彼と手をつなぐタイミング!デートで手をつなぎたいけどどうやって?

 
彼と手をつなぐタイミング!デートで手をつなぎたいけどどうやって?

赤ちゃんとお母さんのボディタッチは、赤ちゃんの精神的または肉体的成長に非常に大きな影響を与える大事なものです。小さい頃からの人の肌に触れる安心さは大人になっても持っていて、ただその対象が親ではなく恋人になります。

しかし日本人はお互いを尊重するあまり他人との接触を控える傾向にあるので、恋人同士でもどこまで接触していいのか分からなくなる事があります。彼とデートしていても、触れたい気持ちはあるのに嫌がられたらどうしようと、思いとどまってしまった経験がありませんか?

そこで彼と手をつなぐタイミングをご紹介します。彼と手を自然とつなげられるようになれば、お互いの愛情や信頼がさらに高まりますね。彼からのアクションを待っているのではなく、ぜひあなたから行動を起こして彼を嬉しがらせましょう。


最大のチャンスは秋と冬!

最大のチャンスは秋と冬!

自然に手をつなぎたい・わざとらしくないようにしたいと思っている方は、肌寒くなる秋を待ちましょう。

暑い時期は人の体温がそばにくるだけで嫌になってしまいますが、秋や冬は反対に人にくっつきたくなるものです。

彼の指先が赤くなっていたり寒くて震えているようなら、「手冷たくない?大丈夫?」と手を触ってみましょう。好意を持っている相手からのボディタッチを拒否する人はいないので、心配の言葉と表情をプラスすればあなたへの親愛度は急上昇しますよ。

二人で座っている時に手をつなぐ

二人で座っている時

彼氏と一緒にいて席に着く時は、密着する横並びで座りますか?それとも顔がしっかり見られる向かい合わせ?二人の距離が近くてリラックスしている時は、手をつなぐ大きなチャンスです。

手が触れやすい位置にある横並びは、つなぎたいなと思った時に横に垂らしている手をふっと掴めば自然な感じで出来ます。

しかし向かい合せの時は手を垂らすとテーブルに隠れてしまい、その状態で手をつなぐのは難しいですね。そういう時は自分の手をテーブルの上に置いて会話し続けると、その手の動きに同調して彼も手をテーブルの上に置くようになるので、さりげない風に握ってみましょう。

彼が何かに気をとられている時に手をつなぐ

彼が何かに気をとられている時

例えば二人で並んで歩いていると、浮ついたようにあちこちに目線を飛ばす人がいます。口ではあなたと会話をしているのですが、珍しいものや面白そうなものがあるとついついそちらに目が行ってしまう感受性の豊かなタイプは、そういう性格なのでしょうがないと思っても、やはり面白くないですよね。

そんな時に「私に集中して欲しい」という意味合いを込めて手をぎゅっと少し力を入れて握ってみましょう。最初はびっくりされるかもしれませんが、あなたのちょっと拗ねた態度や表情を見れば自分が悪かったと理解してくれます。

彼が分かってくれたら、気持ちをすっぱり切り替えましょう。いつまでも拗ねたままでは、つないだ手も解かれてしまいますよ。

道を渡る時に手をつなぐ

道を渡る時

男性と女性では歩く速さや歩幅が違いますが、一緒に歩く時はたいてい男性が女性に合わせてくれますね。でも交差点や道を向こう側に渡る時には、他の通行人や車に気を取られて男性が無意識のうちに自分のペースに戻ってしまう事も多いです。

そういう時は信号が青になる前に、彼と手をつないでしまいましょう。「一緒に渡りたいから」と素直に言えば、彼も振り払ったりせずに一緒にいてくれるでしょう。

人ごみの中で手をつなぐ

人ごみの中

デートで出かけたお祭りや初詣・日曜日の遊園地では、人ごみで身動きが取れないなんて良くあること。それに慣れている人はすいすいその間を縫って歩いていけますが、特に女性はデートのためにおしゃれしているので普段よりも行動が遅くなり、人ごみで離れ離れになってしまう事も少なくありません。

そういう時は男性が手をつないでリードするものですが、子供のような彼だとイベントの雰囲気に心を奪われてしまって、女性に気配りするのをおろそかにしまいがちです。元からそういう彼だとわかっているのならば、「はぐれると嫌だから」と自分から手をつないでしまいましょう。

店を出た時に手をつなぐ

店を出た時

女性に限らず男性も、デートの時に手をつなぐタイミングに悩んでいてよく話題に上ります。男性も女性同様緊張しているのですね。

男性側から見た最大のタイミングは、食事後店を出てから次の行動に移りはじめる時なのだとか。確かに会話も食事中から弾んでいますしお互いの親密度が増しているので、タイミングとしてはベストなのかもしれません。

ただ、話に夢中だったり気を抜いているとその瞬間はあっという間に通り過ぎてしまいますが、店に限らず何か次の行動を起こすたびに手をつなぐチャンスが出てきますので、一回失敗しても落ち込んだりせずすぐに次を狙いましょう。

映画館で手をつなぐ

映画館で手をつなぐ

皆さんはすでにご存知でしょうが、映画館で映画を見るのは手をつなぐにもってこいです。

外では他人の目が気になって出来なくても、暗く誰も見ていない映画館では自分から手をつないでくれる彼氏も多いです。

ただし、その映画をじっくり見たい彼の手を上映中につないでも反応なしか嫌がられる事もあるので、上映前から他愛ない話をしながらつないでしまえばOK。

手が触れたら手をつなぐ

手が触れたら

二人で並んで歩いていると、肩や手が触れる時があります。パーソナルスペースを広く取る日本人がそこまで近くに親・兄弟以外の異性を近づけるのは、お互い信頼しているから。向こうもそう考えてあなたが自分の近くまで来るのを許していて、肩や手が当たるのは無意識にもう少しそばに寄りたい思いの表れと考えてよいでしょう。

もしそうならば手をつながないと損ですよね。ただ、手をつなぐのを大げさに騒げばそれを嫌がって離れてしまうかもしれないので、手が触れたから捕まえてみたという自然な感じを出してみましょう。

思い切って聞いてみる

思い切って聞いてみる

手をつなぐタイミングを窺ってそわそわしていると、彼の目には自分と一緒にいてつまらないのかなと思われてしまいます。

せっかく二人で一緒にいるのに彼に嫌な思いをさせるのならば、思い切って聞いてしまった方が良いでしょう。

デートしている相手にそう聞かれて嫌な男性はいませんし、彼の方でも実は同じ考えだったけど言えなかっただけ、何て事もあるので喜んでつないでくれるでしょう。もし手をつなぐのに最適にもかかわらず、そこで躊躇する彼ならば一度付き合いを考えても良いかも。

手よりも裾がポイント高い?

手よりも裾がポイント高い?

最近は手をつなぐよりも上着の裾を掴む方が恥ずかしくないし可愛く見える、とこちらを積極的に行う女性も多いです。男性もその行為を「甘えている」と捉えて、可愛い仕草だし頼られているように見られて嬉しいとまんざらでもない様子。

どうしても手をつなぐ勇気が出ない人は、まずこれを試してみても良いかもしれません。

しかし、若い子がするから可愛いのであって、30代以降は可愛さを狙うよりも手をしっかりつないだり腕を組んだり、大人しか出来ないような振る舞いの方が素敵に見えます。

嬉しさを伝えよう

嬉しさを伝えよう

うまくタイミングが掴めて手をつなげても、あなたが緊張のあまり無表情になったり体が硬くなってしまえば、彼は手をつなぐ意図が分からずにとまどってしまうでしょう。

手をつなげて嬉しい・もっと楽しくなったというのを笑顔や言葉で表してみてください。そうすれば彼も喜んで、次回のデートはむこうから手を差し出してくれるかもしれませんね。

まとめ

手をつなぐタイミングに悩むのは女性だけではありません。もちろん男性だって、相手を思いやり嫌われたくないからこそこんなに悩むのでしょう。しかしこう見てみると、色々悩むよりは思い切ってつないでしまった方が結果としてうまくいきそうです。今度のデートではぜひ頑張ってください。