恋人との別れ方で円満に別れる流れや方法

 
恋人との別れ方で円満に別れる流れ・方法

楽しく付き合っている時間は良いものの、恋人同士に別れというものは訪れてしまうものです。しかし恋人との別れ方を失敗してしまうと、気持ちを引きずってしまったりトラブルに発展してしまったりすることがあります。

そのようなことにならないよう、恋人との別れ方には注意しましょう。円満に分かれるためにはどのようなポイントを踏まえておくことが大切なのか、詳しくご紹介していきます。


別れる前の下準備が大切

別れる前の下準備が大切

恋人と別れることを決めたなら、別れを切り出すための下準備を始めましょう。恋人との別れ方を熟知していて慣れているという方は別ですが、円満に別れるためにはさまざまな事態を想定しなくてはなりません。

スムーズに別れるためにも、ひとつひとつ準備を進めていきましょう。

具体的な準備の方法

具体的な準備の方法

恋人との別れ方をスムーズにさせたいなら、別れを切り出す前に下準備をしておくべきです。唐突に別れを切り出されては、相手も困惑してしまうもの。だからこそ、少しずつ別れの予感を感じさせるのも大切です。

連絡の回数を徐々に減らしたり、デートの時間を短めにしたりするなど、少しずつ心が離れているということを相手に伝えていきましょう。よほど鈍感でない限り、相手も今までとは違う雰囲気を感じてくれるはずです。

別れの決意を再確認する

別れの決意を再確認する

具体的な恋人との別れ方に入る前に、本当に恋人と別れたいと思っているかを再確認する必要があります。

何となく別れたくなってきているかも・・という曖昧な気持ちでは、スムーズな別れ方は成立しませんし、相手の気持ちを掻き乱したり、トラブルに発展したりする可能性もあります。何故別れを考えたのか、どのような事態になっても別れるつもりなのか、ひとつひとつ問題をチェックしていきましょう。

強い気持ちがあれば、相手がなんと言おうと別れに向けて進めていくことができます。別れたいという気持ちがブレないと再確認できれば、あとは誠意を持って相手に伝えるだけです。

簡易的な伝え方はダメ!会って話す

簡易的な伝え方はダメ!会って話す

恋人との別れ方は、誠意を持って相手に伝えるべきです。メールやLINE、SNSといった簡易的な伝え方は避けましょう。

正直、別れ話はお互いにとって辛いものですし、できれば短時間で済ませたいものでもあります。しかしだからといって簡単な一文で済ませてしまっては、相手が怒ってしまうこともあるでしょう。恋人との別れ方を円満に進めたいのなら、必ず直接会って気持ちを伝えるようにしましょう。

別れ話を匂わす言葉を

別れ話を匂わす言葉を

恋人と別れ話をしようと決意したら、直接会う約束をしましょう。「大切な話があるから時間が欲しい」と、伝えておくことがポイントです。

いつものようなデートの約束では、突然別れを突きつけられたことになりますが、大切な話が・・と改まって連絡されると、「何かあるかもしれない」と別れ話の可能性を考えた上で待ち合わせ場所に来てくれます。また、相手に宣言することにより自分自身の別れ話スイッチも入るでしょう。

別れ話を行う場所はどこがいい

別れ話を行う場所はどこがいい

恋人との別れ方は、円満に終わらせるべきです。そのためにはじっくりと話せる環境が必要不可欠となります。

別れ話を行う場所は、静かな場所を選ぶようにしましょう。あまりたくさん人がいる場所だと、話に集中できませんし、相手の声も聞きづらくなってしまいます。駅から少し離れたカフェや、ラウンジを選ぶようにしましょう。ただ、とことん話をしようと二人きりで話をするのは場合によっては危険な可能性があります。

周囲の目がない分、感情的になってしまうこともあるため、ある程度人気のある場所を選ぶようにしましょう。

会ったらすぐ話そう

会ったらすぐ話そう

恋人と待ち合わせたら、世間話などは挟まず、すぐに別れ話の話題に入るようにしましょう。余計な会話を挟んでしまうと、いつものようなデートかもしれないと相手が勘違いしてしまうことがあるからです。

また話が脱線しすぎて別れ話をするタイミングを失ってしまう可能性がありますので、早めに自分から話を切り出すようにしましょう。

気持ちはハッキリと伝えよう

気持ちはハッキリと伝えよう

恋人と別れたいという気持ちは、ストレートに伝えるのが一番です。あやふやな言い方では、相手が誤解する可能性がありますし、別れたいという気持ちを汲み取ってもらえない可能性があります。

相手を傷つけたくないという気持ちがあるかもしれませんが、曖昧な別れ話では返って深く傷つけることになります。単刀直入に伝えることこそ、相手のためになることと考えましょう。

別れる理由は

恋人に別れ話を切り出したら、ほとんどのケースでその理由を訪ねられることでしょう。この場合、相手の人間性を傷つけるようなことは避けるのがポイントです。

「生理的に受け付けない」「気持ちが悪い」「人としてどうかと思う」など、相手の人間性を全面的に否定しては、怒って逆上してしまう可能性があります。

100%相手に非がある場合でも、「自分にはそれを受け止められなかった」と自分の非も認めることで、逆上を防ぐことができるでしょう。

冷静に話し合う

冷静に話し合う

別れたいと気持ちを切り出しても、すぐに相手がそれを受け入れてくれるとは限りません。場合によっては、理由を何度も聞いてきたり、別れないと話が平行線になってしまったりすることもあるでしょう。

しかし、そのような場合になっても、感情的に話すことは良くありません。恋人との別れ方に失敗したほとんどのカップルが、感情的になった挙句、ケンカ別れという後味の悪い別れ方になっています。そのような事態に陥らないよう、冷静に話し合うようにしましょう。

相手に強い気持ちを示す

相手に強い気持ちを示す

別れ話が平行線を辿り、相手が別れに応じない場合でも、自分の気持ちが変わらないことを提示し続けましょう。

「いろんなことを真剣に考えた結果、別れることに決めた。この気持ちはもう変わることはない」と伝えることで、相手もその現実に向き合わざるを得なくなります。

この時に別れたいという気持ちが揺らいでしまうと、相手がまだチャンスがあると感じ取り、粘って話がこじれてしまうこともあるため、きっぱりとした態度を取ることが大切です。

過ごした時間に感謝しよう

過ごした時間に感謝しよう

恋人との別れ話は、気持ちの良いものではありません。しかし、一緒に過ごした時間があったことは事実です。どんな内容であれ、出会えて付き合えたことに感謝し、その気持ちを伝えるようにしましょう。

「別れる結果にはなったけれど、いい恋愛ができたと思う」「いろんな気持ちを勉強させてもらえた」と言われれば、プライドの高い相手でも別れを受け入れやすくなるでしょう。

また、既にふたりの関係が過去のものになっていると提示することで、相手もこの先がないということを理解しやすくなります。

相手からの連絡の対処方法は

相手からの連絡の対処方法は

恋人との別れ話が成立して別れたあとでも、元恋人から連絡が来る場合があります。「あの時は納得したけれど、やっぱり諦めきれない」「もう一度やりなおしたい」と何度も連絡が来るかもしれませんが、その都度、気持ちが変わらないということを伝えましょう。

頻繁にメールが来る場合は、「もう返信はしない」ときっぱり宣言して距離を置くようにしてください。別れ話を切り出したことを負い目に感じて、中途半端に優しさを出しては、相手も気持ちを整理しづらくなりますし、次の恋愛へお互いに進みづらくなってしまいます。

最後に

恋人との別れ方についてご紹介しました。スムーズに別れるためには、準備と誠意を持って話す姿勢が大切です。そして何より別れるという強い気持ちをブレさせないということがポイントになります。別れ話は辛いことですが、お互いの未来のためにも、良い恋人との別れ方を実行するようにしてください。