飲み会嫌いの女性が印象度を上げる方法

 
飲み会嫌いの女性が印象度を上げる方法

飲み会では元が取れないから…、お酒は楽しめないし…、どうもあのノリが苦手…、そんな「飲めない系女子」の皆さん、悲観する必要はありません。この1基本的なメソッドを知ることができれば、次の飲み会が楽しみなること請け合いです。

このメソッドをきちんと守れば、飛躍的に印象度、モテ度が上がることは間違い無し! 「飲めないから行かない」ではなく、「飲めないからこそチャンス」と思えるようなメソッドをご紹介いたします。


その1「お酒は必須ではない?」

その1「お酒は必須ではない?」

最近の飲み会では、お酒を遠慮する人々が増えています。というのも、急性アルコール中毒の事件の多発や、アルコールに抵抗がある若者が増えたためです。堂々とウーロン茶と言えるような環境がそこにあるのだと、飲み会自体を嫌ってしまうことの無いようにしましょう!

飲み会が大学生や社会人にとって最大の彼氏獲得の場所だと言っても過言ではありません。そこに参加しないということは、恋愛しない宣言をするも同じになってしまいますよ。

その2「お酒が飲めれば可愛い女子ではない!」

その2「お酒が飲めれば可愛い女子ではない!」

お酒を飲める子は明るくて楽しくて、いつも話題の中心にいる。そんな風に思っていませんか? 確かに話の中心にはいるかもしれません。しかし、男性陣の注目がそこに集まるかと言えばそうとも限りません。

酔っぱらって大騒ぎする女性を見ると、草食系男子は元より、普通の男性でも引いてしまうこともあるのです。

その3「お酒を注ぐ系女子はモテる?」

を注ぐ系女子はモテる?」

「女は酌でもしてろ」というようなネガティブなイメージで捉えられがちですが、お酌をされるというのは実は気分がとてもいいものなのです。男性は生まれながらの野生の感性で「征服感」という感覚を持っています。

そんな男性陣に黙っていてもお酒が注げるようになると「あれ? この子何だか気が利く子だな」と好印象を与えることが可能なのです。仮に、自分の場合で考えてみて下さい。シャンパンを注ぎにやってくるホストと、自分ばかり飲んでいるホストどちらがマシでしょうか? ね? 注ぐ行為って大切でしょう?

その4「幹事役女子はモテやすい?」

その4「幹事役女子はモテやすい?」

幹事役って面倒ですし、慣れないと難しい。そんな想像を持っている方が多いと思いますが、事前のやりとりが一番しやすいのが幹事役なのです。男性陣を誰よりも早く選別でき、女性陣の配置なども計算に入れられる唯一の役職持ち、それが幹事です。

そこで円滑な仕事姿を見せるのと、飲んだ席ではおっとりさせるようなキャラを使い分けると男性陣からの超え掛け率も大幅にUPしちゃいます!

その5「端に座っても笑顔を忘れずに」

その5「端に座っても笑顔を忘れずに」

端の方に座らされて、なんだが会話に入れない…。そんな経験の一度や二度はあるのではないでしょうか? 会話というのはある種の生き物で、その中心は頻繁にずれます。そんな中、一回くらい端に座らされたからってブスッとした顔でいると、男性陣からの評価が下がります。

遠くでもあの子は頷いていてくれるなぁ、あの子だけは笑顔で聞いてくれるんだなぁと男性陣に遠くからさりげないアピールができるチャンスだと思いしょう。ブローチなどは小さくても輝いていますよね? 遠くで微笑むときにイメージするのは小さくて奇麗なブローチです。

その6「話はなるべく全員に振る」

その6「話はなるべく全員に振る」

特定の異性や話しやすい友人と話したい気持ちは分かります。しかし、そこは出会いの場でもあるのです。なるべく話は全員に回すように心がけましょう。

ある話が話題に上ったら、「それについて○○さんはどうおもうのですか?」と一つ前の台詞を横流しするような方法も手です。同性にも話しかけましょう。そうすると、肉食系ではないんだと男性陣が安心してくれます。

その7「強調されてる話にはとりあえず相づちを打て!」

その7「強調されてる話にはとりあえず相づちを打て!」

男性陣の一人が、あまり女性受けの良く無いテーマで熱く語ることもあります。しかし、それはお酒が入っているからかもしれません。

でも話を合わせることもできないし…。そんなときは、にっこり笑顔の相づちで誤摩化しちゃいましょう。誤摩化すとは言え、相手は絶対に不快感は得ないはずです。

その8「自分の話ばかりをするのはNG」

その8「自分の話ばかりをするのはNG」

少し話が調子にノってくると、自分アピールしたい気持ちも分かります。沈黙する怖さから喋ってしまうことも多々あるのでは? そんな時こそ、相手の自分アピールを聞きましょう。

そして、「そう言えば、私もこのまえ同じようなことがあって~」と繋げると、ごく自然な会話が続きます。話を遮ってくるKY女子にはならないように注意です!

その9「すごーい、そんなの初めてー!」

その9「すごーい、そんなの初めてー!」

飲み会の女子の必殺トーク、これが「すごい、そんなの初めてー!」です。これを言われて嬉しく思わない男子はいないのです。なぜかというと、男性には、ある女性に初めての情報や経験をさせることに満足感を覚える習性があるからです。

事前に知っていたとしても、行ったことがある場所に誘われても答え方は一つだけですよ。きちんと覚えておくと安心感も変わってきます。

その10「相手の系統を見極め、合わせよ」

その10「相手の系統を見極め、合わせよ」

相手がスポーツマンなら、最近スポーツを始めたいと思っていたという旨を伝えても良いし、相手がオタ入ってるような人なら、それってどんなのなんですか? と話を合わせるようにはしてみましょう。

大抵のモテナイ系女子はこれができていないので、注目されません。近くのモテ女子を確認してみてください。必ず相手に話を合わせていますから!

その11「男性が『両手に花だ』と言ったならば成功率は80%以上!!」

その11「男性が『両手に花だ』と言ったならば成功率は80%以上!!」

基本的に、男性陣だって彼女ができればいいなと思ってきています。そんな中で、相手をおだてる為に「両手に花だ」と言う訳がありません。

その両隣の女性両方ともに気があるよというニュアンスを彼は示しているのです。LINE番号交換程度は100%成功するでしょう。

その12「料理を積極的に取り分けよう!」

その12「料理を積極的に取り分けよう!」

はじめはへたっぴでも問題ありません。男性陣はその行為に、女性らしさを感じてしまいます。もちろんその行為は有益なものですので、他の女子もやり始めるはずです。

少しでも良い印象を与えたいならば、普段から取り分け上手になっておきましょう!

その13「2次会には積極的に」

よほど盛り上がらない飲み会でも無い限り、二次会は企画されているものです。実は二次会の方が、時間が経っている分、緊張感もほぐれ、またお酒も回ってきているので本音が出やすいのです。行かなくては損! それが二次会ですよ!

その14「靴等の整理役を引き受けよう!」

場所によっては鍵などが下駄ばこに付いています。これを預かる役は、幹事に続いておいしい役です。

絶対にどの男性とも2回は接触するチャンスがあるのですから。靴の整理などは率先して行うようにすると、男性陣からの評価もあがりますし、女性陣からも気配りができるタイプなのだなと全体的な印象操作が可能です。

その15「全ては空気を読んで行おう」

その15「全ては空気を読んで行おう」

フランス料理のマナーの格言でどんな場所に行っても通じる必殺技があります。それは「周囲を見てから食べ始める」というものでした。これは飲み会にも通じます。

自分勝手な行動を取ったり、主張しすぎると今までの印象も台無しになります。普段「空気が読めないね」と言われているあなたは、本を買ったり実戦で訓練してみたりしましょう。

最後に

飲み会が苦手な人でも、これらのメソッドを使えば、十分にチャンスがあることが分かりますね。それは小さな考え方や、喋り方、仕草などが大半ですが、

この小さな部分の積み重ねで大きなイメージ操作ができるのです。お酒が飲めないということがデメリットに見えるなら、女子力を使ってメリットに変えてみましょう。

さっそく次の飲み会から実践してみて下さいね。そして、今までよりも多くの出会いの場に参加したあなたは、素敵な彼氏を必ずゲットできちゃいますよ!