男性から「あいつは軽い女だ」と太鼓判を押される女の特徴!

 
男性から「あいつは軽い女だ」と太鼓判を押される女の特徴!

いつも恋愛が長続きしないのに、すぐに彼氏ができる女性をうらやましいと思った経験はないでしょうか。確かに、いつでも彼氏ができるということは、良いことのように思います。

しかし、実際にはその女性に魅力があるのではなく、単に軽い女とみられている可能性があると言えるでしょう。また、さまざまな男性から声をかけられやすいという方は、軽い女として認識されているのではないでしょうか。

軽い女の言動をきちんと認識しインプットすることで、イタイ軽い女にならないようにしましょう。


1.軽い女とは

軽い女とは

軽い女と言っても、さまざまな特徴があります。容姿や言動、過去の経験値など、軽い女とジャッジされる要素はいたるところに隠れているのです。

特に気を付けたいのは、男性から「あいつは軽い女だ」と太鼓判を押されてしまうことです。男性にとって軽い女はその場限りの関係でOKな女性という意味であり、真剣に恋愛したい対象にはなりません。

遊ぶ女として処理され、真剣な交際は清楚な女性を選ぶことが多いと学んでおきましょう。

2.露出が多く服装が軽く見える

露出が多く服装が軽く見える

軽い女は、服装を一目見ればわかります。まず、肌の露出の多さに注目してみましょう。軽い女のほとんどが、どこかしら露出をしているはずです。

短いスカートやショートパンツをはいて生足をちらつかせたり、胸元の大きく開いた服をきてバストを強調したり、背中が腰まで開いている服を着用したりと、さまざまな部分を露出しています。

肌が見えれば見えるほど、セクシーさが増して男性の視線を集めることになり、簡単に誘えると思われてしまうのです。

3.手の動きが大げさ

手の動き

軽い女は、とにかく話しながら手を大きく動かしたり、隣の男性にボディタッチをしたりします。

話すたびに肩や背中にタッチしたり、さりげなく太ももに手を置きながら話したりするため、男性は意識してしまいがちです。

露出の多い服装でボディタッチを繰り返せば、自分にその気があるのでは?と勘違いしてしまうでしょう。

4.メイクが濃い

メイクが濃い

軽い女は、とにかく自分をよく見せようとすることが多い為、自然とメイクが濃くなる傾向があるようです。

アイラインをしっかりと引くことで目の印象を強くすることができますし、グロスをたっぷりと塗った唇はセクシーさを強調させます。

しかし、薄めのメイクで勝負している軽い女もおり、一概にメイクが濃いだけで軽い女とは言い切れない部分もあると言えるでしょう。

5.誘いやすい発言をする

誘いやすい発言をする

軽い女は、男性が簡単に誘えるような言葉を常に話しています。

たとえば、「観たいと思っている映画があるけど、一人で映画館に行ってもつまらないかも」「最近、このお店に食べに行きたいと思っている」「カラオケに行きたい気分」「明日暇すぎて死にそう」など、男性が「じゃあ一緒に行こうか?」と誘いやすいフレーズを用意しているのです。

男性は、プライドが高い生き物ですから、誘って断られることにナーバスになります。確実に誘っても大丈夫だろうという雰囲気があるからこそ、気軽に誘うことができるのでしょう。ただ、本命として誘われているわけではないので、ただの軽い女止まりで終わってしまう可能性もあるので注意が必要です。

6.押しに弱い

押しに弱い

軽い女は、相手の意見に押されてしまい、流れで関係を持ってしまうことが多々あります。

男性からアプローチされれば、ひょいひょいついていってしまうのです。男性からすれば、少し強めに誘えばすぐにベッドを共にできると、都合の良い軽い女として扱われてしまうでしょう。

終電だからと帰ろうとしても、相手からあの手この手で引きとめられて最終的にお泊りせざるをえなかったというパターンが多いようです。

7.飲み会の参加率が高い

飲み会の参加率

軽い女は、とにかく飲み会の参加率が高いのが特徴です。

押しに弱いことから、飲み会への誘いも断れなくなってしまうからでしょう。毎日のように飲み会に参加しているという様子をSNSなどで感じ取られれば、この人は軽い女なんだなと感じられてしまうでしょう。

飲み会の回数は必要最低限にし、SNSに挙げられた写真についても細心の注意を払うようにしましょう。

8.お酒の量

お酒の量

軽い女は、自分が飲めるお酒の量をコントロールできないケースが多いです。楽しくお酒を飲んでいるうちに、どんどんピッチが速くなり、最終的には一人でふらふらしてしまうほど飲んでしまいます。

酔った状態の女性は隙だらけで、いとも簡単にホテルや自宅へと連れ去られてしまうでしょう。

9.下ネタが得意

下ネタが得意

軽い女ほど、下ネタの話にくいついていきます。男性が話し始めた下ネタの全てに対応してしまうと、軽い女だと思われてしまうでしょう。

男性は女性にセクシーさを求めるものの、リアルな下ネタに反応されるのは下品だと思われてしまうことが多々あります。

軽い女ほど、経験が多く饒舌になりがちですが、そのような女に見られたくないと思うのなら、下ネタはほどほどにしておき、軽く笑って交わすのがベストだと言えるでしょう。

10.過去の経験

過去の経験

軽い女ほど、周りに対して過去の男性経験を自慢します。何人の男性と付き合ってきたか、といった人数の自慢から、最近どれくらいの人から誘われているなど、とにかく自分が男性からモテている存在だとアピールします。

しかし、同じ女性から見れば、それはただ軽い女だから利用されているとしか思われません。

11.宿泊回数の多さ

宿泊回数の多さ

軽い女ほど、自分の家に定着しないことが多々あります。たとえ同性の家であってもしょっちゅうどこかの家を泊まり歩いているようなら、軽い女として印象付けられてしまうことがあるでしょう。

他人の家でも躊躇なく泊まれるということは、男性の家にもすぐに泊まれるという認識になるからです。自分の家があるのにあまり帰らないといった様子が周囲にわからないようにすることが、軽い女に見られないための予防策と言えるでしょう。

12.すぐに男性を求める

すぐに男性を求める

軽い女は、少しでも独り身の時間が発生すると、すぐ誰かと一緒にいたいと思うようになります。一人でいる時間に慣れていないため、誰でもいいからそばにいてほしいと思ってしまうのです。

いつも男を紹介してほしいと周りに話している女性は、軽い女だと見られてしまうでしょう。自立している現実な女性なら、一人の時間が少々あったとしても、魅力を失うことなく、自分から求めなくても男性が寄ってくるはずです。

13.スケジュールの空白が嫌い

スケジュールの空白が嫌い

軽い女ほど、スケジュールは毎日びっしりと埋め尽くされています。約束がないことがストレスになってしまうからです。

このため、スケジュールを埋めようとどんな男性でもいいから誘おうとしてしまうのです。

「御飯にいかない?」「明日映画どう?」「今晩ヒマ?」など、しょっちゅうこのような連絡をしていると、軽い女だと認識づけられてしまうでしょう。

 まとめ

軽い女の言動についてご紹介しました。軽い女として見られることは女性にとってはデメリットでしかありません。その場限りの関係で終わらないためにも、軽い女に見られないための努力をするようにしましょう。

もし、軽い女としてしか扱われなければ、まともな恋愛を積み重ねることはできません。すぐに浮気されてしまったり、結婚できない可能性がどんどん高まってしまったりするでしょう。

そうならないために、服装に注意し、会話の内容や日々の行動を見直すことで、軽い女レベルはどんどんと下がってきます。軽い女から清楚な女に飛躍し、男性が長く付き合いたいと感じる魅力的な女性になりましょう。