告白タイミングはいつ?どこで?注意点は?

 
告白タイミングについて知っておきたいこと

好きな人が出来ると他のことが手につかず、早く告白しようと気持ちばかり焦ってしまいます。しかし告白が成功するかどうかは、タイミングにかかっているといっても過言ではありません。

自分の気持ちを相手に受け入れてもらうようにするには、告白するタイミングを工夫することが必要です。タイミングが悪いと、それだけで良い印象をもってもらえないことがあります。

告白にテクニックは不要、自分の正直な気持ちを伝えればいい、と思っている方にもぜひ読んでいただきたい告白のタイミングについて知っておきたいまとめです。


告白のタイミングを計る重要性

タイミングを計る重要性

好きになったからその思いを伝えたまで。こんな告白では中学生の告白と大差ありません。好きな人と両思いになり、晴れて付き合いはじめるには、告白の果たす役割が大きいことをご存知ですか。

告白で大切なのは、自分の気持ちを素直に伝えること。言葉は少なくて構いませんが、その代わり告白するタイミングや場所を工夫するようにすると、告白が成功する可能性が高まります。

告白から受ける印象が良いと、相手から受け入れられるチャンスも増え、当然付き合いはじめてからもその好印象をキープすることが出来ます。

出会ってすぐの告白は失敗しやすい

出会ってすぐの告白は失敗しやすい

出会ってすぐに好きになった場合、どのくらいの期間をおいて告白すべきでしょうか。いくら出会ってすぐに好きになったからといって、一週間も経たないうちに告白してしまうと失敗する可能性が高くなります。

まだ相手のことをよく知らないうちに告白してしまうと、相手から真剣に受け取られないだけでなく、いい加減なことを適当に言う女性と思われかねません。出会ってすぐに告白するのは控えましょう。

告白のベストタイミングは出会ってから三ヶ月以内

告白のベストタイミングは出会ってから三ヶ月以内

告白に成功する可能性がもっとも高いのは、出会ってから三ヶ月以内といわれています。出会ってすぐの告白は避けたほうが無難ですので、告白するタイミングとしては、出会ってから一ヵ月以降三ヶ月以内までが理想的といえそうです。

気になる人が出来ると、その人のことばかり気になってしまい、そわそわと落ち着かなくなりますが、こんなときも時間を無駄にせずに、好きになった相手のことをいろいろと知るようにすると、告白する勇気が沸いてきます。

あまり長く待ちすぎると失敗してしまう

あまり長く待ちすぎると失敗してしまう

告白のタイミングを慎重に計ることは必要ですが、必要以上に慎重になったり、臆病になると、告白するタイミングを完全に逸してしまいます。

告白する前に相手のことを知りたいと思うのは自然なことですが、あまりにも長く待ちすぎると、相手から異性としてではなく、友達として扱われるようになります。

出会ってから一年以上経過しての告白は、失敗しやすいといわれています。知り合ってからの時間が長くなると、友達として、同僚として、知り合いとしての人間関係がしっかり築かれてしまい、恋愛感情が入りこむ隙がなくなります。

告白する前に自分のことを知ってもらう

告白する前に自分のことを知ってもらう

自分の気持ちに整理がつき、告白する準備が整ったとしても、相手が自分のことをよく知らなければ、告白はうまく運びません。自分に告白してくれた女性がどんな人なのかよく分からないと、告白に対してどんな返事をしていいか、迷ってしまいます。

告白する前にまず、自分という存在を好きになった相手に分かってもらうようにしましょう。外見だけでなく、性格や長所なども見てもらっておくと、告白するときに有利にはたらきます。好きな人を遠くから眺めているだけでは、自分のことを好きになってもらえません。押し付けがましいのは嫌われますが、自分の性格や良いところを積極的に示すようにしましょう。

告白する具体的なタイミング

告白しようと決めたら、最高のタイミングで告白できるよう、相手の都合なども見極める必要があります。たとえば相手が職場の同僚の場合、プロジェクトの真っ最中や納期が差し迫っている時期は避けるようにしましょう。

忙しくて他のことに気が回らないときに告白されると、場合によっては煩わしいと思われるかもしれません。告白をするのは、仕事が一段落した時期を選ぶようにしましょう。

イベントに合わせる

イベントに合わせる

たとえば相手や自分の誕生日、業務の成功や昇進など、何かしらのイベントに合わせて告白を行うようにすると、告白が成功する可能性が高まります。嬉しいことや楽しいことで気持ちが高揚しているときに告白されると、相手に自分の気持ちが伝わりやすくなります。

もちろんバレンタインデーなど季節に応じたイベントに合わせたい方もいるでしょう。しかし相手に精神的なプレッシャーを与えるような、あまりにも意図的な日にちを選ぶのは得策ではない場合もありますので注意してください。

告白しようと決めたら、絶好の機会を見逃さないように、そして同時に相手にとって負担のならない日を選ぶようにしましょう。

告白する時間帯

告白する時間帯

告白する日にちとともに考えたいのが時間帯。仕事中や移動中に電話が入ってきて、何かと思ったら告白された、というのでは、相手をうんざりさせるだけです。告白は自宅でリラックスしている夜間の時間帯にするか、オフの日の午後など、相手がゆったりとした気分でいる時間帯を選ぶようにしましょう。

ただし職種によっては、勤務時間が不規則なこともあります。告白をするのに最適な時間帯とは、相手に自由時間のあるとき、忙しくないとき、話を聞いてもらえる余裕のあるときになります。相手の生活パターンを知り、どんな時間帯がいちばん告白に適しているか、前もって調べておくようにしましょう。

告白する場所や方法

告白にはいろいろな方法があります。直接伝える、電話で伝える、メールやLINEを通して伝えるなどの方法の中でどれを選ぶか、なかなか決心がつかない方も多いことと思われます。

毎日顔を会わせている間柄であれば、改まって電話やメールを送るよりも、直接伝えたほうが自然に感じられます。逆にたまにしか会う機会のない人であれば、電話やメールなどの間接的な手段で伝えたほうが楽かもしれません。いずれの方法を選ぶにしろ、自分と相手にとってもっとも精神的に楽なものを選ぶことが賢明です。

直接会って告白する場合

直接会って告白する場合

直接会って告白しようと決めたら、場所選びも重要です。周囲がざわざわして落ち着かない場所や、反対にあまりにも静かすぎる場所、そこに行くのに不便な場所は絶対に避けましょう。

理想的な告白の場所の条件とは、それなりに雰囲気はあるけれども、フォーマルになりすぎない、周囲に人はいるけれども何を話しているかは聞こえない、つまりプライバシーは確保できるけれども、周囲から孤立しないような場所になります。

会話の中で自然なタイミングで告白する

会話の中で自然なタイミングで告白する

告白しよう、告白しようと構えていると、会話自体がぎこちなくなり、相手もなんとなく気まずい思いをします。直接会って告白する場合、会話の流れに中でタイミングを計り、自分の気持ちが相手に素直に伝わるようなタイミングを探しましょう。

会った途端に告白するのでは相手も反応に困ってしまいます。いつもどおりの会話を続けながら、ちょっと会話が途切れたときが狙い目、気負わず自然な表現で自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

デート中なら最後に告白する

デート中なら最後に告白する

なんとなくデートを続けるうちに、自分の気持ちがどんどん相手に傾いていくこともあります。もうすでにデートをしている間柄であれば、デートの際に伝えるのがいちばん簡単な方法かもしれません。

デート中に告白するのであれば、別れ際に告白するのがベストタイミングです。自分の気持ちばかりが先走り、会うなり早々に告白してしまうと、相手に心の準備が出来てない場合、その場が気まずくなってしまうことがあります。

その場の勢いで告白してしまった場合

その場の勢いで告白してしまった場合

告白するタイミングが分からない、告白しようとしても思い切って言えない。そんな方に限って、勢いあまってしまい、その場の成り行きで思わず告白してしまうことがあるようです。

自分の気持ちを整理して伝えることの得意な方もいれば、即興的に行動するほうが楽という方もいます。本当はそうするつもりがないにも関わらず、思わず告白してしまった場合には、いい加減な気持ちではないことを必ず付け加えるようにしましょう。

気持ちが固まったら躊躇わずに告白する

気持ちが固まったら躊躇わずに告白する

自分の告白に対して相手がどのような反応を返してくれるか、相手からの快い返事を期待すると同時に、怖いような、返事を聞きたくないような複雑な気持ちになります。一度告白しようかどうか迷ってしまうと、なかなか勇気を奮い起こすことが出来ない方もいます。

せっかく好きという気持ちを抱いていても、相手に伝えなければ何も始まりません。好きという気持ちに間違いはないと確信がもてたら、片思いに終わるかもしれないというネガティブな考えを振りきり、告白するタイミングを見計らうようにしましょう。

告白の注意点

告白の言葉はシンプルに

告白の言葉はシンプルに

告白するタイミングを計ることに集中していて、どんな言葉で告白するかについて考えが及ばないでいると、いざ告白しようとして、言葉に詰まってしまいます。

告白の言葉は出来るだけシンプルに、相手が反応に困るようなものは避け、極力丁寧に伝えるようにしましょう。不必要に親しげだったり、ふざけた言い回しは相手を困惑させるだけですので控えるようにします。

言葉だけでなく、好きという思いがうまく相手に伝わるように誠実な態度で臨みましょう。恥ずかしいからといって、茶化した態度を取っていると本気にされません。シンプルな言葉と誠実な態度で真っ直ぐに自分の思いを伝えるようにしましょう。

告白の言葉遣いにも注意

告白の言葉遣いにも注意

せっかく絶好のタイミングを見計らっていても、告白の言葉遣いが乱雑だったり、あまりにも軽々しかったりすると、真剣に受け取ってもらえません。馬鹿丁寧な言葉は必要ありませんが、常識のある社会人にふさわしい言葉使いを心がけましょう。

メールで告白する場合の注意

メールで告白する場合の注意

直接会わずにメールで告白する場合に注意したいのはどんな点でしょうか。直接会って告白する場合は前もって告白の言葉を練っておくことが出来ますが、最終的にどのような言葉で告白するかは、相手との会話のやり取りによって変化してきます。

しかしメールで告白する場合には、相手とのやり取りではなく、自分の気持ちを書き送ることに尽きますので、後で後悔しないように、内容をよく吟味するようにしましょう。大げさな表現は避け、自分のありのままの気持ちが文面に表わすようにします。

メールで告白する場合も時間帯に注意する

メールで告白する場合も時間帯に注意する

仕事中にプライベートなメールが届いても、すぐに読めると限りません。また仕事中にプライベートなメッセージが届くことを煩わしく思う男性もいますので、メールを送信する時間帯にも気を配るようにしましょう。

あまりに遅くなるのは考え物ですが、夕食後自宅で寛いでいる時間を狙って送信するのがもっとも効果的です。

自分が告白される立場だったら

自分が告白される立場だったら

告白するタイミングを考慮する場合、告白する時間帯や場所選びもまた重要です。告白を成功に導きたかったら、細かい部分への配慮も忘れないようにしましょう。

どんな点について気をつけたらいいか分からないという方、自分が告白される立場だったら、どのように感じるか考えてみましょう。告白する時間帯や場所、言葉遣い、告白する方法(直接あるいはメール?、LINE?)など、すべての要素を考慮に入れ、告白を成功に持ち込むようにしましょう。

告白のタイミングは何度もある

告白のタイミングは何度もある

告白しようと思ってもなかなか勇気が出せずに、絶好の機会をみすみす逃してしまう方も少なくありません。どうしてもうまくタイミングを計れない方、自分のほうから努力しなくても、ふとした瞬間に二人きりになった、相手も何か言い出しそうにしているなど、告白するのに絶好のタイミングは必ず訪れます。

相手をわざわざ呼び出して告白することが躊躇われるようであれば、ふとした瞬間に訪れる機会を見逃さないようにしましょう!

まとめ

好きな人に告白するときに覚えておきたいポイントをまとめてみました。告白のタイミングを見極めるだけで、両思いになれる確率はぐっと上がります。告白をするときには自分の気持ちだけで先走りせず、もっとも効果的なタイミングを選び取るようにしましょう。

告白は早すぎても、遅すぎても功を奏しません。知り合ってから三ヶ月以内をめどに、告白に絶好のタイミングを計り、素直な言葉で自分の気持ちを伝えるようにするのが、告白を成功に導くポイントになります!