かっこいい男と感じる瞬間とは?どんな仕草なのか?

 
かっこいい男と感じる瞬間!見逃してませんか?

自分の恋愛経験を思い返せば、女性は年代によって男性に何を求めるかが変わっていると思いませんか。まず10代はとにかく外見のよさや長身といった、自分が友達に自慢できる見栄えの良さをメインに相手を選んでいた人が多いはず。

その代わりそういった男性は性格が未熟だったりすぐ他の女性の誘いに乗ったりするタイプが多く、泣いた人も多かったでしょう。

20代に入ればそろそろ結婚を考え出す年代なので、相手に求める条件が見栄えの良さと収入や性格が同じくらいの割合になってきます。

面白い事に、年代があがるにつれて外見よりも性格を重視する女性が増えてきますが、それは女性側も精神的に成熟してきたのと、付き合い続けるには衰える容貌よりもいつまでも変わらない内面が大事であるのを理解してきたからなのでしょう。そんなカップルは、顔よりも彼のふとした行動や心の持ちようをかっこいい・惚れ直したと思う時がいくつもあるのだとか。

そこで、そんな瞬間をご紹介します。彼は顔も平凡だし服装もダサいなんて思っているあなたは、ただ男性のかっこいい瞬間を見逃しているだけなのかもしれませんよ。


さりげなくお姫様扱いしてくれる

さりげなくお姫様扱いしてくれる

男女平等という言葉が一般的になってきて男性顔負けにバリバリ働く女性も多いですが、やはり心の中ではお姫様扱いされたいもの。騎士道精神からくる欧米のレディーファーストのような概念を日本は持ちませんが、日本の男性はおおっぴらにやるのではなくさりげなく行なうのが得意ですね。

さりげなさ過ぎて気付かない女性も多く、そんな女性の「大事にしてくれない」という愚痴も黙って受け止める優しい心を持っているのが日本男性の特徴なのでは。例えば道の車道側を歩くのはもちろん、羽目をはずしている一群に彼女を近づけないよう間に入って歩く、買い物袋は重いほうを持つ、なんて事もさりげなくしてのけます。

彼に不満を持っている方は、あなたと一緒にいる時の彼の行動をじっくりチェックしてみましょう。彼の意外な優しさに気がつくかもしれませんよ。

忙しそうな人に先を譲っていた時

忙しそうな人に先を譲っていた時

譲り合いの精神は世界中にありますが、あちこちで「譲りましょう」などの言葉を見かけるのは日本だけではないでしょうか。

わざわざ書かないといけないその裏には、譲り合う余裕がないほど忙しくなってしまった日本人の生活環境が垣間見えるようです。

そんな中で、自分は後で構わないからと先を譲るような人は、心に余裕があってよく気配りできる人に見えますよね。そんな人はおっとりした優しげな雰囲気をもっているので、一部の人からは気弱・軟弱ととられる事が間々ありますが、それでもその行為の素晴らしさはみんながお手本にすべきもの。

もしあなたの彼がこのようなタイプなら、ぜひ誇りに思い真似してください。

人の外見で態度を変えないのを見た時

人の外見で態度を変えないのを見た時

お客様は神様って言葉がありますよね。本来は舞台を見に来てくれる観客を神様と思い、雑念を取り集中した観客に恥じないような舞台をする、という意味の客を迎える側の心構えであって、神様のようにもてなせという客側の要望ではないのです。

その本来の意味を知らずに、客側の立場を上と思って横暴に振舞う方が多く目に余る時があるほどです。

そのような人はどの場面でも相手が自分よりも上か下かで態度を変えますから、いくら他が良くてもお付き合いを考える欠点ですよね。反対にお店の人でも上司でも同じような丁寧な態度を取るような彼なら、見るたびに惚れ直してしまうかも。

知らない人にも親切な時

知らない人にも親切な時

自分を大事にしてくれる彼はとても嬉しいですよね。でも自分だけを大事にしてくれる彼はどうでしょう?

例えば、混み合った電車で他の人を押しのけてまで彼女に座る場所を用意されたら、そこまでしなくて良いと思いますよね。

周りに優先されるべきお年寄りや妊婦がいたとしたら、なおさら居たたまれない気分になるでしょう。そんな風に彼女に盲目過ぎる彼よりは、自分よりも困っている人を優先してくれる彼の方がかっこいいですよね。

お年寄りや子供はもちろん、はてには動物までに親切にしているのを見ると、和むとともに惚れ直す人もいるのでは。

礼儀正しく振る舞っている時

礼儀正しく振る舞っている時

礼儀正しい人は男女構わずとても好感をもたれますね。だからといって恋人の間でも礼儀正しく振舞われては、なんだか息がつまりそう。

それよりも、いつもは何だかぼんやりしている彼でも、目上の方や年上の方に会った時にはきちんと礼儀正しく振舞える方が、そのギャップゆえに彼をとてもかっこよく感じてしまうのではないでしょうか。

そのようなTPOをわきまえている彼は、同年代の男性よりもずっと大人っぽく素敵に見えるはずです。

代わって力仕事をしてくれる時

代わって力仕事をしてくれる時

男性をかっこいいと思う瞬間の多くは、自分が重いと思っている荷物を軽々運ぶ・手が届かない場所にあるものを取ってくれる・家具の配置換えも楽々なんていう「男性らしさ」が良く表れている点なのではないでしょうか。

彼と体重が同じで細く見えたとしても同様に大変な仕事を軽々とこなすのは不思議に見えですが、女性の筋肉量は男性の7割程度であるのを考えれば納得です。

自分にないものを欲しがるのが人間ですが、この点においては確かにと頷かざるを得ませんね。

男性らしいパーツが目に入った時

男性らしいパーツが目に入った時

自分にないもので憧れる部分のもうひとつが、このパーツです。

女性に男性の好きな肉体的部分はどこかと尋ねると、「ごつごつした手」「広い肩」「手首・足首の骨」なんていうパーツを挙げる人がかなり多く、これも同じく女性よりも骨密度の高い骨や多い筋肉が見えると、自分にないものとして惹かれるのです。

彼が袖まくりしたり、作業する時に見える筋肉などを見ると、そのたびにドキドキする人も多いのでは?

努力する姿を見た時

努力する姿を見た時

人間は誰でも多少なりともプライドは持っていますが、特に男性のプライドは生活・収入・恋人・仕事と多方面において高いです。

その分他と比べて劣っている部分がコンプレックスとなってしまうのが女性に比べて非常に多いのですが、大概は文句を言いながらも折り合っていくか仕方がないと卑屈になって、うまく物事が進まないとそのコンプレックスを言い訳にする男性達ばかり。彼の表も裏も知りたいと思う女性でも、言い訳と愚痴ばかりならばそれは知りたくなかったというのが本音です。

大変でも心の中に収めて耐えそれを改善するために努力する彼は、一人の人間としてとても素敵ですね。

周りの評判が良いのを聞いた時

周りの評判が良いのを聞いた時

物事には主観と客観があって、ある特定のものに対しては主観と客観が180度異なる、なんて事も不思議ではありません。

それはその特定のものにどれだけ気持ちが入っているか、というのが大きな違いとなる原因ですが、これはあなたから見た彼にも当てはまります。

自分の好きな相手以外はどうでもよいと考える彼氏なら、自分とってはいくら優しくて素敵でも周囲からはなんだか冷たいぶっきらぼうな人と思われている可能性もあります。

そのギャップを知ると、もしかしたら周りの評価が本当なのではないかと結構ショックですよね。反対に周りの評判がよければ、欲目が入っていない分それが本当の彼の評価だと考えてよいでしょう。

甘えさせてくれる時

甘えさせてくれる時

仕事や人間関係で嫌になる事はたくさんありますね。出来るだけ自分で対処しようと思っても、一人だけではどうにもならなくなるほど落ち込む時だってあるはず。

そんな時に「自分で何とかしろ」という彼なら、もう別れてしまいましょう。

無条件に愛情を与えてくれる親のように気持ちが落ち着くまで甘やかしてくれる彼は、改めてかっこいいと思いこれからも大事にしてもらおうと頑張る励みになるのでは。

まとめ

今度のデートの時は彼のかっこいい部分を探して、もし見つけた時は素直に褒めましょう。

きっと喜んでくれるに違いありません。彼のかっこよさに似合う彼女でありたいものですね。