結婚適齢期に確実に早く出会いと結婚する方法!願望だけでは無理

 
結婚適齢期に確実に早く出会いと結婚する方法!願望だけでは無理

周りがどんどん結婚していくと、急に焦ってくることってありますよね。気づけば結婚適齢期の真只中という方も多いのではないでしょうか。

ただ、結婚したいと思っていても相手がいなければ成立しないことですから、まずは出会うことが大切です。

そしてその出会いを結婚に結びつけていかなくてはなりません。そこで、出会いと結婚する方法について詳しくご紹介していきたいと思います!


結婚願望を整理

結婚願望を整理

結婚したいと思っていても、ただ何となく考えているだけでは結婚できません。どんどんと時間ばかりが流れ去っていくでしょう。結婚したいと思うのなら、具体的な結婚願望についてきちんと考えを整理し、まとめておく必要があります。

なぜ結婚したいのかといった根本的なことから、相手に求める条件など、ひとつひとつ箇条書きにしていきましょう。

結婚の条件は

結婚の条件は

結婚したいと思うのなら、具体的な結婚願望について考えて整理していく必要があります。子供が欲しいから、自分の家庭を築きたいから、ひとりで生きていくのは嫌だから、等何でも良いので素直な気持ちを書き出していきましょう。

そして、結婚相手に求める条件も箇条書きで書き出していきます。職業、収入、出身地、長男か次男か、身長、体重、ルックス、趣味など自分が気になる条件を次々にピックアップしていきましょう。一通り結婚についての情報を書き出していったら、次は優先順位を決めていきます。

何が最も譲れない条件なのかを吟味し、1位~3位までランク付けしていきます。

例えば、職業は絶対公務員がいいから1位の条件に、収入はあるほどいいから年収1000万円以上で、身長は自分より高いほうがいいから、175cm以上が3位の条件としていきます。

何を優先順位の上位にするかにより、具体的に出会うべき人物像が見えてくるでしょう。

期限を決めよう

期限を決めよう

結婚に対する条件を書き出し、優先順位を決めていったなら、次は期限を決めていきます。「例えば30歳までに結婚する」「1年以内に結婚する」とすることで、効率よく出会いを求めようと行動し始めるからです。

また、いつまでも理想の相手を探し続けて婚期を逃すといったリスクも避けることができます。期限をあえて決めることで、自分が本当にどのような相手を求めているのか、また結婚についてどのような考え方を持っているのかが見えてくるでしょう。

恋愛かお見合いか

恋愛かお見合いか

結婚についての考えをまとめることができたなら、次は出会うために行動していかなくてはなりません。結婚する方法としては、ここで大きく2つに分けられます。

ひとつは、恋愛を経た結婚をする方法、もうひとつはお見合いで結婚する方法です。多くの女性が恋愛結婚を望むと思いますので、まずは恋愛結婚する方法についてご紹介していきましょう。

恋愛結婚する方法

恋愛結婚する方法

きちんと恋愛を経てから結婚したいと思うのなら、きちんと見分ける目を持っておくことが重要になります。恋愛結婚する方法を選んだのですから、確実に結婚を視野に入れた人とお付き合いをしなければならないからです。

合コンや友達の紹介など、さまざまな場所で出会う人の中には、全く結婚願望のない男性もいます。例え理想の男性像にドンピシャであっても、そのような男性と付き合ってしまえば、時間のムダとなりますし出会いのチャンスも逃してしまいます。

理想の男性が見つかったからと、すぐに付き合い始めるのではなく、まずは男性に結婚願望があるかどうかを見極めていきましょう。

結婚についての会話

結婚についての会話

理想の人と出会ったけれど、結婚についてどう考えているのかわからない場合、アプローチをし始めるのは躊躇しがちです。

しかし結婚願望の有無を確認しなければ、前へ進めることはできません。結婚についての会話はハードルが高いように思いますが、意外とさりげない会話から、考えを知ることもできます。

例えば、兄弟について話をした時に、「お兄さんは結婚されているの?」とさりげなく聞いてみましょう。そして結婚している、していないにかかわらず、「そろそろ結婚しなさいってプレッシャーかかってるんじゃない?」と聞いてみます。

もし相手が「両親に言われて、そろそろ考えなきゃとは思っている」と言えば、結婚について前向きな気持ちになっていると伺い知ることが出来るでしょう。しかし、「まだ仕事が忙しいし、なかなか考えられないんだよね」という回答の場合、付き合うことはできても結婚する状況までたどり着くのに時間がかかる可能性が高いと言えます。

期限内までに結婚できない可能性があるのなら、リスクは高くなりますので、よく考えた上で行動するようにしましょう。

結婚を前提に付き合う

結婚を前提に付き合う

理想の男性と出会ったなら、確実に結婚までゴールインしたいと思いますよね。しかし、付き合い始めるとその瞬間は楽しいものの、関係性を壊したくがないために結婚の文字を出しにくくなることがあります。

そうなれば、ズルズルと長い付き合いを続けていくだけの関係になってしまいますので、付き合う前にしっかりと意思表示を考えておきましょう。「次にお付き合いする人は結婚を前提に考えておきたい」ときっぱり断っておくことで、相手もしっかりと考えた上でお付き合いするかどうかを検討してくれます。

また、付き合う前に結婚を意識することができれば、今後具体的な話しもしやすくなるでしょう。

お見合い結婚の場合

お見合い結婚の場合

恋愛結婚する方法として、さまざまなアプローチをご紹介しましたが、確実に結婚する方法を選びたいのなら、お見合い結婚がオススメです。お見合い結婚なら、結婚を前提にお付き合いをするという意思を持っている人と出会えるため、非常に効率よく物事を勧めることができるからです。

親や上司の奨めも良いですが、結婚相談所でお見合いパーティーに参加してみるのも良いでしょう。ただの合コンとは違い、結婚を意識した人達が集まっているからこそ、お互いにさまざまな話がしやすくなります。

お見合い結婚の注意点

お見合い結婚の注意点

お見合い結婚なら、結婚する気持ちを持っている人同士が出会うため、結婚できる確率は上がります。しかし、恋愛期間を経ていないことから、結婚したあとにお互いを知り始めることも多々あるでしょう。

相手に自分の理想を押し付けたり、相手の要求を跳ね返したりしてばかりいては、せっかく結婚できたとしてもすぐにうまくいかなくなります。そのようなことを避けるためにも、できるだけ結婚する前にコミュニケーションをとっておくようにしましょう。

子供を欲しいと思うか、将来をどのようにイメージしているのか、親の介護や、仕事を続けさせてもらえるかどうかなど、お互いの気持ちを事前にきちんとすり合わせておくことが大切です。

焦りすぎない

焦りすぎない

恋愛結婚にしろ、お見合い結婚にしろ、結婚したいという気持ちが強すぎて焦ってしまうと空回りしてしまいます。

期限をつけているのですから、焦りが発生しやすいのは当然ですが、あまりにも気持ちに乱れが生じる場合は、一度中断しましょう。

1ヶ月ほど冷却期間を経てから、本当に結婚したいかどうかを自分の中で確かめ、再開するようにしてください。その方が肩の力が抜けてスムーズに結婚の話が進みやすくなります。

まとめ

結婚する方法についてご紹介しました。結婚についての考えをまとめたり、期限を設けたりするなど、さまざまなポイントをおさえていくことで、必ず結婚することはできます。

後は自分らしい結婚とは何かを追求し、よりよい出会いのチャンスを掴んで、幸せな結婚生活を手に入れていきましょう!