女磨きで一歩差をつける方法!惚れ惚れする自分に変身するには?

 
女磨きで一歩差をつける方法!惚れ惚れする自分に変身

最近、あなたは女磨きできていますか!?こんな質問に「ドキ!」「ヤバ!」と感じる方も多いのではないでしょうか。女磨きは継続してこそ意味のあるものです。怠れば怠るほど、女子力は下がっていきます。

もう一度モチベーションを上げるためにも、女磨きを今すぐ始めましょう。そこで、女磨きに関するさまざまな項目をたくさんご紹介していきたいと思います。

女磨きなんてしなくても、充分モテてるし彼氏もいるし、自分には必要ない。そんな風に考えていませんか?確かに、現状に満足しているのなら、それで構わないのかもしれません。

しかし、これから先の未来においてはいかがでしょうか。女磨きを怠れば、未来の自分は徐々にくすんでくるでしょう。女磨きは今の輝きを継続することでもあるのです。だからこそ、続ける意味があります。


女磨きは何をする?

女磨きとひとくちに言っても、その種類はさまざまです。外面を磨くことも大切ですが、中身も一緒に磨いていくとさらにグレードアップしていきます。まずは、外面の女磨きから順番にご紹介していきましょう。

まずは自分を鏡でチェック

鏡でチェック

女磨きの入り口として、まずは外面からご紹介していきます。まず、鏡の前に立って自分をよく観察してみましょう。髪、肌、メイク、ファッション、ボディラインは完璧でしょうか。ひとつでもかけたら女の魅力はバランスを崩してしまいます。

さまざまな角度から鏡に映る自分の姿を観察し、修正すべき点をピックアップしていきましょう。大切なのは今の自分を知ることです。現実から目をそらさず、それを認識することができれば、あとは修正して理想まで引き上げるのみです。

髪は女の命 髪のケア

髪は女の命

女磨きとして、まず取り組むなら、髪のケアを行いましょう。パサついた髪、伸びきった髪ではどんなにオシャレをしても冴えません。逆に言えば、髪がきちんと手入れされていれば、それだけで女っぽさがUPするのです。

サロンでヘアスタイルを整え、トリートメントで毛先までしっかりとケアしていきましょう。ツヤツヤに潤った髪は、思わず自分でも触りたくなるはずです。ちょっと数時間サロンに行くだけでOKなので、定期的にヘアケアし続けるようにしましょう。

肌を磨く 綺麗なスベスベ肌に

肌を磨く

女磨きとして、髪を整えたら、次は肌を整えておきましょう。カサカサしていたり、脂っぽくなっていたりしないかチェックし、スキンケアをイチから見直していきます。丁寧な洗顔をし、しっかりとすすぎ、たっぷりの化粧水で水分チャージするだけで、お肌はぷるんとよみがえります。

かさつきがある場合は、コットンでパックするのも良いでしょう。また、クリームなどでマッサージをすれば、血行が促進され、筋肉の偏りも改善できます。きめ細かに整った肌があれば、薄化粧でも充分美しいですし、メイク崩れもしにくくなります。キレイな肌が嫌いな男性などいませんから、毎日のケアをきちんと整えていきましょう

ファッションを磨く センスを磨く

ファッションを磨く

女磨きとして、次はファッションを見直していきましょう。女磨きとして、新しい服を追加するのも良いですが、普段の服でも十分垢抜けることは可能です。例えば、いつも着ている服を、きちんと着こなせる状態へと仕上げてみてください。

白いものは真っ白に洗い上げ、シミを取り除きましょう。黒いものはホコリに注意し、色物はくすみが出ていないかをチェックしていきます。また、アイロンが必要な場合はきちんとかけ、柔らかいものは柔軟剤でソフトに仕上げましょう。

普通のことをきちんとするだけでも、持っている服はイキイキとしてきます。また、ひとつひとつのアイテムをきちんと管理し、使いこなすからこそ、上品さが醸し出されてくるはずです。

ダイエットとコーディネート

ダイエットとコーディネート

女磨きとして、次に注目したいのがボディラインです。太りすぎていたり、やせすぎたりしていないでしょうか。また、気になる部分を隠すためにダボダボの服を着ていては、魅力は半減してしまいます。

ダイエットが必要な方は継続しつつ、コーディネート術を身に着けていきましょう。同じワンピースでもボーダーよりストライプの方が着やせしますし、ウエストよりもハイウエストの切り替えしが足長に見えます。

また、ベルトやショールでワンポイント作ることで、よりおしゃれ感がUPするでしょう。ボディラインを大切にしつつ、自分に合ったコーディネート術を身に着けることが大切です。

やっぱり中身が大切 中身を磨く

中身を磨く

女磨きとして、外見を最低限整えることができたなら、次は中身を磨いていきましょう。まず、一度は通過していただきたいのが、所作の勉強です。

お箸の持ち方、和食の正しい食べ方、フレンチを食べるときのフォーク使い、目上の人への心配りなど、当たり前のことをあえて勉強するのです。意外と日常の中ではできていないことが多いですし、自己流になりがちです。中には、間違った使い方を正解だと思い込んでいることもあるでしょう。

ひとつひとつの所作により、その人の人柄や家柄が浮かんでくるものです。だからこそ、所作の基本から学びなおしていきましょう。

料理の腕を磨く

料理の腕を磨く

女磨きとして、次に取り組んでいただきたいのが、料理です。料理上手が嫌いな男性はいませんし、料理が楽しくなれば自然ときちんと食べることにも繋がるため、ダイエットや美容にも影響してきます。和食の基本から、オシャレなアレンジ料理まで、自分のスキルにあったスクールを選ぶようにしましょう。

意識を高める 体を動かす

体を動かす時間

女磨きとして、次に追加したいのが、身体を動かす時間です。日舞、エアロビ、水泳、トレーニングマシーン、テニス、ヨガなど何でも構いません。身体を動かすことで、身体への意識が高まりますし、ボディラインをチェックしやすくなります。

また、身体を動かすことで、心身ともにリフレッシュし、ネガティブな発想も取り除きやすくなるでしょう。悩みがあっても、身体を動かしていれば自然と前向きになれるものです。心のバランスを取る上でも、何か身体を動かすことを始めてみましょう。

知識を身に着ける

知識を身に着けよう

女磨きは、脳にも必要です。語学や株、為替、資格など仕事にもプラスになることを勉強してみましょう。意外と、学生以来、一生懸命に勉強することは少なくなるものです。

だからこそ、知識を身に着けてスキルアップすることが大切です。習い事する時間がないという方は、新聞をしっかりと読む時間を創るだけでも違ってきます。知識を手に入れると、人は堂々と話すことができるものです。

いつも話題や話の内容に自信がないという方は、新聞や本を読んで知識をインプットしていきましょう。

自分だけの趣味を見つける

自分だけの趣味を見つける

女磨きとして、オリジナルの趣味を見つけるのもオススメです。園芸、陶芸、楽器、映画鑑賞、美術館めぐり、など自分の興味がわくものを探してみましょう。

オススメは、園芸や美術館巡りなど、美しいものを見る時間を増やす趣味です。美しいものを眺めると、自然と心は落ち着き、美への関心が高まります。より美しくなりたいという方は、美に通じる趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

女磨きについて幅広くご紹介しました。さまざまな女磨きの方法がありますので、是非実践してみてくださいね。

良い女に近づくためには、日々の積み重ねが重要です。明日から始めようと思うのではなく、今すぐに、あなたらしい女磨きをスタートさせていきましょう!それが、良い女への早道です。