女性からの逆プロポーズ急増中!成功させるポイントは?

 
女性からの逆プロポーズ急増中!成功させるポイントは?

彼と結婚したいと思っているのに、なかなかプロポーズされなくて不安になっているという方へ。プロポーズは男性からされるものだと思い込んでいませんか?

相手がプロポーズしてこないのなら、こちらから逆プロポーズしてしまうのもひとつの方法です。逆プロポーズされるためには、どのようなポイントを押さえておくべきか、詳しくご紹介していきましょう。


増えつつある逆プロポーズ

増えつつある逆プロポーズ

女性から男性に対して行う、逆プロポーズですが、近年少しずつ増加の傾向にあります。

それは、男女平等という価値観が浸透してきてること、そして草食男子のように恋愛や結婚に対して消極的な男性が増えたことが背景にあると考えられます。

実際に「男性に逆プロポーズはアリか?ナシか?」と問えば、「アリ」と答える人が多いです。このことからも、逆プロポーズが成立しやすい流れであると言えるでしょう。

逆プロポーズの心得は

逆プロポーズの心得は

男性が受け入れる体制になっているからといって、逆プロポーズはどのようにしてもOKというわけではありません。

逆プロポーズには、逆プロポーズなりのルールがあるのです。まず、大切なのは男性のプライドを重要視し、あくまで女性らしく逆プロポーズするということです。

男性のようにプロポーズしようと考えている方は、上から目線のように感じられ、男性のプライドが傷つくこともあるので注意しましょう。

男性の状態を見極めてプロポーズを

男性の状態を見極めてプロポーズを

逆プロポーズする前に、付き合っている彼氏が結婚に対してどのように考えているのか、リサーチしておく必要があります。

結婚したいという気持ちはあるものの、断られてしまわないかと消極的になっていたり、まだ経済力が伴っていないからもう少し経ってからと考えていたりするのか。

それとも、結婚といえば束縛されて自由度が失われると結婚自体にそこまで積極的に考えていないのか。どちらを考えているかによって、逆プロポーズされたときのシチュエーションが変わってきます。場合によっては、逆プロポーズにより破局を迎えるケースもありますので、慎重にリサーチしましょう。

自信がない場合はどうする?

自信がない場合はどうする?

彼に結婚したい気持ちはあるけれど、自信がなくて消極的というタイプなら、逆プロポーズはうまくいく確率が高くなります。ただ、プロポーズしないということは、まだできないという気持ちも含まれています。

必ずしも逆プロポーズしたらOKが出るというわけではありませんので、過剰に安心してしまわないよう、注意しましょう。逆プロポーズするなら、キチンとした準備と覚悟が必要です。

逆プロポーズによっては、別れのきっかけになる可能性もあるので、準備は万端に整えてから、行うようにしましょう。

逆プロポーズの心得 言葉

逆プロポーズの心得 言葉

逆プロポーズするなら、男性が受け入れやすい言葉を選ぶことが大切です。そして、逆プロポーズといっても本番のプロポーズの余白を残しておくことも、とても重要なことと言えます。

男性は自分からプロポーズしたいといいう気持ちがあるため、完璧なプロポーズをしてしまうと、自分の出番がなくなってしまったと感じてしまいます。逆プロポーズは、あくまで「結婚する意思がある」という気持ちを伝える行為だと考えておきましょう。

逆プロポーズの言葉は?

逆プロポーズの言葉は?

逆プロポーズするなら、どんな言葉がピッタリなのでしょうか。具体例をご紹介しておきたいと思います。

ストレートに伝えるなら「私をあなたのお嫁さんにしてください」、彼が落ち込んでいるときは「私が(彼の名前)を幸せにしてあげる」、料理に自信があるなら「毎日(彼の名前)のためにご飯を作っていきたい」、軽い感じでさらりと言いたい場合は「じゃあ、結婚しちゃう?」などがよいでしょう。

ポイントは、あくまで女性らしく伝えるということです。真っ直ぐな気持ちを込めて言えば、きっと伝わることでしょう。

NGな逆プロポーズとは

NGな逆プロポーズとは

おすすめの逆プロポーズの言葉をお伝えしたところで、逆に避けておきたい逆プロポーズの言葉も伝えておきましょう。

責めるような言い方で「私と結婚する気あるの?ないの?」という強気すぎる逆プロポーズ。プレッシャーをさらに上乗せさせる「私の両親がまだ挨拶こないのかって言っている」、その勢いでフラれてしまう可能性もある「結婚する気がないなら別れるから!」。

このような言葉は、言い方を間違えてしまうとかなりプレッシャーを与えてしまうものです。控えめに可愛く言うのであれば問題ありませんが、強気な口調だと一気に男性は恐縮してしまいますので、注意しましょう。

様子見か?本気か?

様子見か本気か

逆プロポーズは、ジャブで伝えて相手の反応を見るパターンと、本気で相手にぶつかる勢いで伝えるパターンの2つがあります。まず、ジャブで伝えるパターンの場合、あくまで男性からプロポーズされることの助走として逆プロポーズするようにしましょう。

「あなたにプロポーズされるのを待っています。」「プロポーズされたら絶対にOKします」という雰囲気が、男性の勇気を後押しします。そして、男性からプロポーズされる可能性が少ないと判断したら、本気で逆プロポーズするのも良いでしょう。

真剣に伝えることで、相手もあなたとの将来について真剣に考え始めるきっかけになります。

答えは焦らず待とう

答えは焦らず待とう

逆プロポーズをしても、彼の態度が曖昧でいまいち返事がよくわからなかった。もしくはびっくりされて「今は考えられない」と言われてしまう場合もあります。この場合、男性がかなりびっくりして戸惑っていると考えるようにしましょう。

相手の反応が微妙だからといって、ショックを受けすぎたり、怒った態度をとったりしてしまうとお互いがギクシャクしてしまいます。世の中のほとんどの男性が、女性から逆プロポーズされるなんて夢にも思っていませんから、戸惑うのは当たり前のことなのです。

男性はとっさの出来事に対応する能力が低いため、返事は気長に待つように心がけましょう。

逆プロポーズはプロポーズを呼ぶ

逆プロポーズはプロポーズを呼ぶ

逆プロポーズをして、返事がないと思っていたら、しばらくしてプロポーズされたという方はたくさんいらっしゃいます。

もともと男性がプロポーズしようと考えていたケースもあれば、返事の代わりに自分からもプロポーズしたいというケースもあります。

いずれにせよ、女性から逆プロポーズを受けると、自分からプロポーズしやすい男性は多いようです。

逆プロポーズが成功したら

逆プロポーズが成功したら

逆プロポーズに成功したら、やるべきことは沢山あります。両方の親への挨拶、両家の顔合わせ、結婚式場の予約、招待客への連絡など山のように押し寄せてきます。

逆プロポーズにOKしてくれたからといって、これらのことに急に彼が積極的になるとは限りませんので、お互いに協力しあいながら、進めていくようにしましょう。この段階は喧嘩も起きやすい時期なので、ヒートアップしないことが大切です。

まとめ

逆プロポーズについてご紹介しました。今までは男性から行われるものとして考えられていましたが、今の時代は、女性からの逆プロポーズが徐々に広まってきています。

受け皿のある男性もどんどん増えていますので、積極的に逆プロポーズしていきたいものです。ただ、男性にはプロポーズしたいというプライドがあることも忘れないでおきましょう。

女性らしさを忘れずに逆プロポーズすれば、彼もきっと理解し受け入れてくれるはずです。幸せな結婚は、逆プロポーズで自分から勝ち取り、幸せなゴールインを目指していきましょう!