夏のデートで女子力アップ!こんな持ち物があれば彼がグッときちゃう

 
夏のデートで女子力アップ!こんな持ち物があれば彼がグッときちゃう11の理由

もうすぐ夏!まとまった休暇が取りやすいシーズンですよね。夏祭りや海やプールなど、夏ならではのデートが楽しいこの季節は、彼とのお出かけの機会も増えるのではないでしょうか。そんな時は持ち物にも気を配りたいものです。

夏のデートで一番に考えることは、暑さ対策と汗対策が主ですが、お出かけ先によってはあると便利な持ち物がたくさんあります。どんな場所にどんな物を持っていったらいいかについては、出かける先の性質をよく考えることが大切です。

いざというときにサッと取り出して「気がきくな」と思わせるようなアイテムの数々をご紹介します。さりげない気配りが感じられる持ち物で、彼の心をゲットしましょう。


手作りドリンク

手作りドリンク

ジュースやお茶はコンビニでも自販機でも、どこでも買えるものです。でもせっかくのデートです。手作りドリンクを持参して彼を喜ばせてあげましょう。

おすすめは夏の初めに出回る赤紫蘇で作った紫蘇ジュースや、青梅を使った梅ジュースです。これらは夏バテや疲労回復に効果を発揮する健康ドリンクで、作り方も至って簡単です。紫蘇や梅が出回り始める6月頃に作って保存しておきましょう。

作ってさえおけばデートの日に水で割ってポットに入れるだけでOKです。屋外のレジャーを楽しむ時は夏の暑さで疲れやすくなりますが、そんな時は、爽やかな甘さのあるドリンクで彼の疲れを癒してあげるといいですよ。手作りなら、彼の好の甘さに調節することもできます。ぜひお試しください。

お弁当を作る時のポイント

お弁当

彼とプールデートやトレッキングを楽しむ時、お弁当を持っていきますよね。そんな時に気をつけたいポイントがあります。

例えばトレッキングの定番はおにぎりですが、夏は腐敗しやすいので、ご飯を炊くときに梅干を一粒入れてご飯を炊きましょう。するとご飯がいたみにくくなります。これはおにぎりに限らずお弁当のご飯にも使える炊き方です。せっかく頑張って作ってきたのに、ご飯がいたんでプーンと嫌な臭いがしたら台無しです。

またおかずを用意する時も、水分の多い物は入れない、生の物は入れない、煮物などもちょっと味を濃い目にするなど、ちょっとしたひと手間を加えると腐敗しにくくなりますのでぜひ工夫してみてください。

冷たいおしぼり

冷たいおしぼり

夏場は汗をかきやすいので、デートの時にハンカチやタオルを用意する方は多いと思いますが、それはごく当たり前のことです。気配りアピールに繋がるのは、保冷剤に入れた冷たいおしぼりです。男性は女性に比べて暑がりなので、彼が暑そうにしていたらサッと彼に手渡してあげると喜ばれますよ。

万が一、熱中症なんてことになった時も冷たいおしぼりがあれば応急処置として首筋や脇を冷やすことができます。そうかさばるものではないので、これはおすすめです。

扇子

扇子

扇子というと夏祭りの浴衣姿の時だけと思われがちですが、通常のファッションでもOKです。ちょっと大人な女性を演出できるアイテムなので普段からバックに入れておきましょう。自分を扇ぐのではなく、彼を扇いであげます。そんな気遣いは男性にとって嬉しいものです。でも扇ぎ方には注意が必要です。パタパタとせわしなく扇ぐのはNGです。風情を感じさせるようなゆったりとした動きで女性の品格をアップしましょう。

汗対策グッズ

夏場はどこに行っても混雑しがちなので、彼との距離がグンと近づきます。そんな時、汗の臭いや体のベタつきで彼にドン引きされないよう、汗対策に心がけましょう。汗拭きシートでこまめに汗を拭き取ったり、デオドラントスプレーで汗の嫌な臭いを消すなどして、暑い夏こそ清潔でいたいものです。また汗で顔がテカらないように、あぶらとり紙を持ち歩くと化粧直しの時に重宝します。

ゴミ袋

小さなゴミ袋があるとお出かけした時は重宝します。ガムや飴を食べてもゴミは出ます。ドライブデートの時など、彼の車を汚さない配慮が必要です。特にアウトドアでは必需品です。最近は自然を保護する意味で、ゴミは持ち帰りが当たり前になっています。そんな時、ゴミ袋がないと慌てることのないよう、かさばるものではないのでゴミ袋は持参しましょう。

日傘

日傘

熱中症予防や紫外線対策のために夏場のお出かけには日傘は必需品ですよね。最近は男性も日焼けを嫌がる傾向が強いので、自分だけがすっぽりと日傘の中に収まるのではなく、彼にも差し出してあげましょう。自分だけが日傘に入ってしまうと、先端の針の部分が身長差で彼にぶつかる可能性があるので、それを防ぐためにも一緒に入った方が無難です。

日傘をさす時のマナーとして、人とすれ違う時にちょっと傾けるなどの配慮が必要です。何かのイベントでは他人の視界を遮るので日傘は控えます。夏は日傘が必需品ですが、状況に応じて使い方には配慮しましょうね。そのために、事前に日焼け止めクリームもしっかり塗っておく必要があります。また晴雨兼用の傘なら急な夕立にも使えて便利です。

オーラルケアグッズ

オーラルケア

彼とのデートで雰囲気が盛り上がり、突然キス、なんて時に口臭があるとテンションが下がりますよね。携帯用の歯磨きセットを持っていくか、もしくは歯磨きができないような場所でのデートには、マウススプレーやガムなどを用意してお口の臭い対策をしておくといいでしょう。

マウススプレーはあまり臭いが強くないものがおすすめです。色々なメーカーから出ているので、使い比べて気に入った物を用意しておきましょうね。理想は日ごろからまめに歯のケアをして、口臭のない爽やかなお口に保つことです。

虫刺され薬、絆創膏、虫除けスプレーなどの薬関係

夏といえば害虫のシーズンでもあります。街中のデートならあまり心配はなくても、夏祭りや花火デートの時など、夜間のデートでは蚊に刺されることもあります。またアウトドアのレジャーでも蚊の心配がありますので、そのような場所に行った時は虫除けスプレーや虫刺され薬は持参しておくといいでしょう。

絆創膏はアウトドアに限らず常に持ち歩くと便利です。夏は男女共に素足にサンダルということが多いと思いますが、そんな時は意外と足の怪我が多いので、絆創膏はあると便利です。

薄手のカーディガンもしくはショール

男性は冷房に強いのに対して女性は冷房が苦手という方が多いですよね。夏場は冷房が効き過ぎる場所に行くことがたくさんあります。そんな時にあると便利なのが薄手のカーディガンやショールです。UVカット加工がされたものならなお便利です。先にご紹介した日傘も、あまりに人が多い場所ではさせない場合がありますので、そんな時は紫外線対策も兼ねてお肌を守ることができるのでおすすめです。

小銭+いざというときのための予備費

小銭

あまり男性は小銭を持ち歩かない傾向があります。財布が膨れるのを嫌がるからです。なのでお財布とは別に、小銭がすぐに出せるように用意しておくと便利です。あらかじめ1000円分くらいの小銭を両替しておけば、自販機での買い物がスムーズに行きます。

そしてもう一つは予備費です。ついつい気が緩んで遊びすぎちゃった、なんて時に慌てなくてもいいように、出かける場所によっては少し余計に持って行った方がいい場所もあります。例えばカードが使えないレストランで食事をしてお金が足りない、なんてことのないように、お財布とは別の場所に予備のお金も念の為に用意しておきましょう。

もしそんなシチュエーションになった時、彼にお金を渡すのは、お店の人が見てない場所でこっそりと手渡すという配慮も忘れないでくださいね。

まとめ

いかがですか?どんな物を持っていくかでその人の女子力がわかると言っても過言ではありません。男性は女性の持ち物を注意深く見ています。「足りなかったらコンビニで買えばいい」と手を抜くことなく、ファッションやメイクに気を配るのと同じくらい、持ち物にも気を配ってみてはいかがでしょうか。きっと彼が惚れ直しますよ。