早く結婚したい女性が知るべき10の条件・行動・注意点

 
早く結婚したい女性が知るべき10の条件・行動・注意点

憧れの花嫁、結婚式、甘い新婚生活を夢見ている女性はたくさんいます。現在彼と付き合っている方なら、早く結婚したいと考え始めているのではないでしょうか。

また、年齢が高くなるにつれ、女性が早く結婚したいという気持ちはどんどん膨れ上がっていきます。付き合っている方も、これから相手を見つけていく方も、早く結婚したいならさまざまな条件をクリアしていく必要があります。その条件には何があるのか、具体的にご紹介していきましょう。


1.女性は早く結婚したいと思うのも

女性は早く結婚したいと思う

早く結婚したいという気持ちは、女性に強く現れるものです。女性は子供を産み、遺伝子を残していくというプログラムがもともと身体に備わっているからです。

女性は男性1人分の遺伝子しか一度に受け入れることはできませんから、できるだけ優秀で魅力的な遺伝子を求めます。付き合っている彼が魅力的であるなら、これを逃してはならないとより早く結婚したいという気持ちになるでしょう。

2.男性は結婚を避けたいと思うもの

男性が結婚したい時期

女性が早く結婚したいという気持ちが膨れ上がると同時に、結婚したくないという気持ちが膨れ上がってしまうのが男性です。

男性の場合、もともとたくさんの遺伝子をいろんなところに残していくプログラムが身体に備わっているため、1人の女性に縛られることを避けようとしてしまうのです。このことから、男女の結婚に対する気持ちはどんどん離れていってしまう傾向にあります。

3.鉄は熱いうちに打て タイミングが重要に!

鉄は熱いうちに打て タイミングが重要に!

早く結婚したいと思うのなら、付き合い始めた時から結婚を常に意識させていくことが大切です。何故なら、男性の気持ちは付き合い始めの頃が一番高まっているからです。

男性は手に入れることができなかったものが手に入ったとき、喜びと同時に、達成感に包まれます。しかし、年月が進むにつれて手に入れた女性を当たり前のように感じ始め、自分以外の男性に気持ちが行かないとわかったとたん、次の女性を求め始めてしまいます。

一般的に男性は長く付き合えば付き合うほど、結婚を避けようとする傾向が強まるため、付き合い始めに早く結婚したいとアプローチしておくことが大切なのです。

4.女性は愛着で結婚を意識する

女性は愛着で結婚を意識する

早く結婚したいと思うのなら、付き合い始めからアプローチしていくことが大切ですが、女性の場合、付き合い始めだと結婚を意識できないという方もたくさんいらっしゃいます。自分が残す遺伝子を決める大切なことですから、慎重になってしまうのです。

しかし年月を経てトータルを含めて合格ラインに達し始めると、徐々にこの男性以外の人は考えられないと思うようになります。女性は長い時間を共有することで、どんどん愛着が深まっていくからです。

しかし、結婚したいと感じ始めた頃には、既に男性の気持ちが落ち着き、下がり始めています。だからこそ、結婚にスムーズに進めないカップルが増えてしまうのです。

5.振り分けは早めに

振り分けは早めに

早く結婚したいなら、付き合う男性を最初の段階でよく観察し、結婚相手にふさわしいかどうかを判断しておく必要があります。

若いうちなら恋愛だけで楽しむこともできるでしょうが、年齢が進むにつれてどんどん選択肢は狭まっていきます。早めの段階で結婚相手にアリ、ナシと振り分けておくことで時間を無駄にせず結婚へと進んでいくことができるでしょう。

6.ハードルは低めに

ハードルは低めに

早く結婚したいと思っているのに、なかなか良い相手が見つからないという方は、結婚に対するハードルが高すぎる可能性があります。全ての条件が揃っていなければ自分の結婚相手としてふさわしくないと思ってしまうからです。

これは若い頃にモテていた女性に当てはまりやすいと言えます。若い女性は何もしなくてもモテますが、年齢が進むと「付き合う=結婚」の文字がチラつき始めるため、男性側が敬遠し始めてしまうのです。しかし、チヤホヤされていた記憶があることから、まだまだ男性が声をかけてくるものだと思ってしまいます。

その結果いいよってくる男性のレベルに満足できず、常に良い相手を求め続けてしまうのです。早く結婚したいのなら、ハードルは低めに、人柄重視で考えていくようにしましょう。

7.男性が結婚したい時期とは

男性が結婚したい時期

早く結婚したいと考えるなら、年上の男性を視野に入れてみてはいかがでしょうか。女性が結婚したいと考え始めるのは、アラサーと呼ばれる30歳前後ですが、男性は少し遅れたアラフォーが多いからです。

アラフォー世代の男性は、仕事に夢中になりすぎた結果、気がつくと独り身になっていたりすることが多いため、急速に結婚を意識し始めるのです。

このタイミングで出逢えば、いち早く結婚へと進んでいくことができます。付き合い始めのアプローチと同じように、男性が結婚したいタイミングを見過ごさないようにしましょう。

8.結婚したいと思わせるために

結婚したいと思わせる

早く結婚したいと思っていても、男性が結婚相手としてあなたのことをふさわしくないと感じたら、ことはうまく運びません。相手に結婚を意識させるためには、結婚したい女性になる必要があります。男性が結婚相手として選ぶ人の特徴を上げると、地味、控えめ、低身長、おしとやか、癒し系となります。

つまり男性が守ってあげたくなり、ホッと癒される女性が結婚相手として選ばれやすいのです。逆に、派手で仕事もバリバリこなし、姉御肌で周りをグイグイ引っ張っていくタイプの女性は、隙がないように見えますし、守ってあげたいという感情や、癒されたいという気持ちを抑制させてしまいます。早く結婚したいなら、弱いところを相手にも見せる努力が必要です。

9.頼られると守りたくなる

頼られると守りたくなる

スタイル抜群で、仕事もできて美人なのに未だに独身で結婚する気配がないという方は、男性から高嶺の花に思われて敬遠されている場合があります。

男性はプライドの高い生き物ですから、相手に隙がないとうまく近づくことができなくなるからです。

また、常に完璧な状態の女性だと、自分自身が背伸びしなくてはならず心休まる瞬間が生まれにくくなります。恋人同士なら刺激的で素敵な恋愛ができるでしょうが、一生のパートナーとしては窮屈に感じることも少なくないようです。

このことを避けるためにも、まずは弱音を相手にぶつけて頼ってみることを始めてみましょう。完璧だからこそ、相手から弱い部分を見せられることで男性は頼りにされていると感じ、守ってあげたいという気持ちになります。自分だけにしか見せないという価値が、独占欲と優越感をふくらませ、自分だけの女性にしたいと気持ちが動いていくのです。

10.結婚を前提にする

結婚を前提にする

早く結婚したいけれど相手が見つからないという方は、さまざまな場所で出会いを求めて探し続けるでしょう。そしてもし良い相手が見つかったのなら、ただ付き合うのではなく結婚を前提に付き合うことを条件にしてください。

結婚を視野に入れて付き合い始めることで、無理なく結婚まで進んでいくことができます。また、付き合ってみて結婚願望が一切ない男性だと分かり、ゼロからまた相手を探さねばならないという事態を防ぐことにもつながります。

結婚を前提にしておくと、家族への紹介もスムーズになりますし、早い段階から結婚の価値観をすり合わせることができるため、おすすめの方法だと言えます。

まとめ

早く結婚したい方に向けてさまざまな条件や注意点をご紹介しました。結婚するためにはたくさんのハードルが待ち受けていますが、ひとつひとつ丁寧にクリアにしていくことが大切です。

素敵なパートナーと結婚するためにも、ご紹介した項目を是非参考にしてみてくださいね。