モラルハラスメント(精神的暴力)特徴、傾向、モラハラ地獄抜け出し方!

 
モラルハラスメント(精神的暴力)特徴、傾向、モラハラ地獄抜け出し方!

恋人関係や夫婦関係の中で、言葉の暴力によって相手を精神的に追い詰める行為をモラル・ハラスメント(精神的暴力)といいます。
あなたの配偶者や、恋人の言動の中に、思い当たるフシはないでしょうか。


モラハラ男の特徴

モラハラ男の特徴

徹底的な言葉の暴力で相手の心を壊していくモラハラ男に特徴的なのが、意外や意外に、最初の人当たりはとても優しいということです。気配りも気遣いもでき、「素敵な人格者」として登場します。後々の豹変など微塵も感じさせません。

少し打ち解けてくると、モラハラ男はすかさず「自分がいかに家庭に恵まれず不幸であったか」など、過去についての悲しい出来事をしんみりと話し始めます。この時にはもう罠が張り巡らされています。

この同情を引く話にうっかりのってしまうと、モラハラ男は「心をつかんだ」「俺から離れない」として突如態度を一変させます。
初めの物腰柔らかい言動はどこへ吹き飛んだのやら、ささいなことで相手をなじる、人格を全否定し束縛するといった行為へ発展していくのです。

具体的なモラハラ発言とは

具体的なモラハラ発言とは

冷静に考えればなぜそんなことで?となるようなささいな出来事を何十倍にも増幅させて相手が極悪人であるかのように仕立て上げ、徹底的になじります。間違っているのは全て相手で、自分は絶対正しいというのが基本スタンスです。どんなことでもこじつけて責任転嫁します。

例えば
「俺の立場をなんだと思ってるわけ?」
「お前は何をやってもダメだなー ホント使えない・・」
「俺の言う通りにしないから・・」
「人の気持ちが考えられないのか」
「低学歴はホント困るよ これだから・・・」
「お前の責任だからな・・どう責任とるんだ・・無理だよなお前は・・」
「俺の給料で食べていけるんだ、わかっているのかお前」
「俺がどれだけ辛いか分からないのか、ずっと我慢しているんだ」
「本当に失礼なやつだな、俺が教育しなおしてやる」
「そんなこと言われなきゃ分からないのか!」といった言葉が突然出てきたら要注意です。

もちろん、貴女が失言したり、至らない行動をしていて真っ当な意見として出た言葉である可能性もあります。
しかし、真に思いやりのある人間であれば、「どうしたらよりベストな状態で事態を改善できるか」を考え行動するものですから、いきなり委縮させるような頭ごなしな物言いはしません。

こんな女性がモラハラ男に捕まりやすい!

こんな女性がモラハラ男に捕まりやすい!

母性本能が強かったり、姉御肌であったり、「私が守ってあげなきゃ!」と思うような責任感ある女性が毒牙にかかりやすいです。
相手に深く共感し、相手のために何ができるか考えてしまったが為に、いいように使われてしまうのです。

モラハラ男には共感性がありません。貴女をどれだけ使い尽くせるかに心血を注いでおり、貴女がどれだけ尽くそうが全く無意味と思いましょう。
また、こういった男性に捕まった多くの女性は「別れられない」と口にします。

別れられないのは洗脳のように続いたモラハラ男からの自己否定の嵐によるものです。年中「お前はだめだ、お前はだめだ」と言われ続ければめげてしまうのが普通です。自信を失い、唯一の拠り所が「相手をしてくれるモラハラ男」という最悪の事態に堕ちていくのです。こういった状態を共依存といい、健全な精神状態だとは決して言えません。

負の連鎖を断ち切ってモラハラ地獄から抜け出そう!

負の連鎖を断ち切ってモラハラ地獄から抜け出そう!

まずは自分はだめな人間なんかじゃない!と自信を取り戻しましょう。
貴女を否定し続ける人間の言葉を何故頭から信じてしまうのですか?
貴女の欠点をあげつらうのは愛情ではありません。それはただのサンドバッグです。
また、少し冷静になれば相手の言っていることが理に適っていないことは一目瞭然です。

モラハラ男は外面が良いので、共通の友人に相談しても信じてもらえないこともあります。少々残酷なようですが、人に頼らず、自分自身で力を振り絞って立ち上がるしかありません。
面白いもので、モラハラ男はこちらが強気に出ると途端に怯む場合が多いのです。この人に頼らなくったって、私は生きていけるんだ!と自分を信じてあげましょう。

最後に

モラハラ男限定でお話しましたが、もちろん女性の中にも存在します。恋人関係だけでなく、友人関係の中にも等しく存在します。
自分の身勝手が相手の心どころか人生までを傷つけて台無しにしているかもしれません。
相手を尊重し、自身も尊敬されるといった健全な関係を築いていきたいですね。