中には「地黒の健康的な女性じゃないとダメ、色白は不健康だからありえない」という人もいれば「ガリガリに痩せてるか弱い女の子が好き」という人もいますし、「自分のマニアになってくれそうな人」を見つけることがモテへの最短ルートなのです。

最近ではインターネットでいくらでも相手が見つかる時代なので、まずは自分を好きになってくれそうな人を探してみましょう。

とにかく外見を磨く、努力する

とにかく外見を磨く

男性というのは、努力している女性を好むものです。毎日家でダラダラしている人よりかは、きちんと筋トレをして美脚を保っている女性の方がやはり好かれやすい傾向にありますし、そもそもモデルやグラビアアイドルというのは、ただ痩せているだけでなく、美しく見えるように必死で鍛えていたりするものなのです。

努力をすることは誰にでも出来るはずなので、ぜひとも筋トレなどをするようにし、外見を磨いてみましょう。

ちやほやされている子と友達に

ちやほやされている子と友達に

「ちやほやされる子と友達になったら、意中の彼が盗られてしまう・・・」といった不安を抱いている女性も少なくないかもしれませんが、モテる女性はモテる女性とつるむものです。

ちやほやされる女性と一緒に行動するようになれば必ず、たくさんのモテテクを学ぶことができるはずなので、ちやほやされる女性を「敵」と捉えるのではなく「無料の塾」と捉えるようにし、なるべく仲良くするようにしましょう。友達として一年も付き合えば、必ずあなたも成長できるはずです。

お嬢様と呼ばれるような女性を目指す

お嬢様と呼ばれるような女性を目指す

男性もそれぞれ好みの女性のタイプが違う・・・、というのは他の項でもお伝えした通りですが、実は「男性なら誰でも好むもの」も世の中には存在します。

たとえば「お嬢様」はどんな男性からも好かれますし、きちんとした雰囲気の人は大人からも子供からも好かれます。お嬢様っぽい雰囲気になる、ということに対し、ハードルの高さを感じてしまう方もいるかもしれませんが、身につけるものを変えたり、髪を巻いたり、言葉遣いを変えたりするだけでお嬢様っぽい雰囲気にはなるので、できることからやってみましょう。

仕事がデキる女性はモテるということ

仕事がデキる女性はモテるということ

「ちやほやされる女性には何となく仕事がデキなそうなイメージがある」という方も多いかもしれませんが、ちやほやされる女性は仕事もデキてしまうものです。

ちやほやされる女性というのは男性を甘えさせるのが上手ですし、仕事場で失敗してばかりいる女性は男性の脚を引っ張り、疲れさせてしまいます。ですので、ちやほやされたいなら仕事も頑張るべきですし、決して「女性は少しおバカさんな方がモテる」などと考えるべきではないのです。

ピンチの時は「しおらしさ」を武器にする

ピンチの時は「しおらしさ」を武器に

近年の女性の中には、美しく性格も良く、仕事が出来る女性がたくさんいるのですが、そういった女性ほどピンチに弱かったりします。

土壇場になるとメイクが崩れるほど号泣してしまったり、ヒステリーをおこしてしまったりと、ピンチの時にせっかくの魅力を台無しにしてしまう方も多いのですが、女性はピンチの時こそ「しおらしさ」を武器にすることが大事です。

ピンチの時に怒るのではなく、しおらしく「ごめんなさい・・・」と言ってみたり、何もできないまま影へ引っ込んでしまったりと、ひたすらか弱いところ見せておくと周囲の男性は思わずあなたの背中を追いかけてしまうことでしょう。

話は「する」ものではなく「引き出す」もの

話は「する」ものではなく「引き出す」もの

会話のキャッチボールが上手な女性は、男性を癒やすことができます。しかし今の世の中には驚く程、会話が下手な女性が多く、相手の反応も見ないまましゃべり続けてしまったり、聞きたくもないような話題で語り続けてしまう人が非常に多いのです。

本当に会話上手な人は「相手が話したい話題を引き出し、語らせる」ように働きかけるものなので、相手が喋りたいであろうポイントを探りつつ会話するように努めてみましょう。

露出の仕方は女子アナに見習うこと

露出の仕方は女子アナに見習うこと

たまに、「露出をすればするほどモテる」と思い込んでしまっている若い女性がいるのですが、過度な露出をすればいい男はたちまち「この子はちょっとおかしい」と思って逃げ出しますし、悪い男だけが寄ってきてしまいます。

露出はすればいいというものではありませんし、男性はあくまでも「うっかり見えてしまった」タイプの露出を好む生き物なので、女子アナの絶妙な露出加減を見習うようにしましょう。

装飾品をつけるだけでも女性は変わります

装飾品をつけるだけでも女性は変わります

女性の中にはピアスもネックレスも腕時計も何もつけてない人がいるのですが、これは自分を見せるのに大失敗してしまっていると言えます。

ピアスやネックレスをしているだけで、その女性は一気に華やかになりますし、あるとないとでは大違いなのです。「あまり装飾品を持っていない」という方は、安物でもいいので何か一つは買っておくようにしましょう。

男性に慣れることがとにかく大事

男性に慣れることがとにかく大事

男性に慣れていない女性は、とにかく緊張してしまいがちです。しかし、緊張してしまうと実力を発揮しづらくなってしまいますし、挙動不審になってしまいがちなので魅力が伝わりにくくなってしまいます。

男の人には慣れておいて損はないので、なるべく周囲の男性と距離感を縮めつつ交際するようにしましょう。

ボディタッチは意外と嫌われる場合も

ボディタッチは意外と嫌われる場合も

男友達が少ない女性は、世に出ているマニュアル本を鵜呑みにし、「ボディタッチが大事」などと思ってしまっているかもしれませんが、ボディタッチというのはキャバクラなどで効果を発揮するテクニックです。

キャバクラ以外の場所でボディタッチを繰り返されると、現代の男性は「後でセクハラで訴えるつもりではないのか」「この子は一見清楚に見えるけど、元々商売女だったのだろうか」と怯えてしまいます。日本の男性はボディタッチに抵抗を示しがちなので、覚えておきましょう。

新聞を「読めない」女性はNG

新聞を「読めない」女性はNG

男性というのは自尊心ありきの生き物ですので、自慢話をしっかり聞いてくれる女性というのは無条件でちやほやされます。

社会情勢にも無知で、会社のしくみもよく知らないとなると、相手が自慢話をしていても気づくことができず、逆に恥をかかせることになってしまうので、必ず「新聞を読める女性」になる努力をしましょう。

綺麗なだけではモテません

綺麗なだけではモテません

残酷なお話ですが、どんな女性もいずれは老けます。一生涯美しくいられる女性はこの世に一人も存在せず、美人でいられるのはせいぜい10~20年程度の期間です。

どんな美人も、美人であることに寄りかかって努力を怠るといずれすべてを失います。生まれもった美貌なだけで今一瞬、モテている女性は、いずれ一気にちやほやされなくなるということを覚悟しておきましょう。

まとめ

女性は努力次第で必ず、ちやほやされるようになりモテるようになります。諦めてしまえばそれまでですが、筋トレをして髪を巻いて、装飾品をつけてきちんとメイクをすれば、どんな女性でも綺麗になれる時代なのです。

多少素朴な顔立ちだったとしても、その方が却って日本の男性にはウケやすいので、とにかく自分の欠点をすべて武器にするような気持ちで、前向きにモテに邁進していきましょう。