男は何を考えているのかわからない?男性の心理20タイプ

 
恋愛中の女性が知っておきたい男性心理の特徴とは?

付き合っている彼の気持ちがよく分からない。そんな悩みを持ったことはありませんか。好きになった彼のことをもっと知りたいと思うのは、女性の本音。しかし男性と女性とでは、物事に対する考え方が根本的に違うことがあり、これが原因ですれ違いが生じてしまいます。

恋愛をうまく成就させるには、男性の心理状態について理解することが不可欠。こんなとき、男性はどう考えるか、どんなふうに感じるかを理解するだけで、すれ違いや誤解が起こることを前もって防ぐことが出来ます。

男性心理について是非知っておきたいポイントをまとめてみました。恋愛中の方もそうでない方も、恋愛で勝ち組になるための情報になりますので、ぜひ覚えておくようにしましょう!


1、自尊心が高い男性

自尊心が高い

男性の中には「男の沽券」を守る必要があると強く感じる人が大勢います。うっかりでも男性のプライドを傷つけないように気をつけましょう。

意外に思われるかもしれませんが、男性はちょっとした批判にも打たれ弱く、女性なら笑って済ませてしまうことにも簡単に傷ついてしまいます。収入や職業に関すること、外見的なことなどに関して、他の男性と比べるような発言は絶対にしないようにしましょう。

2、面倒なことが嫌いな男性

面倒なことが嫌い

女性からあまりにも頻繁に電話やメールをもらうと、それをプレッシャーに感じたり、面倒くさいと思ってしまう人もいます。女性の場合恋愛をしていると、相手の都合を見極められなくなるときがあるので注意しましょう。

仕事中や手が放せないときに、大した用でもないのにメールやメッセージをたくさんもらうと、男性はうんざりしてしまいます。男性をうんざりさせたくなかったら、彼の仕事の都合を見極めながら連絡を取るようにしましょう。

3、彼女が自分以外の男と親しくするのを嫌う

彼女が自分以外の男と親しくするのを嫌う

気にしていないふりをしても、ほとんどの男性は、自分の彼女が自分以外の男性と必要以上に親しくすることを嫌います。彼との余計な衝突を望まないのであれば、彼に誤解されるような言動は避けるようにしましょう。

そんな些細なことで動揺するなんて、男らしくない、と思われる方、自分だったらどう感じるか考えてみまししょう。彼が自分を差し置いて、他の女性と親密そうにしているのを目の当たりにして、楽しいと感じる人はいないはず。彼のことを大切に思っているならば、彼を不快な目に遭わせるのはやめましょう。

4、嘘をつかれるのが嫌いな男性

嘘をつかれるのが嫌い

当たり前の話ですが、理由の如何を問わず嘘をつくのはやめましょう。ばれない嘘というのもあるかもしれませんが、常習的な嘘つき以外は、嘘をつくと態度や言葉が不自然になってしまい、それが原因で何か隠し事をしているのでは?と疑われてしまいます。

無害な嘘だからいいだろうと思っていても、潔癖な男性は嘘をつく女性のことを信用ならないと考えてしまい、それ以降何かというと彼女のことを疑ってかかる傾向にあります。たった一つの嘘で、彼の信用を失うのは残念ですので気をつけましょう!

5、頼りにされたいと思っている男性

頼りにされたいと思っている

女性に頼りにされたい、甘えられたい、というのは、男性全般に共通する心理状態です。依存心が強く、人の都合などお構いなく連絡してくる女性のことは面倒くさいと思う一方で、自立していて、あるゆる事柄を自分一人でこなすことの出来る女性に対しては、可愛くない、自分のことを頼ってくれない、などといった不満を持つのも男性の本性です。

何でも自分一人で仕切るのはやめ、彼が得意な分野やよく知っていることに関しては、彼に任せるようにすると、彼女に頼りにされているという実感を持ってもらえます。

6、家事や料理をてきぱきこなす女性に憧れる

家事や料理をてきぱきこなす女性に憧れる

男性には保守的な部分があり、家事や料理が上手な女性に憧れます。手料理を恋愛テクニックの一つとして用いる女性もいるほど、男性は女性の手料理に関して特別な感慨を抱きがちです。

普段は料理はあまりしないという方でも、たまには手料理をふるまってみましょう。女性の家庭的な一面に激しく反応するのも男性心理の特徴の一つです。

7、交友関係に口を出されると怒る

交友関係に口を出されると怒る

付き合いはじめて間もない頃など、恋愛が楽しすぎて四六時中彼と一緒にいなければ気が済まない女性がいます。これを可愛いと感じる男性もいますが、中には自分の行動を束縛させることを嫌う男性もいますので注意しましょう。

とくに彼の同性の友達との交友関係や、趣味のこと、休日の過ごし方などにまで、口をはさむのは出来るだけ控えたいものです。付き合っているからといって、相手のすべてを把握しようとするのは間違い、そのような行為をでしゃばりと感じる男性もいることを心得ておきましょう。

8、愚痴や悪口にうんざりしてしまう

愚痴や悪口にうんざりしてしまう

一緒にいる時間に、他人の悪口や愚痴ばかりいう女性に対しては、うんざりしてしまう。これが男性の本音です。ほとんどの男性は建設的ではない話にはほとんど興味を示しません。これに対して女性はとにかく話をすることがストレス解消になりますので、問題解決にならなくとも、のべつ幕無しにおしゃべりをしてしまうことがあります。

必要以上に饒舌になり、他人の悪口を言っていると中身のない女性と思われかねません。一緒にいる時間は相手も楽しくなるような話をするようにしましょう。

9、素直な女性が好きな男性

素直な女性が好き

男性は概して素直な女性が大好きです。理由なく相手を疑うようなことは控えるようにしましょう。相手の言葉にいつも反論してしまう、希望を聞き入れない、話を最初から疑ってかかるなどは、男性からすると非常に不愉快に感じられる行為です。

癒し系の存在になるには、素直で自然な態度が取れることがキーポイント。素直な女性は仕事に疲れた男性の心をほっと和ませます。

10、可愛い女性が好きな男性

可愛い女性が好き

容姿や外見、服装だけでなく、内面も可愛い女性は人気の的。女性らしい繊細さや穏やかさで、男性の疲れた心を癒してくれる女性こそ、男性の憧れ的存在といえるでしょう。

外見やスタイルなどに気を配ることももちろん必要かもしれませんが、内面を磨き、異性はもちろん同性からも好かれるような性格の良い女性になると、恋愛だけでなく人間関係すべてにおいて得をします。

11、清純そうな女性が好きな男性

清純そうな女性が好き

恋愛経験が豊富で物怖じしない女性も魅力的ではありますが、男性の多くは清純な雰囲気を持つ女性にも憧れます。清純な女性のイメージとしては、誠実、純粋、清楚、ナチュラルといったように、飾らない自然な魅力を感じさせる言葉か並びます。

作為的に清純派をきどるのは逆効果ですが、だからといってやたら下卑た言葉を用いたり、下品な態度を取っていると、だらしなく軽い女と思われかねませんので注意しましょう。

12、追いかけられると興味を無くす男性

追いかけられると興味を無くす

男性に興味を持ってもらうには、向こうから追いかけてくることを待つほうがいい場合があります。女性から追いかけられ続けると、興味を無くすことがあり、恋愛上手と呼ばれる女性は、男性に自分を追わせるテクニックを備えています。

聞かれもしないのに、自分のことについて詳しく話したりするのはやめましょう。男性のほうから、この人のことをもっと知りたいと思わせるように、自分のことを話しすぎない、語りすぎないのがポイントです。

13、意外性のある一面に魅かれる

意外性のある一面に魅かれる

男性はみなギャップ好き、女性の相反する二面性を目にするだけで、胸をときめかせます。意外な一面を見せることは、男性の心を捉える大きなポイントになりますが、あまりにもあざといと逆にわざとらしいと思われてしまい、効果がありません。

ギャップはむしろ本人がそれに無自覚であるからこそ、功を奏するもの。意外性やギャップを見せたいと思ったら、意図的にそうするよりも、むしろ自分の本当の素顔を見せるように努力してみましょう。人間というのは本来いろいろな面を備えているもの、自然体にしていれば、さまざまな場面でさまざまな表情を出すことが出来るはずです。

14、翻弄(ほんろう)されたいときもある

翻弄(ほんろう)されたいときもある

我がままな女性は嫌いといいつつ、時と場合によっては、女性に翻弄されたいと思うのが男性心理です。タイミングや相手の気分を考慮に入れつつ、たまには思い切り男性を振り回してみましょう。

男性の心をうまく掴むにはタイミングがものを言います。恋愛もマンネリズムに陥るとつまらないもの、付き合っていて飽きないと思わせるような、変幻自在さを持ち合わせていると、恋愛上級者の仲間入りです。

15、自分勝手な女性が嫌いな男性

自分勝手な女性が嫌い

確かに小悪魔的で甘え上手な女性は男性の間で非常に人気があります。しかしこのタイプの女性になるには、それなりの素質とテクニックが不可欠で、誰にでもなれるとは限りません。男心を掴んで離さない小悪魔美人を目指すのはいいのですが、これが間違っても単なる自己中心的な我がままにならないように注意しましょう。

男性心理は女性が思うよりも複雑、ちょっと加減を間違えるだけで、途端に愛想を尽かされたり、避けられたりするようになります。自分の都合や気持ちも大切ですが、相手のことも思いやる優しい気持ちを持つことがポイントです。

16、我がままもほどほどに

我がままもほどほどに

女性の可愛いおねだりが嫌いという男性はあまりいないでしょう。しかし知り合ったばかりなのに高価なものをねだられたり、高級なお店やレストランにしか行きたがらないといった態度を取っていると嫌がれてしまいます。

このように物ばかりを要求されると、自分に興味があるのではなく、お金目当て、あるいは付き合えればどんな男でもいいのでは?などと不当に勘ぐられてしまいます。我がままやおねだりは相手の都合や気分を見極めて、ほどほどにしましょう。

17、束縛されるのを嫌う男性

束縛されるのを嫌う

自分の交友関係や行動についてやたら束縛されることを嫌います。ジェラシーも可愛いと感じられる程度であれば問題ありませんが、度を越えて相手を束縛しようとすると、相手の気持ちが自分から離れていってしまいます。たとえば自分以外の女性と話しをすることを禁止するとか、毎日決まった時間に居所を確認してくる、など偏執的と感じられるような行動は絶対に慎みましょう。

18、だらしないのが嫌いな男性

だらしないのが嫌い

部屋が汚いと男性は必ず幻滅します。顔立ちもスタイルもよく、ファッションセンスも抜群、それなのに部屋が汚かったり、バッグの中がごちゃごちゃで整頓されてなかったりすると、せっかくの美人が台無しです。

自分では見られていないとおもっても、男性は以外に観察好き。だらしない女と思われないよう、普段からきちんと身の回りを整理整頓しておくようにしましょう。

19、てきぱきしていながら、頼ってくれる人が好き

てきぱきしていながら、頼ってくれる人が好き

これは一見矛盾しているようですが、男性心理の根幹に関わる部分なので、ぜひしっかり把握しておくようにしましょう。男性はてきぱきしていて、自分が頼んだことはちゃんとこなしてくれる女性が好きです。ただその一方で、女性から頼りにされたい、という気持ちも強く持っています。

この対極する二つの望みを適えるにはどうすればいいのでしょうか。まず第一のポイントは彼に頼まれたことはきちんとこなすこと。もう一つは自分の手に余ることや、彼のほうが良く知っていることなどは、彼に頼るということです。ここぞというときはしっかりしていながら、でも自分のことを頼ってくれる、こんな女性に男性は無意識に惹かれます。

20、家族の悪口を言われるのが嫌いな男性

家族の悪口を言われるのが嫌い

ほとんどの男性は、家族の悪口、とくに母親の悪口を言われることを嫌います。これはマザコンタイプの男性だけに限りませんので注意しましょう。たとえ自分の家族に問題があると分かっていても、それを自分の彼女から指摘されるのは辛いものです。

実害があったというならまだしも、とくに理由なく、付き合っている彼の家族の悪口を言うのはやめておいたほうが賢明です。

まとめ

シンプルなようでいて、実は複雑な男性心理。恋愛中の女性が知っておきたい男性心理についてまとめてみました。男性心理に関する確かな知識を備えていると、恋愛の駆け引きにおいて心理的な余裕が出てくる上、より恋愛に対して積極的に楽しく関われるようになります。

女性に比べると細かいことはあまり気にしないように思われる男性ですが、本音の部分では意外に繊細で傷つきやすい特性を持っています。女性のどこに魅かれるかに関しては、男性一人一人異なりますので、セオリーとして述べるのはなかなか困難ですが、それでも一般的に顕著な傾向というのはあります。

男性心理の奥深さを学び、これを手がかりに、恋愛上手になり、男性の心を虜にするポイントを攻略してみましょう!