彼氏をダメ男にしない付き合い方!甘やかしすぎてませんか?

 
彼氏をダメ男にしない付き合い方!甘やかしすぎてませんか?

恋人同士になってから彼氏を甘やかしすぎてはいませんか?なんとなく付き合った当初より彼氏がダメ男になっている気がしませんか?

実は、彼氏を好きすぎる女性は、その大切な彼氏をダメ男に変えてしまう可能性があるのです!

これは彼氏をいい男にするのも、ダメ男にするのも、彼女の接し方に大きくかかってくるということです。今回はそんな好きすぎる彼氏との付き合い方を見ていくことにしましょう!


彼氏のお子様状態にさせない

彼氏のお子様状態にさせない

男性にとって恋愛とは人生で1番大切なものになりにくいものです。例えば大学生なら、彼氏はきっとサークルや研究に没頭しだすと、恋愛を差し置いて自分の世界が中心に生活が動きます。そのため彼女との付き合いをほったらかし気味に…。

ここで彼氏を好きすぎるがゆえにそのことを許していると、だんだん彼氏は彼女をお手伝いさんか何かのように都合よく生活のパターンに組み込んでしまうのです。そうなると彼氏彼女ではなく、まるでお母さんと子どもの関係にまで変化し、そして彼氏がだんだんとお子様に退化していくことも…!?

彼氏の自尊心を傷つけない付き合い方

彼氏の自尊心を傷つけない付き合い方

男性が一番傷つきやすいのは、やはり自尊心です。どんな自尊心かというと、男性としての生物的魅力に対しては、とても脆く、崩れやすいのです。

例えば勉強や性格で比べても、平気そうにしている彼氏でも、身長の話題になると顔を真っ赤にして起こりだしたり、力の強さや喧嘩の話となると急に自慢ばかり始めてしまう彼氏が多いのではないでしょうか?

男性にとって身体的な強弱というのは女性にとってのそれと同じように、もしかしたらそれ以上にナイーブな話題なのです。そして自尊心が傷つけられた男性は、その相手に対し不信感を抱くようになることが多いのです。まずはそんな心を優しく包んであげましょう。

将来の夢と現実に揺れる彼氏との付き合い方

将来の夢と現実に揺れる彼氏との付き合い方

結婚を意識し始めた途端に彼氏がだらしなくなることがあります。というのも男性は将来の夢を諦めきれない瞬間があるのです。社会人として安定を求めると同時に、常に自分がもっと活躍できる世界があるのではないかと探してしまうのです。

そういったとき、男性はとても自己管理力が弱くなるのです。このとき彼女は不安に思うことが沢山湧いてくるでしょう。この人は私と結婚するつもりがあるのだろうか、どういう将来を考えているのだろうかと。こういうとき、無理に現実を見せようとしても大抵は失敗してしまいます。

夢を見ようとする男性の大半は、現実から目をそむけている、もしくは、背けなければ心が折れてしまう寸前なのです。ここで無理に夢を諦めさせると男性はずっと後悔を背負ったまま生涯生きていくことになります。

彼女はここでぐっとこらえて、夢を見ることを認めながら、そのまま彼氏が夢におぼれてしまわないようにそっと寄り添ってあげてください。彼氏も時期がくれば夢からさめ、現実を直視できる力が復活するのですから。

お金だけの女と思わせないように

お金だけの女と思わせないように

男性は女性からサイフとして見られていないか、常に気を付けて観察しています。

かといって自分のことをサイフのように扱っているなと思っても、それに対して何か言ってきたりすることは少ないので、彼女は調子にのっておねだりをしてしまいがちに。

彼氏がプレゼントしてくれる、それだけでうきうきするのに、当の彼氏はだんだん冷めていくのです。しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

嫌なことを我慢しすぎない付き合い方

嫌なことを我慢しすぎない付き合い方

どんなに好きすぎる彼氏のすることでも、やっぱり嫌なことってありますよね。しかし当の彼氏はそれに気が付いていないかもしれません。嫌がり方が下手だと、「いやいや言って、またまた~」と軽くとられてしまいます。

そして彼氏はもっと反応が見たくて毎回やってしまうということにもなりかねません。あまり我慢しすぎるとどんなに好きでも気持ちが離れていってしまう原因になります。お互いの想いはちゃんと言葉にしないと伝わらないことを学びましょう。

真剣な話し合いができないのはまずい

真剣な話し合いができないのはまずい

ダメ男になってしまう原因の一番深い原因といえばこれ。真剣な話し合いができないカップルでは、大抵の場合男性がダメ男に変貌してしまいます。これはお互いの意思疎通が図れないことによって、彼氏は「何も言わなくても伝わる」と勘違いしてしまうことがあるためです。

そして大抵の男性は日々のサイクルをあまり意識しないため、「何を言わなくても伝わる」ことが普通になってしまうと、当然のようにそれを地で行きはじめます。こうなってしまってはダメ間近。早々にお互いの意志を確認し合いましょう。

前向きなあなたの姿を見せる

前向きなあなたの姿を見せる

人間とは周囲のモチベーションに左右される生き物です。カップルの中で、彼女が生きることに頑張っていないと、男性も段々とそれに引きずられてしまいます。彼女は常に新しい事に挑戦する様を彼氏に相談してあげてください。

彼氏はきっとそんな姿を支えたい、自分もがんばりたいと、力になろうと思ってくれるはずです。そうすれば男性の魅力はどんどん高まり、きっといい関係が築けるはずです。

どんなことも諦めない姿勢を見せる

どんなことも諦めない姿勢を見せる

彼氏のダメなところを諦めてはいけません。その気持ちは実は彼氏に伝わってしまっています。男性とは自分に対する評価に敏感で、自分の頑張りが認められないことに対し大きな不信感を抱きます。それが恋人の関係だったらどうでしょう?

彼氏のよくないところを、どうせ良くならないとあきらめてしまっては、彼氏は頑張る気すら失ってしまいます。彼女が彼氏の個性を認め、できること、できないことを認めてあげることで、彼氏は向上心を燃やすのです。

決してあきらめないで、彼氏のがんばりを長い目で見つめてあげましょう。

貸し借りにルーズにならない付き合い方

貸し借りにルーズにならない付き合い方

お金や物を始め、恩の貸し借りに関してルーズになる関係は、男女関係なく良くないことが起こります。何かしてもらったら必ず感謝し、そのことに対してちゃんと恩返しをしましょう。カップルだからといって毎日おごってもらっていたとして、お金はいいよと言われていたとしても、

必ずお金以外の何かしらの形で恩返しをしましょう。部屋を掃除してあげたり、肩をもんであげたりしてもいいでしょう。たまにはおいしい物をおごってあげるのも喜ぶかもしれません。案外こういう貸し借りに対しこだわりがある男性は多いはず。

ちゃんと言葉で謝る姿勢が大切

ちゃんと言葉で謝る姿勢が大切

何か悪いことをしてしまったと思ったら必ず言葉にして謝りましょう。謝ることができるというのは人間関係においてとても大切です。結局自分の非を認められないために崩れてしまう関係というのはとても多いのです。

例えば絶対に自分は悪くないと思っていても、相手が嫌な気持ちになってしまったのに関しては申し訳ないと思うべきだし、この部分は悪い、でもこの部分はやっぱり認められないの、というようにちゃんと会話になるように話を振っていきましょう。言葉にすることで、自分も少し大人になるし、彼氏もきっとその想いに気が付いてくれるはず!

常に好きな気持ちを言葉で伝える

常に好きな気持ちを言葉で伝える

彼氏に、ちゃんと自分が彼氏を好きだということをたまには伝えてあげましょう。男性は何か形にしないと実感できないことが多いのです。言葉にして聴くことで、きっと彼氏はあなたの存在を捉えなおして、愛おしく感じるはずです。その気持ちは、彼氏をダメ男になんかはさせません!

まとめ

全体を通して最も肝心なことは、言葉にするということ。これは案外難しいですが、言葉にすることによって色々な気持ちや問題を自分自身で捉えなおし、整理することができるのです。

そして彼氏に対しても、いい距離感をもった関係を作るためには、しっかりと意思を伝え合うということが大切なのです。