専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

 
専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り11選

結婚生活を続けて何年か経過した頃、夫の態度や性格に我慢が出来ず、離婚を考え始める女性は少なくありません。

しかし、専業主婦の場合、離婚するとなると見切り発車でことを進めてしまっては、離婚が成立しても経済的に辛い状況に立たされることになります。

専業主婦だからこそ、きちんと事前に準備を行ってから、離婚に踏み切るようにしましょう。そこで、専業主婦が離婚する場合、何をどう準備しておけば良いのか、ご紹介していきたいと思います。


専業主婦の立場を考える

専業主婦の立場- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦であるからには、離婚すると一番困るのがお金です。収入が一切なくなるので、ゼロから稼いでいかなくてはなりません。

見切り発車で離婚したものの、経済力がないことから生活保護を受けなければならないケースも多々あります。

勢いで離婚してしまわないよう、注意し、事前にきちんと経済力の準備を整えておくことが大切です。

まずは収入の確保を考える

まずは収入- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦は、自分で稼いでお金をもらうという行為がない状態のことを言います。だからこそ、離婚するならある程度自分で貯金をして新しい生活のための準備は進めておかなくてはなりません。

できるだけ長く働けそうな仕事を見つけてみると良いでしょう。しかし、長年専業主婦を続けてきた方にとって、社会に出て働くという行為はあまりにも急展開になりすぎて戸惑う部分も多いかと思います。

自信がないという場合は、短時間でも良いので少しずつ勤務する時間を増やしていきましょう。

夫に理由を尋ねられたら

夫に理由を尋ねられたら- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦で離婚したいと考えるなら、まずは将来のために経済力を養っておかなくてはなりません。

収入を得て貯金していくためにも、働きに出る必要がありますが、急に働き始めることに夫は違和感を覚えるでしょう。

もし、夫からなぜ働いているのかと尋ねられたら、「育児が落ち着いてきたから」「気分転換も兼ねて外に出たい」など適当な理由で説明しておくと安心です。間違っても「離婚したいから」などと言わないようにしましょう。

稼ぐ金額に注意

稼ぐ金額に注意- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦から働き始めると、楽しいあまりどんどん稼ごうとしてしまう方がいらっしゃいます。

早くお金が貯まれば、早く離婚することができますが、あまり稼ぎすぎると夫の扶養から外れてしまう可能性もあるため、注意が必要です。気づいたら許容範囲を超えていて、夫の会社からクレームが出てくる、なんてことも考えられます。

1年のうち103万円までなら扶養を外れることはないので、月々の稼いだお金はきちんと管理して、オーバーしないようにしておきましょう。

長く働ける仕事を考える

長く働ける仕事- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦から離婚したい場合、お金の準備も大切ですが、新しく住む家を確保することも大切になります。

新規で家を契約する場合、仕事の勤続年数により契約できない場合がありますので、できるだけひとつの職場で長く働いておくようにしましょう。

離婚したいと思い始めてから、すぐ働き始めれば、勤続日数はどんどん経過していくので、いざ離婚して一人暮らしを始めるときも、スムーズに進めることができます。

自分名義の口座

自分名義の口座- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦から脱し、働く主婦になって得た収入は、個人名義に振り込んでもらうことが大切です。

残高の確認はもちろん、離婚したあとの手続きも名義変更だけで済むからです。もし、普段使っていない夫名義の口座に振り込んでいたら、いざ離婚した時に財産分与によりせっかく稼いだお金をわけなければならない可能性があります。

このリスクを避けるためにも、新しく自分の講座を作っておくようにしましょう。新しく口座を作るときには、判子を押しますが、苗字ではなく名前の印鑑を準備しておけば、離婚後に新しく印鑑を作り変えることなく名義変更することができます。

クレジットカードを作っておく

クレジットカードの作成- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦のあいだに進めておく離婚準備のひとつに、クレジットカードの作成があります。

クレジットカードを持っておくと、一人暮らしをした時に非常に便利です。個人だと収入がないことからクレジットカードは作成できませんが、夫の収入が安定していれば、加入できるカード会社もあります。離婚する前に作成しておけば、何かと重宝することでしょう。

離婚理由を明確に

離婚理由を明確に- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦で離婚したい場合、どのような理由によって離婚を望んでいるのかによって、離婚の進め方は違ってきます。

例えば、夫に浮気ぐせがあり、いつも違う女の人のところにフラフラと行ってしまうようなら、離婚するときに慰謝料請求をすることができます。また、夫が家計にお金を入れてくれない、仕事をしようとしない、暴力を振るわれるという行為も、立派な離婚理由のひとつです。

離婚する理由が明確にある場合には、その理由を裏付ける資料を作っておく必要があります。浮気相手との写真や、暴力を振るわれている時の状況を日記に書き残しておくなど、地道な準備が必要です。ただ、資料作りはプロの力を借りるのが安心でしょう。

弁護士や探偵事務所などに相談し、きちんと証拠をつかみ、整理しておくことが大切です。

子供がいる場合は

子供がいる場合- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦で離婚したいけれど、まだ小さい子供がいるという場合、養育費や生活費の援助を夫に求めることになります。その場合、口約束だけで月々の金額を決めてしまうと、あとあと支払われない可能性が高くなるので注意しましょう。

最初は順調に振り込まれていても、元夫に新しい家族や恋人ができれば、急に振込はストップしてしまいます。そうなると一気に貧困状態へと陥り、生活するだけで精一杯になってしまうでしょう。

そのような事態にならないために、離婚して受け取る養育費や生活費においては、公正証書という法律的に権限のある書類で明確に書き残しておく必要があります。

離婚に詳しい弁護士などに相談すれば作成してくれるので、必ず作っておくようにしましょう。この公正証書があれば、振込が滞ってしまったら強制執行で元夫の収入や財産を差し押さえることができます。

離婚後の生活をイメージする

離婚後の生活- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦で離婚する場合、離婚したあとの生活についてしっかりとイメージしておくことが大切です。

夫から解放される!というポジティブなことばかりだけでなく、収入を自分で稼ぎ続けなければならないということ、病気をした時の保証はほとんどゼロに等しいこと、老後もひとりでいる可能性があるという現実も考えておきましょう。

さまざまな可能性を考えた上で、離婚するということに向き合っていかなくてはなりません。

離婚の話は冷静に

離婚の話は冷静に- 専業主婦が離婚する前に準備しておくべき段取り

専業主婦から離婚する場合、これまで一緒に築き上げてきた財産や、年金などは分割することになります。しかし離婚の話し合いにおいてお互いにヒートアップしてしまうこともあるでしょう。

実際に、お金や財産を分割する段階でさまざまなトラブルが起きるのは事実です。

ただそのようなやりとりが面倒くさいからと離婚届だけで済ませてしまうと、得られるはずの貯金もゼロになってしまうので慎重に話していくようにしましょう。どうしても冷静になれない場合は、弁護士を交え、慎重に離婚協議を進めていくようにしてください。

まとめ

専業主婦の立場から離婚する場合、何をどう準備していき、離婚手続きを進めていくべきかについてご紹介しました。専業主婦が離婚したいと思うのなら、まずは仕事とお金の確保が重要です。

離婚後の生活にギャップが生じすぎないよう、離婚したいと思ったらすぐに行動をスタートさせ、準備を整えておきましょう。準備を進めていくうちに、本当に離婚すべきかどうかも、見えてくるはずです。