好きな人に好かれたい時に70%の確率で両想いになれる方法

 
好きな人に好かれたい時に70%の確率で両想いになれる方法

好きな人がいるのに、いつも片思いで終わってしまう。好きな人に振り向いてもらえないのに、全く好きじゃない人に告白されてしまう。そんな悩みを抱えていませんか?好きな人に好かれたいという気持ちは、誰もが抱いているものです。

しかしそれを実現させるのは容易ではありません。しかし、あるポイントを押さえて行けば、好きな人に好かれる確率が高くなるのです。好きな人に好かれたい人に向けて、好かれるポイントをご紹介していきましょう。


なぜ好かれたい人から好かれないのか?

なぜ好かれないのか

好きな人に好かれたいと思っているのに、一向に好かれる気配がない。しかし、全く感情がない人に限って好かれてしまう。そんな方は自分の魅力を十分に好きな人に発揮できていない可能性があります。

好きでもない人に好かれてしまうのは、あなたが恋愛対象外の人に、リラックスして接しているからではないでしょうか。どう思われてもいいから、素の自分も平気で見せることができ、結果的にそれが魅力的に映るのです。

本音で付き合える女性ほど、男性はより真剣に付き合いたいと感じるからです。しかし、好きな人には良く思われたい、嫌われたくないという気持ちが働くため、本当の自分を包み隠してしまうのです。

結果的に自分の魅力を最大限に伝えていないからこそ、好きな人は振り向くチャンスを逃してしまっているのです。

まずは会う回数を増やす

まずは会う回数をUPする

好きな人に好かれたいなら、できるだけ会う回数を増やすようにしましょう。なぜなら、人は頻繁に会う人に好意を抱くからです。何度も顔を合わせているうちに、顔なじみになり、相手への抵抗感がどんどんと薄れていきます。

また、頻繁に会うことで相手の潜在意識にあなたの存在が埋め込まれ、ふとした瞬間に思い出したりすることも増えていくでしょう。

会うリズムを決めよう

会うリズムを決めよう

好きな人に好かれたいなら、会うリズムや連絡するリズムを決めましょう。例えば、通勤時間が決まっているのなら、同じ電車に乗って最寄り駅で会えるようにしたり、出勤する時間を見計らって毎回エレベーターで挨拶したりするのも良いでしょう。

連絡先を交換しているのであれば、決まった時間に連絡してみるのもオススメです。例えば、ランチタイムの12:30に、ランチの写真を送ってみてはいかがでしょうか。「初メニューにチャレンジしました。」「新しいお店のリサーチをしています」など、グルメに関心がある相手なら、負担にならずにメールを受け止めることができるでしょう。

そして、毎日のように送り続けて1か月ほどしたら、急に送るのをやめてみるのです。今まで同じ時刻に来ていた連絡がパタッと途絶えることで、相手はあなたに何かあったのでは?と気になり始めます。

もし、好きな人から「今日はランチ行かなかった?」と連絡が来れば、徐々にあなたに興味が湧き始めている可能性が高いと言えるでしょう。

ちょっとだけ困ったことを助けてもらう

ちょっとだけ困ったことを助けてもらう

好きな人に好かれたいなら、ちょっとした困ったことを助けてもらえるようにしましょう。例えば、彼が通りかかった時に、棚の上にあるものを取ってもらったり、仕事の資料作りを手伝ってもらったりすると良いでしょう。

ちょっとした困りごとを助けてもらっているうちに、彼は、だんだんとあなたへ惹かれていくでしょう。これは、人を助けることによりその人を好きになりやすくなる心理が関係しているからです。

さりげなく頼っているうちに、彼の方から「何か困っていることはない?」と聞いてくるかもしれません。

相手を人前で褒める

相手を人前で褒める

好きな人に好かれたいなら、好きな人のことを誰かがいる前で褒めてみましょう。困ったときに助けてもらったエピソードや、仕事のスマートさなどを話すことで、彼の気分は良くなるだけでなく、あなたのことが気になり始めてきます。

人は、自分のことを褒めてくれる人に好意を抱きやすいのです。単に彼に向かって褒めるのではなく、誰かに話している様が、より効果を増幅させます。

また、何度も褒められることで満足度が増していき、最終的には「この人にもっと褒めてほしい」と思うようになるのです。

似た者同士になる

似た者同士になる

好きな人に好かれたいなら、彼の一挙手一投足を観察してみましょう。そして、彼と同じように行動してみるのです。レストランに行ったら同じメニューを注文してみたり、相手がコーヒーブレイクしたタイミングで自分もお茶を飲むようにしたりします。

行動パターンが似てくると、自然と彼はあなたのことを心地よく思ってくるはずです。ただし、あまりじっと見ながら同じ所作を繰り返していると、周囲に怪しまれてしまいますし、本人にも気づかれてしまう可能性があるので、注意しましょう。

誘いやすいフレーズを使う

誘いやすいフレーズを使う

好きな人に好かれたいなら、相手から誘われやすいフレーズを常に発するようにしましょう。例えば、「新規開店したラーメン屋があるけど、女一人ではなかなか行けない・・」「映画の試写会が当たったんだけど、ホラーだから一人だとちょっと・・」と言うことで、相手が「じゃあ一緒に行く?」と誘いやすくなります。

恋愛に慣れていない男性であればあるほど、女性を誘うことへの敷居の高さを感じています。だからこそ、自ら敷居を下げて、誘いやすくするのです。ただ、この方法は好きな人だけに行うようにしましょう。誰でも同じように接してしまうと、単に誘いやすい軽い女と誤解されてしまう可能性があるからです。

どんな時もよく笑う

どんな時もよく笑う

好きな人に好かれたいなら、笑うことを心掛けましょう。どんなことにも楽しさを見出して笑うことができれば、一緒にいて楽しい人と思うようになります。

笑顔であればあるほど、一緒にいる相手はリラックスしていきますし、好きな人と一緒にいるときこそニコニコしていれば、自ずと「自分と一緒にいて楽しいのかも?」と感じるようになります。

容姿を整え軽い女と思われない様に

容姿を整え軽い女と思われない様に

好きな人に好かれたいなら、容姿をきちんと整えることも大切です。普段肌の露出が多い女性は、できるだけ控えめなファッションに切り替えていきましょう。

男性は、露出度の高いファッションの女性に対して、軽い女とレッテルを貼ることがほとんどです。軽い女と真剣に付き合おうとする男性はまずいませんから、遊ばれて終わることのないよう、本命の女性になる努力が必要です。

相手の話をしっかり聞く

相手の話をしっかり聞く

好きな人に好かれたい場合、どうしても自分の気持ちを押し付けてしまいがちです。しかし、一緒にいるときはできるだけ聞き役に徹するようにしましょう。

男性は自分の話を丁寧に聞いてくれる人に好意を抱きます。話すたびにきちんと相槌を打ち、時には「すごいね」「かっこいい!」と褒めることで、あなたに話すことそのものが楽しくなっていきます。

また、相手の話を聞き出すことで、彼の情報もたくさん知ることができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

感動をプラスしてみる

感動をプラスしてみる

好きな人に好かれたいのなら、相手が感動するようなことをしてみてはいかがでしょうか。

お誕生日にサプライズでプレゼントを渡したり、彼から頼まれた仕事を一生懸命サポートしたりすることで、「普通ならしてくれないことをしてくれた」と感動するでしょう。このアプローチは、ある程度関係性が成り立ち始めてから行うと、より効果的です。

 まとめ

好きな人に好かれたい場合、実践すべきポイントについてご紹介しました。さまざまな段階を経てひとつひとつ丁寧に実践していくことで、本当に好きな人に振り向いてもらいましょう!